2016年05月30日

DSCN2350 親戚のおうちで、法事のお手伝いをしました。
 肉などをカンテキで焼くのですが、世間知らずなねこは炭に火をつけることができないので、傍観です。
 火が付き始めたら、カンテキに移してひたすら肉を焼きました。
 昔は、法事となると集まる人数も多かったので、準備に3日くらいかかっていて大変だったのですが、今回は昼前からです。
DSCN2362DSCN2353







 豚肉は電気プレートで焼きました。下準備はおばさんがしてくれていたので、ねこは焼くだけですが、いつも思うのですが、ほんまにきれいに整えられて串が刺されてますね。慣れてるとはいえ、技術なんでしょうね。
DSCN2361DSCN2365







 おばさんは煮方で、豚肉やナムルを用意。役割分担で進めます。右はプレーンチヂミというか、小麦粉だけで具も入れずに薄く焼いたものです。四角に切っ他ので、ちょっと切れ端をつまみ食い。
 お供えや作法は基本的には決まっていますが、地方によって供えるものが微妙に違ったりします。今回は写真も立てず、名前を書いた紙を置きます。おじさん、とても達筆です。
DSCN2371DSCN2368







 そして祭祀用の器に盛り付けてセッティング。順番に礼をすると、お供えもののおすそ分けで食事です。
DSCN2374 実は、作りながらちょっと味見と称してつまみ食いしてたんですが。なんとかお手伝いを終えて、一杯飲んでました。
 子どもの頃は、ごちそうがあって、人が集まっていいなぁと思っていましたが、準備をする方にまわると大変さを思い知ります。しかし、以前より簡素化されてるので、そんなに重労働ではないのですが、簡単でもありません。その反動のせいか、飲みすぎてしまいましたが。
 祭祀もまだ、古い考えかもしれませんが、自分らのルーツなども実感できるので、続けていきたいもんです、できるだけ。


2016年05月29日

DSCN2286 22日まで大阪市立美術館でやっていた「王羲之から空海へ」展に行ってきました。
 ねこは高校時代、選択科目で書道があって、
王羲之なども一応、習っていたのですが、あんまし覚えていません。
 ちなみに書道の時間では、もちろん墨を摺るのですが、なんか下手でいつも薄かったです。字そのものも、習っても下手なんですが。
 しかし、巷は書道ブームなんでしょうか。入ると、いきなり行列です。いらちなねこは、並ぶくらいならいいやと、飛ばして観ていました。メモとってたり、熱心です。
 空海も「弘法筆を選ばず」っていうくらいだから、よっぽどきれいな字なんだろうな、と見てみると、きれいというより、丁寧な印象でした。
 印刷技術ができる前は、写本というか、手書きで写していたんですよね。写経本とか見ていると、すごい手間暇だなぁ。やっぱり、印刷ってすごいや。そしていまや、ITが進んであんまし手書きということを、一般のヒトもしなくなりました。事務仕事もそうだし、手紙もメールだし。
 しかし、ねこは意外と手書きをする仕事なのですが、相変わらず自分以外が読めない字ですが、ちょっとは丁寧に書こうという気は起きました。起きただけですが。



2016年05月28日

150px-Nanigaposter[1] 1930年制作、鈴木重吉監督の「何が彼女をそうさせたか」を観ました。
 叔父に預けられたすみ子(高津慶子)だが、肝心の叔父は父からすみ子の学費としてもらっていたのを着服して、追い出します。事業に失敗した父は自殺、すみ子はサーカスに売り飛ばされます。 サーカスは命伊賀家の芸の割に、球菌はほとんど搾取。耐えきれずに同僚の男と逃げ出すも、夫に仕事はなく、心中するがすみ子だけ生き残ります。やがてすみ子は教会で保護されますが、そこも閉ざされた世界の中、すみ子に対して不寛容で、追いつめられたすみ子は教会に火を放つのでした。
 最後に弁士が「何が彼女をそうさせたか」と告げると、客席には「資本家!」との声があがったそうです。その通りでしょう。
 昭和初期、リベラルというか、どちらかというと左翼的な雰囲気の中、資本家を糾弾する映画がこの作品をはじめとしてヒットしたそうです。プロレタリアはもっと立ち上がってしかるべきです。
 そしてこの時代、大阪は東大阪市、現在では近畿大学がある長瀬付近に、東洋一の撮影所、帝国キネマがあり、そこで撮られたヒット作品です。にもかかわらず、その後火事であっという間に撮影所は燃えてなくなってしまいました。 

t02200164_0423031513210672891[1] 帝国キネマの倒産とともにこのフィルムの行方も分からなかったのですが、1992年にロシアでフィルムが発見され、大阪でも2002年に上映されました。その後は、ユーチューブでも見られます。ほんまにいい時代やなぁ。
 主役のすみ子役の高津慶子さん、この大ヒットでスターになるのですが、その後作品に恵まれず、後世に名前を残すほどではありません。しかし、なかなかチャーミングな女優さんでした。



