中国のお店はすぐ改装工事をします

 あまり理解できないのですが、中国のお店は大体4年に1回ぐらい改装工事をします。

 うちのモデル写真を撮影している写真屋は友人なのですが、その写真屋は借金だらけという話なのですが、半年前にお店の改装工事をしていました。見た目は特に改装が必要なようには思えませんが。

写真屋の借金の内訳は、たぶん
1、お店は50万元で買ったらしい。(900万円ぐらい、かなり小さめです)
2、お店以外に、撮影するアパートを郊外に買ったらしい。たぶん70万元ぐらいです。(1300万円ぐらい)
3、車が2台あります。これもローンです。たぶん2台で400万円ぐらい。
4、内装工事や改装工事で、20万元ぐらい。(300万円ぐらい)
 詳細は不明ですが3000万円ぐらい借金があるという話です。毎月ローンの返済が大変なのに、どうして改装しているのだろうと、うちの社内で話していました。

 あと4年ぐらい前の話ですが通っている美容院(髪とマッサージ)店が1か月間ぐらい改装工事をしていたことがありました。

 そこのお店は4年目ぐらいで何も改装しなくても、あまり問題なさそうだったのですが、60万元ぐらいかけて(約900万円)改装したそうです。
 お店の見た目がよくなったかと言えば、私には一長一短でデザインがやや変わっただけなので、むしろ掃除をしたりインテリアを変更したり壁紙を張り替えたりするだけでよかったのではないかと思います。
 もし来客数が増えないのであれば、たぶん内装の問題ではない気がします。マーケティングや接客の問題だと思います。
 
 たいして変わらないものに、大金を使うというのは、そんなに理解できません。

G20がもうすぐ始まります

 当店は浙江省なのですが、9月4日5日に杭州でG20が開催されることになっていてすでに厳戒態勢になっております。

1、こちらは杭州から80kmぐらい離れているのですが、なぜか学校が通常9月1日からなのですが、今年は9月6日に変更されました。これは不思議です。何の関係があるのでしょうか?

2、80kmも離れているのですが、なぜか路上で売ることが全面的に禁止になっています。(野菜など売っている人)

 ここからは杭州の話ですが
1、ちょっと前から杭州に戸籍がない労働者は強制的に市内から追い出されました。
2、ほぼすべての会社は、8月26日から9月7日頃まで休みになっています。
3、学校も9月7日頃まで休みです。
4、よく分かりませんが、レストランもやっていないようです。
5、外地籍の中国人と、外国人が杭州に入るのには、許可証を発行してもらわないと入れません。
6、杭州に荷物を送るのが、大変なことになっています。途中何度も検査されます。

 杭州は中国の生地屋が集中しているところで、私たちも日本から生地について聞かれているのですが、これでは全く杭州に行くことができません。
 またこうなるとみんな完全に把握していたわけではありません。

 改めて考えると、洞爺湖や沖縄など、人があまり住んでいないところでサミットが開催されたのは、どうしてか分かります。

もったいないは、中国人もよく使います

 小池都知事がもったいないというのを、オリンピックで世界にアピールしようみたいなことを言っていたそうです。(小池都知事といえば閉会式で着物を着ていたのはよかったです)

 10年ぐらい前、「もったいない」と言葉が流行しました。確か最初は日本に住む外国人が日本のもったいない文化が素晴らしいとか言ったことがきっかけだった気がします。
 でも実は中国でも「もったいない」という言葉は、よく使います。「可惜」というのですが、たぶん日本語の「もったいない」とかなり似た使い方をします。自分はもったいないと可惜の違いは分からないです。
 冷蔵庫に入れたご飯を捨てる時は、「もったいない。天罰が下るかもしれない」とか言います。

 もったいないが日本独自の道徳というのはなくて、特に50代以上の中国人はいつももったいないもったいないと思っていて、お金持ちでも擦り切れたシャツを着ていることが多いです。
記事検索
ギャラリー
  • 着物が到着しました
  • ワンピースの着物リメイクはいかがでしょうか?
  • ワンピースの着物リメイクはいかがでしょうか?
  • 駐輪場に倉庫が乱立
  • 昨日は生地の仕入れに行きました
  • 昨日は生地の仕入れに行きました
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