2021年05月30日

5/30 学生クリテ

今日はTOJ併催の全日本学生選手権クリテリウム大会に出場しました!

で結果は………デデン⬇
IMG_20210530_185032
ノーポイント・最終着順16位で結局18位に

(  ー̀ н ー́ )ムスゥ…
うーん、一つ言いたい。

「学連の毎周回ポイント制のポイントレース単騎で戦うの難しすぎ!!」

マジで本気で1ポイントでも欲しかったけど、なかなか上手く行きませんでしたね〜ってことでレースレポートでございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


5:30矢野口集合。7時には会場に。
9:15出走なのでサクサク準備。新しく入った1年の大崎マネに、サポートとかレースのこととか色々教えつつ着替えや試走をしてたらあっちゅうまに40分前。ローラーで1回だけもがいてアップ完了。イナーメオイルとか、空気圧(前7.8後8.0)とか急ぐ前にやっといたから今回は焦らずにいい感じ。(いやいつもが焦りすぎ。)
7分前くらいに並んで出走!🚴‍♂️

今回のレースは全く展開のない感じ。最初のストレート〜折り返し〜ストレートまでは何人か飛び出し、それをその先のコーナーで吸収して、集団スプリント。ひたすらこの繰り返し。FB_IMG_1622378087940
⬆ふぉとばい井上さん

とりあえず集団の前の方にいることは意識していたが、そこから抜け出す手が無い!
てかこわい!怖いんだよ!
クラス3ほどではないけど、やっぱりレース走ってると怖い。自分ももちろん、とくにコーナリングとか下手だから、すごい怖いし、神経使う。ぜひ解決法を知ってる方は教えてください。

後半の方でスプリント絡めたらなと思ってたので、 さらに前へ頑張る。1回行けそうだったけど、前に踏み辞めた人がおってどうにもなりませんでした。
ついに迎えた最終周回は最終コーナー手前で左サイドから日大トレインが抜け出しているのを見て「行くっきゃない!!」3番手で最終コーナー立ち上がる!踏む!前に着く!
そしたら前2人踏み辞め。あらなんか見た事ある

神宮の二の舞いやないかい

はめられた〜と思いつつどうするか悩む。後ろ行かせて着き直すしかない。できるかな、よし!
はい。出来ませんでした。圧倒的速度差で集団に飲まれました。ラストは16着。
1622371131696⬆飲まれる直前

よかった点
・位置取り。いつもより下がりすぎず、しっかり前をキープできた
・ラストスプリント1100wオーバーはレースでは初(多分)

反省点
・挟まれた時下がってしまうこと
・コーナリング膨らみがち
・ラストのスプリントの判断は中途半端すぎた。もう前出ちゃったら踏んじゃえば良かったかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1622368544748
⬆レース後

ということで、久しぶりのクリテリウムはこんな感じでした。
いやほんとにポイントレースは難しい!今日は逃げのできないコースだったし、位置取り&スプリントゲームだった。またこれもお勉強になったかな。
勝ってクラス1になりたいな。
頑張ります。

今回も、色々とサポートしてくださった皆様ありがとうございます!
暑い中立哨やってくれたかずのりさんにも感謝!
1622371252074
⬆大崎もお疲れ様!

それでは!

komacycle at 23:37|PermalinkComments(2)試合結果 | 宮本 秋哉

Zwift Racing League APAC-Division1 Season3 Race8【最終戦】

こんにちは、3年の佐藤です。
今回もZwiftのシリーズ戦のレポになります。

Zwift Racing League APAC-Division1 Race8

Screenshot_20210505_184401

Season3のレースも今回が最終戦!

またしてもコースがサバイバル
“SURREY HILLS”

surrey-hills-zwifthub

Fox Hill ×2
Leith Hill
Box Hill
Keith Hill
 
と5回の登坂を繰り返します(想像するだけで恐ろしい)

いざ出陣!

