2008年01月

ロンドン時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 85.31
2ndレジスタンスーーーーーー> 84.66
1stレジスタンスー> 83.86
**********************************************************
現在値ーーー83.62
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.94
2ndサポートーーーーーーーー> 82.55
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 81.89
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>82.78%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは82.94。



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

ロンドン時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント

ニュージー円のチャートポイント、転換ポイントをお送りしておきます。

同じくブログから配信しておりました、

オージードル、ポンドスイス、ユーロスイス、ユーロポンドの4通貨は

メルマガ、為替のセカンドオピニヨンから配信させていただく運びと

なりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 85.07
2ndレジスタンスーーーーーー> 84.39
1stレジスタンスー> 83.97
**********************************************************
現在値ーーー83.3
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.77
2ndサポートーーーーーーーー> 82.19
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 81.51
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>59.53%



短期トレンド指数は40%と60%の間にあり、方向感の無い状態。




トレンド転換ポイントは85.07、または82.77



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてオージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、ユーロスイスを加えた
9通貨の分析を

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。


為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する





からお申し込み下さい。

相場展望損益。1月30日。


おはようございます。Dr.HARA(ギャン)です。

AI-GLOBALからお送りしています、

「東京ギャンの相場展望」システムの

2008年1月2日〜1月30日朝7時時点までの

損益を載せておきます。

通貨ーーーーーーーー>損益(円ポイント)
ドル円ーーーーーーー>+1
ユーロ円ーーーーーー>+413
ポンド円ーーーーーー>-450
オージー円ーーーーー>+378
ニュージー円ーーーー>+309
スイス円ーーーーーー>+163
カナダ円ーーーーーー>+503
ユーロドルーーーーー>+198
ポンドドルーーーーー>+178
ユーロポンドーーーー>+459

トータル損益ーーーー>+1515
一通貨平均損益ーーー>+151

平均で100ポイント以上をキープ出来ています。

10倍のレバレッジでひと月で、15.1%の利益と

なっています。悪くはないスタートですね。

それでは。

ギャン

東京時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント

ニュージー円のチャートポイント、転換ポイントをお送りしておきます。

同じくブログから配信しておりました、

オージードル、ポンドスイス、ユーロスイス、ユーロポンドの4通貨は

メルマガ、為替のセカンドオピニヨンから配信させていただく運びと

なりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 85.41
2ndレジスタンスーーーーーー> 84.84
1stレジスタンスー> 84.11
**********************************************************
現在値ーーー83.31
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.87
2ndサポートーーーーーーーー> 81.78
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 80.84
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>87.41%



短期トレンド指数が85%を超えた。
買われすぎのサイン



トレンド転換ポイントは82.87。



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてオージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、ユーロスイスを加えた
9通貨の分析を

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。


為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する





からお申し込み下さい。

ロンドン時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 85.29
2ndレジスタンスーーーーーー> 84.48
1stレジスタンスー> 83.26
**********************************************************
現在値ーーー83.17
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.58
2ndサポートーーーーーーーー> 81.48
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 80.44
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>61.08%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは82.58



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

ロンドン時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 85.03
2ndレジスタンスーーーーーー> 84.22
1stレジスタンスー> 83.47
**********************************************************
現在値ーーー82.92
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.66
2ndサポートーーーーーーーー> 81.24
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 80.21
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>62.18%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは82.66



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

東京時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント

ニュージー円のチャートポイント、転換ポイントをお送りしておきます。

同じくブログから配信しておりました、

オージードル、ポンドスイス、ユーロスイス、ユーロポンドの4通貨は

メルマガ、為替のセカンドオピニヨンから配信させていただく運びと

なりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 85.17
2ndレジスタンスーーーーーー> 84.36
1stレジスタンスー> 83.42
**********************************************************
現在値ーーー83.05
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.76
2ndサポートーーーーーーーー> 81.39
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 80.36
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>78.91%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは82.76。



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてオージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、ユーロスイスを加えた
9通貨の分析を

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。


為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する





からお申し込み下さい。

東京時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント

ニュージー円のチャートポイント、転換ポイントをお送りしておきます。

同じくブログから配信しておりました、

オージードル、ポンドスイス、ユーロスイス、ユーロポンドの4通貨は

メルマガ、為替のセカンドオピニヨンから配信させていただく運びと

なりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 85.49
2ndレジスタンスーーーーーー> 84.68
1stレジスタンスー> 83.53
**********************************************************
現在値ーーー83.38
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.92
2ndサポートーーーーーーーー> 81.72
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 80.69
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>78.2%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは82.92。



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてオージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、ユーロスイスを加えた
9通貨の分析を

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。


為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する





からお申し込み下さい。

ニューヨーク時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 85.87
2ndレジスタンスーーーーーー> 84.86
1stレジスタンスー> 83.33
**********************************************************
現在値ーーー83.21
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.44
2ndサポートーーーーーーーー> 81.15
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 79.88
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>85.69%



短期トレンド指数が85%を超えた。
買われすぎのサイン



トレンド転換ポイントは82.44。



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

ロンドン時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント

ニュージー円のチャートポイント、転換ポイントをお送りしておきます。

同じくブログから配信しておりました、

オージードル、ポンドスイス、ユーロスイス、ユーロポンドの4通貨は

メルマガ、為替のセカンドオピニヨンから配信させていただく運びと

なりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 85.84
2ndレジスタンスーーーーーー> 84.72
1stレジスタンスー> 83.42
**********************************************************
現在値ーーー82.92
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.52
2ndサポートーーーーーーーー> 80.72
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 79.36
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>59.86%



短期トレンド指数は40%と60%の間にあり、方向感の無い状態。




トレンド転換ポイントは83.42、または82.52



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてオージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、ユーロスイスを加えた
9通貨の分析を

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。


為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する





からお申し込み下さい。


トータルアクセス
(2006年10月24日再スタート)





昨日のアクセス





本日のアクセス





自己紹介