2016年05月27日

DSCN2320 四ツ橋線難波駅の近くの英国屋WESTえ、暑いので休憩しました。
 「英国屋」というと、高級な喫茶を連想しますが、ここはリーズナブル。コーヒーが230円。しかし、オーレは300円でした。70円も違うんだ、普通は2,30円なんだけれど。
 食券制で、店の入り口にある自販機で購入。お味は普通のオーレです。ちなみにカレーは500円だそうで、食べたことはないのですが。
 昔からあるリーズナブルな喫茶店です。歩き疲れて、ちょっと休むのにぴったりです。



2016年05月23日

DSCN2302 そして日本橋駅まで戻り、堺筋からの宗右衛門町の入口、なんとシンボルだったアーチ形の看板がない。維持費がなくて、撤去したのだろうか。なんか、景色が変わっています。ぽつんと、立て看に、宗右衛門町という表示がありますが、アピール度がだいぶ下がっています。
 やってきたのは1年ぶりくらいなのですが、もうこの変化だけでびっくり。ホストクラブのでかい看板は相変わらずですが。
 とりあえず、相生橋まで歩いてみました。昔は客引きが多くて、女性一人で歩くにはヒトを振り払うようにして進まなければならず、気力が要りましたが、まだ明るいこともあって歩けました。
DSCN2303 道中はホストもあればば、メイド喫茶もあり。そして中国、韓国料理のお店も。なんかごった煮な街ですね。
DSCN2307 相生橋から道頓堀川を眺めていると、観光地化されていて、ジャスの演奏をしながら船が通っていました。ぼんやり見ていると、乗客から手を振られたので振返しました。向こうからも、ねこが見えるのですね。ちょっと恥ずかしかったです。あんまし手を振るとかしないんで。
DSCN2308 相生橋筋の入口(出口?)の隣に道頓堀東映という映画館があったのですが、閉館後手つかずだったのですが、なんか建ちそうですね。
 変わりゆくミナミですが、頻繁にはこないので、ちょっと追いつけないです。


2016年05月21日

DSCN2294 予想以上にお腹がいっぱいになったので、お腹をこなそうと周辺を歩いていました。
 いわゆる島之内、特に島之内図書館の周辺が、特にアジアタウン化しています。島之内図書館の建物は、1階がプールとトレーニングセンターです。世紀末頃、大阪にオリンピックをという話が持ち上がって、そのアピールのために、市内の区ごとにプールとトレーニングセンターが建てられて、これもその一つです。どれだけ、地域で活用されているのか知りませんが。
DSCN2295DSCN2299






DSCN2297 この通り中国、韓国のお店が入り混じってます。韓国ドラマのビデオのレンタル屋さんもあります。韓国スーパーは24時間営業のようです。眠らない街ですね。
 それじゃぁ、元祖24時間営業スーパー玉出はどうなっているのか。
DSCN2296 近くの玉出、閉店していました。しかし、原状回復できないのか、跡地としてそのまま残っているのはいいのですが、ネオンのない玉出というのも相当さびしい。夜はどうなってるのだろうか。
 玉出が撤退するというのは、よっぽどのことだろうな。


2016年05月20日

DSCN2293 島之内のアジアタウンの中にある、中華料理 しん福で飲みました。金3つの字は、PCにはないので表示できないのですが、「しん」と読むようです。
 中は、中国のネイティブばかりで、日本語を話す客はねこだけ。店員さんも日本語がおぼつかないので、奥から日本語ができる店員さんが来てくれて、やっと注文できました。でも、メニューは日本語併記なので、なんとなく分かりました。
 マクドなどではスマイル0円とか言ってますけれど、スマイルってサービスなんだなぁ。店員さん、とても無愛想です。でも、注文の内容に迷っていると、水ぎょうざがいいよとかおすすめを教えてくれて、単に愛想がないだけで親切ではありました。きっと、文化の違いなんだろうなぁ。
DSCN2290DSCN2292







 とりあえず酢豚と水餃子を頼みましたが、量が多いです。中華って、いろんなものを食べたかったら、基本は大勢で行った方がいいですね。突出しはザーサイ。ピリ辛でした。
 テイクアウトもいろいろありますね。隣の席では、メニューにない料理が来ていましたが、裏メニューか。でも、日本語が通じないのでなんとも。
 酢豚は黒酢が効いていて、おいしかったです。
DSCN2291 レジの横には、中国製のタバコも売ってましたが、銘柄が分かりません。
 食事中、華僑の新聞の試読紙をもらったりしました。と言っても、中国語なんでよめないのですが。漢字でも、ちょっと違うし。しかし、コミュニティがしっかりしてきているのは感じました。


記事検索
livedoor プロフィール
最新コメント
ねこ時計
ブログランキング
  • ライブドアブログ