1621935168153

1回目のFox Hillを登り終えたゲートからリアルスタートですが
LEAD IN区間から勝負開始

1621935607870

上位のオーストラリア勢は5分 6倍後半、、
(世界は広いな)


勝負には絡めない位置なので
一つでも上の順位でゴールすることを目標に

1621935907907

登りは無理せず5倍前後で
同じ集団にチームメンバーがいると非常に心強い

1621938513361

ここで大失態、、
Keith Hillの下りで集団からドロップ
集団の後ろで休んでいたはずが数秒離され、リカバリー出来ませんでした
そのままFox Hillを登りゴール

結果33位

1621939448506

20位台を狙えた位置に居ただけに悔しいです。

Zwift Racing Leagueはオフシーズンになってしまいますが、
次シーズンに向けて頑張っていきます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Season3 チーム順位 6位

20210525_224914

最後に、今回のシリーズ戦でお世話になったTEAM ZWCさん(Zwift上のチーム)に正式加入させて頂く事になりました。
リアルはもちろんですが、バーチャルレースも全力で!
今後とも宜しくお願い致します。









komacycle at 20:50|PermalinkComments(0)試合結果 | 佐藤 寛朗

2021年05月19日

RSC群馬オープンロード(大城)

こんばんは。二年の大城です。
RCS群馬オープンロードに参加してきた報告です。

大学2年目にしてようやくRCSを走ることが出来ました。笑
次のRCSがいつ開催されるのか分からないので、ここで優勝して昇格をかましてやろうという気持ちで走りました。

結果はクラス3で優勝でした!

<a href="https://livedoor.blogimg.jp/komacycle/imgs/0/3/03f077cd.jpg" title="9BBD5436-7EB5-4ADC-BB36-8FBC2CB0994C" target="_blank"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/komacycle/imgs/0/3/03f077cd-s.jpg" width="409" height="230" border="0" alt="9BBD5436-7EB5-4ADC-BB36-8FBC2CB0994C" hspace="5" class="pict" /></a><br />

クラス3 48km(8周)
個人的には立教の中島くんと順天の渡邉くんをマークすれば脅威になる選手はいないと考え、二人の動きを注意するようにしました。4周目あたりで、中島くんがホームストレート後の下りで抜け出し、反応しましたがこの動きはすぐ潰されました。その後は、前回の東日本の経験を踏まえながら、足の使い所を上手く考え、最終局面まで足を最大限残しました。結局、決定的な逃げは決まらず、最終周回の心臓破りから先頭周辺に位置取りをし、ゴールスプリントに備えました。番手を落とすことなく、私は集団真ん中の先頭でスプリントを開始し、差し切られることなく優勝しました!

<a href="https://livedoor.blogimg.jp/komacycle/imgs/4/6/4611ed90.jpg" title="9FDA3E3A-181E-4025-BE08-EC0C408E4BBD" target="_blank"><img src="https://livedoor.blogimg.jp/komacycle/imgs/4/6/4611ed90-s.jpg" width="409" height="272" border="0" alt="9FDA3E3A-181E-4025-BE08-EC0C408E4BBD" hspace="5" class="pict" /></a><br />

前回の東日本の反省を活かしたことで余裕を持って走ることができ、最高の形で昇格を決めることが出来ました!これで今年からインカレに出場できることが決まり、非常に嬉しいです。ここで満足せず、地道にコツコツとこれからも練習に励んでいきます。

これからも応援よろしくお願いします!

以上、RCS群馬オープンロードの報告でした。

Photo by シクロワイアード様、ちくりんパイセン

komacycle at 23:11|PermalinkComments(2)試合結果 | 大城 奨

5/16 JICFオープンロード クラス1+2完走!

こんにちは!宮本です。
先日群馬CSCにて開催されたオープンロードに出場しました。
6kmサーキットを20周、120kmという久々の長距離レース。昨年惨敗したインカレの雪辱を果たすべく、とにかく集団に残り絶対完走を目標に走りました。

で、結果。

27位完走!!!


よっしゃァァァ!!!ロードレース初めて完走したぞ!!!
苦しいシーンもありましたが、実りのあるレースになりました。ということで、レースレポートに入っていこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7:30、開門と同時に会場入り。当日の天気は雨が降ったりやんだり。微妙な天気でウェア選びもカギのひとつになる。
自分の出走は13時なので、朝はゆったりまったり。佐藤・大城の出走を見守り、11時過ぎからアップ開始。
アップは温めることを重視。150wくらいで脚を回すだけ。途中5~10秒ほど500wくらいまで上げて少し心拍を上げておく。

