2018年11月26日

 ちょうど昨年のいまごろ、大阪地下鉄の花園町駅を上がったところすぐに、24時間運営のジムがDSC_9947できました。
 開館キャンペーンで、入会月が無料だったので、運動不足を解消しようと入会。しかし、会社から帰って食事をするとだいたい行くのが夜の10時くらいになります。
 ジムは24時間運営なんですが、ちょうど夜の10時にスタッフが帰って無人になります。黙々と有酸素運動なんかをするねこ。そんな時間でも、お客さんはけっこういました。
 やっぱり、にしなりって、外国人が多いなぁ。スタッフも中国人なら、お客さんも中国人。そういうねこも韓国人なんだけど。
 館内は洋楽が流れてるんだけれど、ときどきK-popが流れたりもするんですよね。結構音量が大きくて、落ち着かなかったです。
 しかし、久々にトレーニングを再開すると、免疫力が下がったのか、すぐ風邪をひいて、おまけにこじらせてしまいました。
 そして、無職になり、会費が払えなくなったので、10ヶ月くらいでやめてしまいました。


 



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年10月20日

 また、明日と言いながら、今週は残業が多かったので、PCを触ることができませんDSC_1389でした。
 当日は、結局朝6時に起こされ、母のお手伝い。ナムル三種、ついでだからお弁当用にブロッコリーでナムルをつくってみました。ねぎも多めに買っていたので、たっぷり加えて。ねぎを切るのに目が痛かった。寝起きというのもあるけど。
 ねこ母は、昨日煮た豚肉を細長く切って串刺し。さぁ、串で刺そうと思ったら、串がない。近所のスーパー玉出まで、朝の6時過ぎに買いにいきました。こういう時に、24時間営業ってありがたい。
DSC_1394DSC_1397










 炊いたごぼうと交互に串刺します。牛肉は、かたまり肉がなかったので、普通に焼き肉にしました。
 なんか、ばたばたしながらの出社。こういう日に限って、仕事も忙しくって残業があり、夜8時に帰宅。
DSC_1400 家に着くと親戚のおばさんも来て、セッティングされていました。
 ご飯を炊いて、汁物のわかめスープと一緒にお供え。
 昔は夜中から法事を始めていましたが、ねこは次の日も仕事なので、9時くらいからスタートしました。
 それでも終わって、片付けたら11時。さっさとお風呂だけ入って、バタンと就寝。
 なんとか、今年の法事も無事終えました。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年10月14日

 なんか、働いてるか、何か調理してるかという日々。DSC_1372
 明日は祖母と祖父の法事なので、準備をしていました。
 豚カルビを1時間煮ました。結構なボリューム。
 前日だけど、温かいうちに少し試食しました。
 韓国では煮た豚肉は、チョジャンというコチュジャンと酢をあえたものにつけて食べます。ねこは、さらにキムチと一緒に。どんなけ辛いのが好きやねん。
 このチョジャンというのが、なかなかおいしいお店がないんですよね。今回は生野のコリアタウンで購入。お店の手作りです。だいたいこのくらいの大きさだと、1本500円が相場です。
 豚肉だけでなく、お刺身につけてもよしの、万能調味料です。

DSC_1376 にしなりって、牛肉の本場でおいしいというイメージがありますが、豚肉も鶴橋よりおいしい気がします。沖縄の方が多いからかな。
 明日は、ねこは出社なので、あとは母らにお任せ。これがまた、一日仕事なんですよね。
 では、また明日。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年10月07日

