税理士法人名南経営 国際部ブログ

国際税務やグローバルビジネスに関する情報をタイムリーに提供します!

カテゴリ: ASEAN全体

 人口減少、超のつく高齢化が進んでいる日本。毎年100万人を超える方々が
年金受給者になる状況が経済に意味するのは、GDPの約6割を占める個人消費は
減少する、ということだろう。先進国で起こっていることを一言で表すなら、
‘ヒト’不足で‘カネ’と‘モノ’が過剰になり格差が拡大している、という
ことだろう。‘カネ’と‘モノ’が過剰では物価が上がることは考えづらい。

 とは言え、世界的には人口は増加しているが、人口増加が経済にどの程度の
貢献があるかというと少々疑問を感じる。何故か。

 ‘世界で最も裕福な62人が持つ資産は、世界の貧しい人々36億人(世界人口
の約半数)が持つ合計資産に匹敵する’との衝撃のレポートが、イギリスの国
際NGO機関から出された。このレポートが意味する一つのことは、特に個人消
費において経済に中心的に貢献するのは上位僅かな層(感覚10%程度?)であ
り、人口爆破は経済的に恵まれない層で発生し、その貢献は殆どないというこ
とだろう。
 
 こうした目でASEANを見てみると、世界的の中では格差が比較的少なく、中
産階級の増加が見込める地域なのだろう。

今回は、税理士法人名南経営とNAC国際会計グループから
共同出版された、「アジア統括会社の税務入門」をご紹介します。

DSC_0003


























まだ、先週18日(水)から流通開始したばかりの新刊です!

内容につきましては、大手企業ばかりではなく、中堅・中小企業に
おいても海外に複数の現地法人を有するケースが増えてきており、
事業運営管理目的での統括会社の設置を検討されています。

この本では、統括会社を設置するにあたり、最低限検討しなくては
いけない事項、設置候補場所の概要、設置した場合の検討モデルを
紹介しています。

初めて統括会社設置を検討される企業様向けの入門書としての位置づけです。

ご興味ある方は、大手書店にてお求め頂ければと思います。

また、この出版に合わせ、セミナーを開催します。
9/30(月)・・・ 東京
10/1(火)・・・ 名古屋
10/2(水)・・・ 大阪

まだ席に余裕がございますので、ご興味ある方はご参加頂ければと
思います。

セミナー詳細、お申込みはこちらからお願いします。
http://www.meinan.net/seminar/8017/




↑このページのトップヘ