また、アップ中も小分けに色々食べた。レース中に全然食べられない可能性もあるので、胃に溜まりすぎない程度に最後の補給。(⬅これ大事たぶん)


アップ後1周試走して、トイレ行ってから整列。
IMG_20210517_144914
⬆レース直前緊張しまくるかとりょう笑笑

いざ出走!
IMG_20210517_144918
⬆日大軍団が先頭。枚数揃いすぎだろ。

ちなみに出走者数は81名。天候は曇りで気温20℃弱、路面はウェットからドライへと変化するコンディション。水1、BCAA1、羊羹2、マグオン2を積載。ウェアはセパワンの下に撥水インナーを着込みアームカバー装着。念の為レインジェルを脚にぬりぬり…

序盤は割とペース抑えめな雰囲気。集団後方にいてわからなかったが、逃げができて日大が集団に蓋をしていた。
6~7周回あたり、逃げを追って若干のペースアップ。ヘアピンの先の左コーナーで自分の前後で落車発生。特に影響は無かったがこの日1番の恐怖だった(゚Д゚;)
逃げを吸収してまたペースが落ち、するとまた逃げができる、というのを繰り返し特に大きな展開はないまま周回をこなす。
10周回辺りから、左ふくらはぎに違和感が出始める。ストレッチして対処。そしたらももの内側も攣りはじめる。とりあえずマグオンと水飲んだ。
残り5周。少しづつペースアップ。登り返しや心臓破りで散発的にアタックがかかる。残り2周辺りで勝ち逃げができてた気がする。
IMG_20210517_235636
⬆ラストに備えてボトル投棄。軽量化軽量化ァ!

最終周回、心臓破りでアタック合戦になる。集団中ほどから自分もかけていこうとしたところ、左ふくらはぎと左ももが完全に攣る。上りきって筋肉を伸ばしてから追走。集団スプリントに絡みたかったが、追いつかずにゴール。IMG_20210517_235656⬆1人でもがくの寂しいネ!

最終的には、完走34人中の27位という結果でした。Screenshot_20210517-232219


良かった点
・ペースアップに対応出来た。正直ほとんど辛くなかった。7周目とラスト数周のあたりはちょっと苦しかったかな。パンチ力の育成は評価できそう。
・補給食べられた。タイミング見計らってちゃんと食べられるのは大事。
・周りの選手とコンタクトをとれた。落車防ぐために大切。


悪かった点
・コーナーで前と開きすぎて詰めるのがしんどかった。もう少し上手く走りたい。
・脚攣り。レース前ツーラン飲んで、レース中マグオン2本飲んだけどダメだった。何か対策をしないといけない。


以上レースレポートでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インカレに向けて、指標になるレースで完走出来たことは少し安心できた。ここからさらに努力して、インカレでも完走できるようになりたい。
今回も、サポートしてくださった皆さんありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

Photos by ちくりん。Thanks!!


komacycle at 11:00|PermalinkComments(2)試合結果 | 宮本 秋哉

Zwift Racing League APAC-Division1 Season3 Race7

こんにちは、3年の佐藤です。
またかよって感じですけど申し訳ありません(笑)

夕方に参戦してきたZwift Racing Leagueのレースレポになります。

Zwift Racing League APAC-Division1 Race7 TTT

Screenshot_20210505_184401

コースは、The Magnificent 8 (28.6km)
1か所緩い登りがあるものの、ほぼド平坦なコース

Screenshot_20210518_230149

今回の作戦:ローテは30sー1minの間
フルメンバーの6人で出走 登りは少し抑え目で、平坦のMAXは7w/kg
Kuboさん→Hashimotoさん→Uskwさん→Toinakaさん→自分→Manaさん の順でローテ


1621330540359

いざ出陣!
パワーの加減で隊列を整えなければならないのでめちゃくちゃ難しい…

1621331910631

先頭に出た時は5.5w/kgから6.5w/kgの間で
後ろに下がる時に気を抜くとすぐに穴が出来てしまう
その穴を何度もチームメイトに埋めて頂きました(本当に申し訳ありませんでした)


