I&C の''I See!''ブログ

南船場4丁目のとある一角から 「ふむ。なるほど!(I See!)」な情報をお届けすべく、ブログ名を変更に。 いわずもがな、I&C(See)です・・・!!! ※注:本来の社名の由来とは異なります。

クラウドファンディング 目標達成しました!!!

5月11日に日経新聞社さんのクラウドファンディング”未来ショッピング”で発表させて頂き、本ブログでえもお知らせさせて頂きましたスイッチ1つで高さを変えることが出来る夢のテーブル『Wee-n』ですが、スタートから約2週間で目標金額を達成することが出来ました!!!
ご購入頂いた皆様、本当に有難うございます。
7月10日までは引き続きクラウドファンディング特別価格で販売中になりますので、
ご興味ある方々、是非ともご検討ください。
詳しくは下記でご確認お願い致します。

https://nikkei.en-jine.com/projects/ween

ween5-700
Weenとはスイッチ1つで簡単に自分の使いたい高さに変えられるテーブルです。 1つのテーブルで生活サイクル・スタイルをより豊かにしたい。 そんな思いからこのテーブルは生まれました。 これまでのテーブルとの違いマンションなどの都市型住まいでは仕事用の家具、 リラックス時の家具、 食事をとるための家具などを全て配置するのはスペース的に難しいです。 このテーブルは使いたい位置に、 好きな高さに簡単に変えられるのでどんな生活シーンにも簡単にアジャストします。 機能もインテリア性もいいとこ取りのテーブルは、 ライフスタイルを豊かにします。 これまでにないテーブルとして、 Ween(TM)は商標登録及び特許申請中です。 どんなライフシーンでもじっくり腰を据えても、 立ってささっと仕事をしてもいい。 リラックスタイムはカフェテーブルとして。 食事はお気に入りのチェアーといっしょに。 一人でも友達とでも、 どんなシーンにも使えるからお家で過ごす時間が楽しくなります。 贅沢な無垢材を使用し、 お部屋に合う樹種も選べます。 使いやすい機能だけではなく、 贅沢に無垢材を使用しています。 明るいさわやかなメープルからシックなウォルナット、 個性的なミックスなど全て無垢材の天板を使用しているのでどんなインテリアにも合います。 本物の木を使うことでずっと長く使っていただける、 そんなテーブルに仕上げました。

クラウドファンディングで新テーブル発売!!

WeenテーブルはI&Cと朝日ウッドテック株式会社で共同開発した 『スイッチ1つで簡単に自分の使いたい高さに変えられる機能性と高いインテリア性を持った新しい空間を創造するテーブルです。 』 1つのテーブルで生活サイクル・スタイルをより豊かにしたい。 そんな思いからこのテーブルは生まれました。 都市型住居でもっとスペースを作りたい・変更したい、 そんな方に使っていただきたいと思います。 今回クラウドファンディング限定モデルとしてスペシャル価格で実施します! 是非チェックしてみてください!!

ween5-700


Weenとはスイッチ1つで簡単に自分の使いたい高さに変えられるテーブルです。 1つのテーブルで生活サイクル・スタイルをより豊かにしたい。 そんな思いからこのテーブルは生まれました。 これまでのテーブルとの違いマンションなどの都市型住まいでは仕事用の家具、 リラックス時の家具、 食事をとるための家具などを全て配置するのはスペース的に難しいです。 このテーブルは使いたい位置に、 好きな高さに簡単に変えられるのでどんな生活シーンにも簡単にアジャストします。 機能もインテリア性もいいとこ取りのテーブルは、 ライフスタイルを豊かにします。 これまでにないテーブルとして、 Ween(TM)は商標登録及び特許申請中です。 どんなライフシーンでもじっくり腰を据えても、 立ってささっと仕事をしてもいい。 リラックスタイムはカフェテーブルとして。 食事はお気に入りのチェアーといっしょに。 一人でも友達とでも、 どんなシーンにも使えるからお家で過ごす時間が楽しくなります。 贅沢な無垢材を使用し、 お部屋に合う樹種も選べます。 使いやすい機能だけではなく、 贅沢に無垢材を使用しています。 明るいさわやかなメープルからシックなウォルナット、 個性的なミックスなど全て無垢材の天板を使用しているのでどんなインテリアにも合います。 本物の木を使うことでずっと長く使っていただける、 そんなテーブルに仕上げました。 詳細については下記のURLからご確認お願い致します。

https://nikkei.en-jine.com/projects/ween

「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2017ジャパン」ファイナリストに選出!



EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2017ジャパン」ファイナリストに選出!



TOP




EY Japanが主催するアントレプレナー表彰制度「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン」にて、弊社代表取締役CEO佐田幸夫がファイナリストとして選出されました。

 

EOY(アントレプレナーとは)】

 日本のアントレプレナー・オブ・ザ・イヤーは、全国から選ばれた素晴らしいアントレプレナーを多数紹介しており、日本の未来を切り開くアントレプレナーの活動を奨励する制度です。また、後に続く企業家の活動の支援を目的に、1986年にEY(アーンスト・アンド・ヤング)によって、創設された表彰制度です。EYはこの活動を通じ、約60か国の魅力あるアントレプレナーの素顔とその功績を国内外に発信し続け、現在世界で最も有名な名誉あるビジネスアワードとして広まっています。


eoy-image01


今年のEOY Japanは、起業家精神など6つの審査基準に基づく選考の結果、アクセラレーティング部門11名、チャレンジング・スピリット部門6名のアントレプレナー日本代表候補から、1128日に行われたアワード・セレモニー&フォーラムにて、アクセラレーティング部およびチャレンジング部門の部門大賞を決定するとともに、20186月にモナコで開催される世界大会「EY World Entrepreneur Of The Year 2018」に挑む日本代表が選出されました。

 


【アワード・セレモニー レポート】

 今回の大会はリッツカールトン東京で開催されました。セレモニー会場へ向かう通路もEOY一色に構成されており、展示されている歴代の日本代表の面々の前を通り抜け、いよいよセレモニー会場へ足を踏み入れると、ステージ全体がEYのイエローカラーで演出されており、大きなスクリーンや生け花の装飾によりとても厳格な空間の中、関係者席へつきました。関係者や多くのメディアで満員の会場となると、豪華なスクリーン映像と、活気ある司会の演出の中、ファイナリストがステージに並びました。

会場1


セレモニーは2部構成となっており、各ファイナリストの表彰と部門大賞の発表に続き、後半では特別賞と日本代表の発表がありました。

 

各地より厳選されたファイナリストの面々は自信と誇らしさに溢れておりました。佐田も前日に日本代表を選出する、手に汗握る審査面談を終え少しリラックスした表情を見せておりました。「あなたはRobotics Design Furniture LAP を通じて、社会あるいは世界にどのような影響を与えたいと考えますか。」という司会者からの質問に対し、「Robotics Design Furniture LAPは、医療や介護、福祉領域と家具、インテリア領域に社会的価値と経済的価値を兼ね備えた新しい事業領域をつくっていきたいと考えております。今年はニューヨークとデンマークに販売と開発の拠点をつくりました。更に今後グローバル展開を加速させて、世界中の皆様に我々の商品をお届けしたいと考えております。」と今後のビジョンについて語りました。


社長のみ


I&Cは、「Robotics Design Furniture LAP」を通じて、人々に寄り添い、暮らしを豊かにする製品の普及に取り組んでまいります。

========================
EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー
サイトURL:
https://eoy.eyjapan.jp/eoy/



会社概要
株式会社 I&C



■オーダー家具(住宅/公共施設/商業施設)
■オーダー建具(住宅/公共施設/商業施設
■空間デザイン(店舗/オフィス/インテリア)
■内装工事(設計/施工/監理)
■商品開発(建築建材/家具建材)

ショールームマップ (案内文なし)


大阪市中央区南船場4-6-10 新東和ビル1F・2F
<アクセス>
地下鉄御堂筋線・鶴見緑地線 心斎橋駅【3】出口より徒歩1分
地下鉄四ツ橋線 四ツ橋駅【1-A】【1-B】出口より徒歩3分



業界初!電動昇降洗面台
↓↓『人に寄り添う、洗面台。LAP』↓↓




オーダーシステム収納家具
↓↓『ケルン32』↓↓




家具部材革命!低圧メラミンボード
↓↓『IC BOARD』↓↓




家の耐震機能を備えた収納家具
↓↓『タオレンジャー』↓↓


ギャラリー
  • 秋
  • 秋
  • ショールームテレビボードのリニューアル
  • ダイニング壁面収納
  • オフィス内装工事完工しました
  • オフィス内装工事完工しました
  • 『ナラント展』終了いたしました
  • 『ナラント展』終了いたしました
  • 『ナラント展』終了いたしました
  • 『ナラント展』終了いたしました
  • 『ナラント展』終了いたしました
  • 『ナラント展』終了いたしました
記事検索
QRコード
QRコード