2008年05月

東京時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 83.88
2ndレジスタンスーーーーーー> 83.42
1stレジスタンスー> 82.85
**********************************************************
現在値ーーー82.66
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.35
2ndサポートーーーーーーーー> 81.91
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 81.45
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>65.27%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは82.35



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

ニューヨーク時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 83.60
2ndレジスタンスーーーーーー> 83.17
1stレジスタンスー> 82.58
**********************************************************
現在値ーーー82.47
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.08
2ndサポートーーーーーーーー> 81.77
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 81.34
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>67.56%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは82.08



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

ロンドン時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 83.30
2ndレジスタンスーーーーーー> 82.88
1stレジスタンスー> 82.45
**********************************************************
現在値ーーー82.19
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.07
2ndサポートーーーーーーーー> 81.50
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 81.08
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>68.02%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは82.07



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

東京時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 83.33
2ndレジスタンスーーーーーー> 82.92
1stレジスタンスー> 82.34
**********************************************************
現在値ーーー82.25
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.02
2ndサポートーーーーーーーー> 81.59
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 81.18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>56.64%



短期トレンド指数は40%と60%の間にあり、横ばい。



トレンド転換ポイントは82.34、または82.02



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

ニューヨーク時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 83.46
2ndレジスタンスーーーーーー> 83.03
1stレジスタンスー> 82.41
**********************************************************
現在値ーーー82.33
**********************************************************   
1stサポートーーー> 81.91
2ndサポートーーーーーーーー> 81.49
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 80.98
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>68.7%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは81.91



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

ロンドン時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 83.69
2ndレジスタンスーーーーーー> 83.17
1stレジスタンスー> 82.47
**********************************************************
現在値ーーー82.33
**********************************************************   
1stサポートーーー> 82.12
2ndサポートーーーーーーーー> 81.37
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 80.78
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>64.65%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは82.12



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

今日の一言、2008年5月29日。


「自然のままに」

私たちは自然の中で生きている、という事を

改めて考え直したことがありますか?

田舎に行って、緑の中で、と言う意味ではありません。

都会であっても、すべてが運命によって、自然によって

整然と、あるべき姿に向かうこと。

これが自然の流れなのだと思っています。

「病気になるのも自然の流れ。」

何故なら、自然の流れに反するような行動を

あなたは取っているから、それを教えてくれているのです。

病気を直したかったら、何が自然に反していたのか、

それを見つめ直せば自ずと治癒方法はわかってくるはずです。

話は逸れますが、AIDS、と言う病気がありますね。

現在、不治の病として、皆に恐れられていますが、

最初に聞いた時に、なるほどと思いました。

名前が「AID+S」

ライブエイド、バンドエイドとかでもわかるように

AIDとは助けると言う意味です。

とすると、この病気は助けているのですよ、地球を。

地球にとって一番の害虫は、人間に他なりません。

自然を無視して、破壊の限りをつくしているのですから。

だから「AIDS」が登場して、人間を減らし、地球を守っているのだと。

さて、それではどうするか、ですが、簡単ですね。

自分を振り返って、自分も自然に一部なんだ、ということを

再認識し、自分の為すべきことを為す。

それが、自然の意志に沿うのであれば、「AIDS」

など恐れるに足りない病気となるでしょう。

すべては、自然のままに。ですね。

ギャン

東京時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 83.64
2ndレジスタンスーーーーーー> 83.07
1stレジスタンスー> 82.45
**********************************************************
現在値ーーー82.14
**********************************************************   
1stサポートーーー> 81.78
2ndサポートーーーーーーーー> 81.10
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 80.47
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>84.49%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは81.78。



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

ニューヨーク時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 83.84
2ndレジスタンスーーーーーー> 83.22
1stレジスタンスー> 82.30
**********************************************************
現在値ーーー82.22
**********************************************************   
1stサポートーーー> 81.86
2ndサポートーーーーーーーー> 81.10
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 80.40
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>81.33%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは81.86。



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。

東京時間のNZDJPYの短期チャートポイントと転換ポイント



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3rdレジスタンスーーーーーーーーーーーー> 83.76
2ndレジスタンスーーーーーー> 83.11
1stレジスタンスー> 82.38
**********************************************************
現在値ーーー82.05
**********************************************************   
1stサポートーーー> 81.72
2ndサポートーーーーーーーー> 80.90
3rdサポートーーーーーーーーーーーーーー> 80.19
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NZDJPYの短期トレンド指数ーーー>72.04%



短期トレンド指数は60%%以上にあり、
堅調に推移している。



トレンド転換ポイントは81.72



トレンド指数の基本的見方;

15%以下はダウントレンドが急速に強くなっている状態で、反騰リスクあり。
15―40%はダウントレンド
40―60%は横ばい(トレンドなし)
60―85%はアップトレンド
85%以上はアップトレンドが急速に強くなっている状態で、反落リスクあり。



ペンデュラム法とは:
Dr.HARAが日々のトレーディングに用いているトレンド追従法。
ペンデュラム法でトレンドを把握しながら、転換ポイントで相場転換を
知るという手法を用いる。


ご連絡:

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円、ユーロドルの主要5通貨に
加えてブログでお送りしておりました、オージードル、ポンドスイス、ユーロポンド、
ユーロスイスもこちらのメルマガでお送りさせていただくこととなりました。

「メーリングリスト:為替のセカンドオピニヨン」

にて無料にて日に2回以上配信しています。
計9通貨の分析にご期待ください。



為替のセカンドオピニヨン申し込みフォーム

または、




tokyogyannグループに参加する



からお申し込み下さい。


トータルアクセス
(2006年10月24日再スタート)





昨日のアクセス





本日のアクセス





自己紹介