1621332507893

KOMを過ぎてからの時間の経過が非常に早く感じた
後半に差し掛かり、ローテにも少し慣れてきたので交代する5秒前から出力を上げるスタイルで

トンネルに入ると出力が一段階上がる
頑張って集団に張り付いてく、、

トンネル明けの緩い登りが終わったらドラフティング関係なしにゴールまで踏み続けた
そして4番手でゴール


1621332904864

初めてのTTTでしたが、辛さよりテクニック面の難しさの方が目立ちました
チームプレイを感じれて、いつものZwiftとはひと味違った楽しさがありますね〜
また機会があれば挑戦したいなぁと、、
それでは!

komacycle at 01:14|PermalinkComments(0)試合結果 | 佐藤 寛朗

2021年05月18日

RSC#1 群馬オープンロード クラス3 20位

こんにちは、3年の佐藤です。
今回は、リアルレースのレースレポートです(笑)
やっと学連のレースに出れます、、

会場は、つい3週間前に実業団レースでも走っている群馬CSC
天気予報は☔(実は雨のレース大好き)
これは勝つしかないという気持ちで臨みました。

RSC#1 群馬オープンロード クラス3 20位
Time 1:16'54" (37.45km/h)
AP216w NP263w MAX1086w
平均157bpm 最大173bpm


試走時間になると雨が降ってきたため試走はパス
レースも48キロと一時間程度のレースだったのでアップはほとんどせず
イナーメのCXオイル・レインジェルを塗りたくっていざ出陣!

スタートラインに並んだのは集団の中ほど
リアルスタートまでに前に上がって、下りセクションで落車に巻き込まれるリスクを減らしたい

右ヘアピンからの登り返しで一旦集団は落ち着く
周りを見てみてみるとマークしている選手が沢山

知り合いに挨拶などしながら一回目の心臓破りに入る
400w近くでペダルがスルスル回る(調子は悪くないなと確信)

Screenshot_20210518_142927

惰性で前に出て1周目は先頭通過
良い感じのウォーミングアップになった(はず)

20210517_130048

2周目以降も下り終わりの右ヘアピン・心臓破り手前の惰性で登る坂は速度を殺さない位置でこなす事を心掛ける

そして心臓破りは前から5番手ほどで入っていき、有力選手のアタックがあっても反応できる位置にいることに努めた

日大の選手が散発的に飛び出すも集団で追っていき、しっかりとキャッチ

1621251269116.

5周目に差し掛かる辺りで、逃げは出来づらく最終スプリントになるなと気持ちをシフト
雨で体温を奪われ、カロリーも多く消費しているはずなのでジェルを1本補給した

1621251270524.

ラスト1周のジャン
下りセクションから前に上がろうと位置取りが始まる

少し番手を落としてしまったが、すぐに追いつき、先頭で心臓破りに入った
登り終わりまでに前に2、3人の選手を挟んでバックストレートまで下る

「ここまでほとんど脚を使ってないイケるかも」と内心思った。

Screenshot_20210516_233227_com.google.android.youtube

バックストレートで一旦牽制気味に入るかと思ったが、同志社大の選手がアタック
当然集団のペースが上がり、ズルズルと番手を落とす
ホームストレート手前のカーブで左脇のスペースが空いていたので入っていけるかと思ったが厳しかった

1621250883459.

右が有利と言われるので左脇に進路が出来ると思っていたので、この位置から攻めることにした
前に順大、日大とスプリントが強そうな選手がいたのでその車列に入って前まで抜けようと思った矢先、目の前で4台ほどが絡む落車

20210517_001710

フルブレーキで何とか柵にぶつかるだけで済んだ(ディスクブレーキ使ってて良かった)
再出走してゴール あの位置にいた自分が悪い

【反省】
・去年の個人ロードはズタボロだったが、しっかりとレースをする側の人間として戦えた◎

・時折談笑しながら、周りの選手の表情など見ながら走れた◎

・下りの入りはしっかりと速度乗せて(順大の渡邉君から指摘されました。すみません)

・最後のバックストレートの位置取りで番手を下げない (最大の敗因)



20210516_141524

大城、優勝おめでとう!

