2016年06月10日

幻想列車区の親不孝覆水にて「関西私鉄の気動車を訪ねて」を公開いたしました。

本当は、ちゃんと完結させてからアップするつもりだったのですが悪い癖が出てしまい細切れにアップしながらそこで推敲していくという誠に杜撰な進行でした。

で、そもそもこの架空鉄道をやろうとしたのか。
きっかけはTwitterで某氏としていた会話でした。

「名古屋を発着している私鉄はなんでもやりたい放題である」
という内容がはじまりだったと思います。
異軌間や軌道線、気動車、孤立路線…色々な要素が盛りだくさんな近鉄と名鉄は非常に魅力的なわけですが、そういえば近鉄ってディーゼルカーを保有してたことはなかったよな?と思い至ります。
(厳密には、というか近鉄成立以前には一応ないこともないらしい。)

じゃあ、成立しそうな路線ってどこかあるだろうか?
と、探してみたところ南大阪線ならどうにか、といった会話をしていたように思います。

ないなら創る、それが架空鉄道です。

幸い、南大阪線は沿線に歴史的な観光地を多く抱えていましたのでそれを目的とする列車なら成立するのではという感じで適当に資料を集め適当に書き始めました。

「親不孝覆水」というコンテンツは己の脳内にある架空鉄道の廃棄物処分場として開設したコンテンツなので架空鉄道という一作品として成立してないものや、メモ書き程度のものもどんどん投げ込んでいこうと考えていました。

こういう肩肘張らないコンテンツがあると気が楽なものですね。なに言われたって「まぁテキトーなんでね」と返せば終わりなわけで。

おかげさまで非常に楽しく、ササッと書き上げることができました。一つの作品としてそこまで練りこんではいませんが、まぁそれなりのもんに仕上がったかなという感じです。

まぁ、テキトーなんでね。

kokutetu165 at 04:27コメント(0)架鉄試行錯誤 
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