財政出動

 安倍首相が財政出動ををすべきだとかニュースで言っていましたが、確か政府の話では今は景気がいいようなことを言っていたはずなので、そういう中で財政出動はやらない方がいいのではと思います。
 細かい話はともかく、日本は地震の公共事業とオリンピックの工事が同時に起ってしまったせいで、建設作業員が足りずに、建設費が非常に高くなってしまったのではないでしょうか?

 日本の財政は簡単に言えば収入が50兆円で支出が100兆円。不足分のお金を国債を発行しやりくりしているのですが、国債も後数年で買い手がいなくなるという話なので、5-10年後にはハイパーインフレが起こってしまう可能性が高いと思います。

 財政出動よりも、先に支出を減らした方がいいです。しかも小さいところを減らしても意味がありません。国家予算を見てみると、福利厚生費が非常に高いことが分かりますが、それを変えるには医療費と年金改革をするしかありません。ただ政治家は選挙で勝てなくなるのでほったらかしにされているのですが。


1、医療費
 必要がない人が薬をたくさんもらっていたり(時には転売する人がいたりして)、非常に無駄が多いので中国のように持ち点方式みたいにして1年間にいくら以上使えないということにしてしまった方がいいと思います。
 深刻な持病がある人は、申告制にして特殊な制度を作ればいいと思います。どう考えても今後は年寄りが多すぎて今のままでは無理です。


2、年金
 現役の時の給料がいくらなので年金がいくらというのはもう止めにして生活保障のための制度にすべきです。40年間払っていたと仮定して、上限と下限をはっきり決めてしまうべきです。今は下限がよく分からないのでもらえないと思って半分ぐらいの人が国民年金を払っていないと聞きます。退職金を年金にしてしまった人にはその分返せばいいです。
 今の物価なら65歳からなら下限が9万円。上限が15万円ぐらいになると思います。具体的な内容はともかく、支出の改革をやらないと、財政出動しても、焼け石に水で1年間しか景気がよくなりません。

着物リメイク

 最近は、生地持ち込みや着物リメイクを結構作っています。
 
 お客様の話では、現在日本で反物からチャイナドレスの仕立てを任せられる業者は全くないそうです。生地が高いので、ある程度技術力がないと任せられません。
 逆に言えば、このような仕事をしている業者のレベルは非常に高いと言えます。縫製が悪い業者がこのような仕事をすると、クレームが多すぎてすぐ撤退しなければなりません。
  
 着物リメイクを作る時は、かなり注意しなければなりません。
 前日に紙にイラストを描いて、そのイラストにいろいろ説明を書きこんでいきます。
そして作る前に、再度お客様のメールとこちらで送信したメールを全部チェックして抜けがないか確認しています。

 そして作る時は職人にいろいろ説明します。
 
 パーツを裁断する時が一番心配です。柄が格好よくなるように、どう切ったらいいのか、現場でパズルのように合わせています。

 これをもし職人に任せていたら、勝手にやられてしまいます。なので、日本人不在の海外工場では作れる見込みはありません。

つば九郎とくまモンはそっくりです

 3月14日の記事で中国でくまモンが流行っている話を書いたのですが、相変わらずあちこちでくまモンを見かけます。ファミマでは今くまモンキャンペーンというのをやっているみたいです。
http://blog.livedoor.jp/kolo_china/archives/9201280.html

 思うのですが、くまモンの着ぐるみは中国で生産されていて、1着だけ作るのはコストがかかりすぎるので、100着ぐらい作って横流しされているのではないでしょうか?

 3月末から日本ではプロ野球が開幕したのですが、最近偶然始球式を見て、くまモンとスワローズのつば九郎が瓜二つだと思いました。一見あまり似ていないのですが、これが黒いヘルメットを被り、黒いユニフォームを着ると、遠くから見るとくまモンに見えます。

 神宮の始球式の時に、いつもつば九郎が出てくるのですが、その時ちょうどつば九郎がユニフォームを着ると上半身しか見えなくなるので、シルエットがそっくりになります。よく分かりませんが、2羽出てくるので、つば九郎はメスの妹のようなものがいるみたいです。

 つば九郎も中国では人気が出るかもしれません。
7

記事検索
ギャラリー
  • つば九郎とくまモンはそっくりです
  • 最近着物リメイクをたくさん作っています
  • 中国では桜が満開です
  • 中国では桜が満開です
  • タクシー会社がデモをしています
  • 中国でくまモンが流行っています
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