情けない走りしか出来ないけど、まだ頑張ってみます
待ってろインカレロード、今年こそ


Photo by かとりょ、うじはら、しゅうや

komacycle at 14:02|PermalinkComments(2)試合結果 | 佐藤 寛朗

Zwift Racing League APAC-Division1 Season3 Race6

こんにちは、3年の佐藤です。
今回もZwift Racing Leagueのブログになります。

Zwift Racing League APAC-Division1 RACE6

Screenshot_20210505_184401

今回のコースは、CHAMPS-ELYSEES (6.6km × 6lap)

ホームストレートは緩い登り、
バックストレートは下りの個人的には苦手なコース、、

当然ではありますが、
前半の2,3周回はハイペースなことが予想されるので前に残りたい

1620725418218

スタートしてすぐにスプリントポイントがやってくるので、緩い登りのペースが異常、、
気付いたら集団後方

1620725911747

千切れた数名で回して何とか集団復帰

1620726099428

この位置をキープしたいが、気を抜くとすぐに後方まで落ちてしまう

(周りの選手と比べてパワーを浪費している感が否めません)

次周の同じポイントで千切れてしまい、集団のケツを追う事に、、
他の選手は上手く回ってくれないので、単独でブリッジ
それも叶わず後方の小パックに戻る
俗に言う”芋掘り”というやつ

1620726617176

先頭からこぼれた選手で完走を目指す

この中でアタマを取りたいのでパワーをひたすら節約する

1620728205745

橋の登り返しから先行した選手を捕まえきれず、、

結果 35位

1620729002453

平均パワーで見ると先頭集団に残っていた選手と大差はないのですが

力の使いどころが悪すぎますね

このコースは、1分パワーで高出力を出して他は休むという走り方が正義なのかと思いました。

Screenshot_20210518_121328


パワーデータ上でも前半から早々にオールアウトしてましたね。。
無酸素パワー鍛えてきます
それでは!

komacycle at 12:51|PermalinkComments(0)試合結果 | 佐藤 寛朗

2021年05月05日

Zwift Racing League APAC-Division1 Season3 Race5

こんにちは、三年の佐藤です。
なんか自分の記事が連続していて申し訳ないですが、書かせて頂きます(笑)

Zwift中毒の私ですが、つい二週間前に「Zwift Racing Leagueに出てみないか」とお誘いを頂きました。

Screenshot_20210505_184401

何ぞやという感じですが、簡単に言うとZwift内のリーグ戦になります。

そしてZwift Racing Leagueにもランク付けがあり、最上位クラスのPremier ・Division1・その次にDivision2という構成。
Division1のレースは海外コンチや6倍マンのいる魔境と言われ、相当ビビりましたが走れる機会なんか滅多にないのでチャンスは逃すまいと出させて頂くことに(Team ZWCの皆様ありがとうございます)

Zwift Racing League APAC-Division1 Season3 Race5 21位

コースは、Cobbled Climbs (9.2km × 5 )

Screenshot_20210505_182820

1分、20秒、1分の坂が立て続けに来る鬼畜コース(笑)
とりあえず上げる所は上げて、休むところは休む。出来るだけ前で生き残るのを目標に

2021-05-04_1830395
いざ出陣!
ゴールゲートもZwift Racing League特別仕様でテンション上がってました。
最初の1分坂までは、無駄脚を使わず集団待機

2021-05-04_1857037

とりあえず1周目で全部の坂のベスト更新。。。
2周目も変わらずキツい
3周目に入った所で、腹筋が攣りかけてきたので軽く伸ばしてみる

2021-05-04_19271217

半分を過ぎた所で心に余裕は出来てきたが、まあ無茶苦茶キツい

2021-05-04_19293819

坂の前半は回転意識、中盤からはパワーで押し切る走法でクリア
第二集団の一番前で坂をクリアして、平坦で後続を待った(少しでも休めるように)

次の20秒坂でも他の選手がガンガン上げてくるが食らいつき、最後の1分坂へ、、
中盤からジワジワと引き離され、ゴールゲートまでの平坦でも上げられず21位でゴール

2021-05-04_19370423

しっかりとゴール出来た事への安堵感に浸った(あとこれ多分FTP設定低いよね…

ne98zh

今回取れたポイントは、最終着順の18ptのみ
高ポイントをゲットしてチームに貢献できればと思います。

リアルもバーチャルも頑張っていきます。それでは!

komacycle at 19:53|PermalinkComments(0)試合結果 | 佐藤 寛朗

2021年05月02日

FOOTMAX杯 19位

こんにちは、三年の佐藤です。
今回も実業団チームでの活動になりますが、こちらで結果報告させて頂きます。
当日エントリーが可能という事を2日前に知り、出てみることに。
千葉県で行われるので、いつもよりゆっくりと家を出た。

IMG_20210501_132858

レース2時間前にジャムたっぷり食パンを補給!

