へたれゲーマーが日々のゲームの話を書き連ねているブログです。
現在、不定期投稿中です。

ジャンルは幅広く、おのれの興味つられるままに。
コメントはご自由にどうぞ!

IMG_1797
Eldest souls」をレビューします。
(PS5版でプレイ)

昨今、「高難度ゲーム」というジャンルはメジャーなモノになっていますが、これはそこらのゲームはおろか本家さえも大きく上回るほどの超難度ゲーム
プレイ時間は控えめですが、救済措置などない地獄のようなボスバトルに挑み続けるという確実に人を選ぶ一方で恐ろしいほどの濃密な時間を味わえる死にゲーとなっています。

続きを読む

IMG_1801
switch「crimzon clover world EXplosion」をレビューします。

ド直球シューティング」の売り文句を掲げたアーケード産の弾幕シューティング。
従来の弾幕STGの流れを汲みながらも、インフレ上等の爽快なゲーム性が売りの作品です。

続きを読む

IMG_1775
switch「シャンティ 7人のセイレーン」をレビューします。

数えれば第5作目にもなるアラビアン探索アクションシリーズ。
本作は舞台を変えての外伝的展開ですが、シリーズの"マンネリ"感に対して大幅なメスを入れていった作品になっています!
過去作のレビューはこちら

続きを読む

IMG_1739
PS5「ゴーストオブツシマディレクターズカット」の追加要素、壱岐島編をレビューします。

対馬と同時期に蒙古の別働隊、オオタカ族より侵攻を受けた壱岐。仁にとっても忌まわしき因縁深い彼の地にて蒙古を打ち払うべく彼の戦いが描かれます。


続きを読む

IMG_1612
switch「虫姫さま」をレビューします。
(本作はsteam版の移植です)

ケイブ弾幕STGのswitch移植タイトル第一弾(G-MODE版怒首領蜂大往生が厳密には一番乗りですが)。
それまでのハイパーシステムなどの複雑なアクション、​初見お断りの超絶難易度​を見直して幅広い難易度設定を実現した作品ですが、今回のswitch版では更に間口を広くした印象です。続きを読む

IMG_1696
PS5「ゴーストオブツシマ ディレクターズカット」を1stレビューします。

PS4オリジナルの時点でハードの限界に迫る美しさと快適さを誇る傑作タイトルでしたが、完全版としてPS5に登場した本作は​新ハードの性能を映像面・体感面ともに遺憾無く発揮​。
更なる体験をもたらす、といっても過言ではないほどリッチな作品に新生しています。


今回はあえて追加要素である壱岐島の要素を除き、PS5による進化要素に焦点を絞って紹介したいと思います。
オリジナル版のレビューはこちら

続きを読む

IMG_1661
ローリングガンナー」をレビューします。(switch版プレイ)

元ケイブのスタッフが中心として作成された横スクロール型弾幕シューティング。
全方位攻撃」が大きなキーワードとなっており、シビアな難易度と弾幕ならではの爽快感が両立されたゲームです。



続きを読む

IMG_1609
PS5「ラチェット&クランク パラレルトラブル」をレビューします。

満を辞して​PS5の全力を発揮する​というアピールで発売された本作。
勿論ハード性能を活かした演出や戦闘も見どころですが、「異次元」の設定を活かしたキャラやストーリーの魅せ方も魅力的で、総じて​シリーズファンにとってのご褒美​とも言える作品になっています。



続きを読む

IMG_1626
switch「G-MODEアーカイブス+ 怒首領蜂大往生DX」をレビューします。

2002年にアーケードに姿を表した「怒首領蜂大往生」を、2005年にガラケーに移植した作品。
G-MODEアーカイブス+」とは、こうしたガラケーゲームアプリをswitchに復刻するプロジェクトです。

近日「虫姫さま」に触れたハシリで弾幕STGに興味をもち、無茶苦茶な価格設定から購入。

​出鱈目な高難度​で異名を放っているシリーズですが、移植に際しての巧みなバランス調整や、ハード性能(復刻ですが)の制限をものともしない丁寧なゲーム性が素晴らしく、​コレが500円は(いい意味で)ねーよ!​と言いたくなる秀作です。


続きを読む

IMG_1611
画面を埋め尽くす膨大な弾、弾、弾。
雲霞の如く、又は壁の如く弾の群れの、その"殺意"の流れ(という名の弾道の性質)を見極めて、緻密かつ繊細に自機を操り、同じく膨大な弾幕で殴りつける。
数秒、もしくは数十秒の殴り合いの果て、爆炎と瓦礫を撒き散らし大破する敵機。
手に残るのは死闘を制した達成感と次なる弾幕への緊張感。





まぁかっこよく書いたんですが、大抵そんなに持たないんですけどねw
続きを読む

↑このページのトップヘ