 1979年制作、神代辰巳監督の「赫い髪の女」を見ました。71l9iHP8zQL._SX342_[1]
 ダンプの運転手をしている光造(石橋蓮司)は、仕事の帰りがけにドライブインの閉まった店の前で、インスタントラーメンを食べている赤い髪の女(宮下順子)を見つけ、そのまま家に連れて帰ります。
 女は過去のことを話さず、また光造も知ろうともしません。どうやら二人の子どもがいるらしい。育児放棄か。
 そんなに稼ぎのよくない光造の部屋は裸電球で、下の階にはおそらくシャブ中らしき夫婦がいて、わめき声がしょっちゅう聞こえます。
 光造は女性との愛欲にふけるのですが、肉体労働者なもんでなんかこしらえてでもくれたら助かりそうですが、女はインスタントラーメンしか作りません。
 裸電球、引きっぱなしの布団、なんか雨のシーンばかりで湿度が高そう。そして、思い出したように、シャブ中の女性のキリキリ声が聞こえます。現在からみたら、けっしていい環境ではないのですが、そんな中、欲望に任せたままの生活を送る二人でした。
CNUQ3GdVEAAKOBI[1] 出演者も石橋蓮司さん、阿藤快さんなど渋めで、原作も中上健次、一応にっかつロマンポルノの最高傑作の一つとされています。
 ネットでザッピングしてたら、たまたま無料で見ることができたので、なんかネタになるかなぁと思ったんだけど、阿藤快さんじゃないけど、なんだかなぁ。
 別に男女の交わりを延々と見るのは構わないんだけど、シチュエーションがいかにもなんですよね。現在からみたら、ファンタジーに近いんかもしれないけれど、場末のスナックとか成人映画のポスターとか、小道具というか小細工というか。
 実際に、ねこの近所でもクスリでラリってるおじさんは見かけるし、なんか環境があんましこの世界と変わらないんですよね。そんな中、ねこはあんな情念あふれる気持ちにはなれんなぁ。
 必要以上に評価されすぎといえば言い過ぎなんだけれど、なんか意味付けしすぎて評価しているというか。それだったら、単にひたすら楽しめるエロを追求する東映ポルノの方が突き抜けていて好感が持てます。やっぱり、これからは観るなら東映ピンキーだな。



 
赫い髪の女 [Blu-ray]
宮下順子
Happinet
2017-10-03




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年10月06日

 今年はほんまによく台風が関西にも来る年です。DSC_1337 - コピー
 前回や前々回の台風で、にしなりは古い家が多いから、よけいに家が傷んでゴミも大量に出てますが、そのままの所も多い。
 今回のは、近畿はそれたみたいだけれど、相変わらずすっきりしない天気。
 出勤前に外を除くと、車椅子のヒトが。カッパを着てるのに、傘までさしてます。どんなけ濡れたくないねん。
 あれ、いつものヒトじゃないなぁと思っていたら、おばさんのよう。女性の方が、用心深いのかなぁ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年09月24日

 そして当日、早起きをしてねこ母と二人で名節のセッティング。DSC_1325
 ほんまは、もっと料理の種類とか多くしたいんですが、二人なのでこれでもいっぱいいっぱい。予算も、いろいろと入り用があって、あまりお金をかけられませんでした。でも、これでも肉代だけでも、結構かかっています。
 起きてすぐにご飯を炊いて、わかめスープを作りました。一応、父親方のご先祖さま4人分と、小さいお膳はお家の守り神への分です。
 秋夕といっても、本国のヒトたの方がもうあまり名節とかされてないみたいですね。中国でも、休日なので里帰りとかもするけれど、旅行に行ってる家とかも多いし。

DSC_1326 在日の方が文化の拠り所みたいな部分があるので、継続しているんじゃないかな。
 ご先祖さまがやってくる時期というのを信じる信じないというのも、宗教的な考え方で違ってきますし。本国はキリスト教信者も増えてきてますので。
 ねこも、ご先祖を敬うという気持ちもあるけれど、その後においしいものが食べられるから続けてる感じです。実は、食材にはうるさいです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年09月23日

 明日は、旧暦で8月15日の旧盆。韓国でいう秋夕です。DSC_1315
 今年は連休というのもあり、また、ひたすらねこ母と二人で準備をしていました。
 牛肉、豚肉、お魚を焼いていきます。今回も、豚肉はトンテキ。焼いていると油がたくさんでてきますが、残しておきます。
 残った油でゼンマイの味付け。油って、なんか体に悪いイメージですが、旨味でもあるんですよね。あんまり油を抜くとパサパサになるというか。油にだし醤油を加えて、柔らかくなるまで煮ます。ゼンマイは、済州島の親戚から乾燥したものを送ってもらったものです。もちろん、まずはしばらく湯で戻しました。
DSC_1321 そしてナムル3種。ほうれん草、ゼンマイ、もやしです。季節的にみょうがを入れたかったのですが、高価だったのでとりあえずほうれん草にしました。
 更にゼンマイを作るときに残っただしにキムチをご飯を加えてのまかない料理。いつも、これが楽しみ。どなかなかこんな味つけは、秋月や法事のときしかできませんね。
DSC_1319
 ご飯もおいしく、たくさん食べてしまいました。そんなに暑くもなかったので、火の前にいてもあまり辛くありませんでしたが、立ちっぱなしなのが疲れました。
 料理は外に出しているとにゃんこが狙うので、すばやく冷蔵庫へ。ほぼ一日がかりの仕事でした。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
記事検索
プロフィール

ねこむすめ

にゃんこと昔の日本映画が大好きな道楽者です。
にしなり在住。

最新コメント
ブログランキング
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