走り慣れたコースではあるが、しっかりと試走
アップは特に行わずスタート地点へ

下総クリテリウム FOOTMAX杯 19位(60minの予定が雷雨予報により40minに短縮)
Time 41:10.079 (41.53km/h) AP245w NP294w MAX947w 平均169bpm


ローリング区間はほとんどなく即リアルスタート
集団の中盤まで沈んでしまったので、ホームストレートの坂で前に出てみる
7hmaEGBzdjrmrPIQU-zHP2cckSEOC5dUF5B4zc5sQQIeJxFPc

スピードコースかつコーナー・下りで集団は縦伸びするため集団の前方で脚を休めることを意識

1619868416590.

マトリックスが集団をコントロールしている時には無理にアクションを起こさず、時間の経過を待つ。単騎で飛び出す選手はいるが、1ー2周回で集団に戻ってくる感じ
個人的に、RXのお二方と古谷さんが自らレースを動かしに来ると思いマーク

PgGwyeH_ZaJMWP529DLJtpBM2vouAKvBO_6SqpyLqQ8eJxFPc

g6DH3L0DoVJvHWO6S9j3OLKQzf9rHgAesYX4USCdXGoeJxFPc

マリノさんの飛び出しにも反応してみる。
飛び出しても下り終えてからの野球場の裏辺りで追いつかれる、、

そんなこんなで30分を過ぎた辺りから雨がポツポツと降り始めている事に気付く。
するとモトバイクの方から「16:03でレース終了」と伝えられる。
人数を減らそうと思い、ホームストレートの坂で飛び出す。

集団は縦伸びして活性化
そしてまた次の周回の坂でアタック
ラバネロの風間君とARCCの選手が追いついてきてくれたが、これもまた1周で吸収される。

ホームストレートで「残り2:30と告げられる」

1周するのに約2分前後
つまり2周回はあるという事だ(何となくそう感じてはいた)

次の周回のホームストレートで周りの選手がもがき始める
番手は前から6番手と悪くは無かったので周りに流されてもがいてしまった、、

1619866774405.


「あと1周」
この状態からあと1周かよキツ過ぎるだろと心の中で思っていた
S字を抜けてストレートに出た時に先頭交代を促すも、集団は一瞬緩まった。。
ここで数名の選手が一気にスピードアップしていき心が折れた

そのまま流してゴール

bndxj8


集団の位置は終始良い感じ。
草レースという事で、自ら仕掛けていけたのは良かった点ではあった。

【反省】
・タイヤの空気圧は前後5.5barで感触は良かった◎

・RXやマトリックスなどコーナーの処理が上手い選手の後ろを付けてロスの無い走りが出来た◎

・30分過ぎからレースは動き始めると思っていたので25-27min辺りでは集団中盤で脚をしっかり休めており、レースが短縮されてからもしっかりと動けた事◎

・冷静に考えて最上位クラスで40minレースの場合、脚はほぼフレッシュなはずなので集団は元気だという事(それも踏まえ今後は仕掛けていきたい)

・周回数の決まっていないレースに出る場合は、ラップタイムをあらかじめ知っておき、先読みをしておく


Photo by 安里さん、おかもってぃ〜




komacycle at 15:04|PermalinkComments(2)試合結果 | 佐藤 寛朗

2021年04月30日

東日本ロードクラシック群馬大会E2 DNF

こんにちは、3年の佐藤です。
今回も実業団レースの結果報告になります。

東日本ロードクラシック群馬大会 E2 DNF(-1lap) (84km 6km×14)

今年もやって参りました群馬CSC(笑)
あんまり得意ではないんですよねこのコース…
まあ、そんなことも言ってられないので頑張って走ります!

Time 2:10:28 (35.2km/h) 平均199w 最大824w NP242w 平均163bpm

20210427_211510

練習仲間のBMレーシングの宮本と2列目に並ぶ。
スタート直後に前の選手がクリートキャッチに失敗し、ズルズルと位置を下げてしまう。
ローリング中に前の山中湖の選手が良い感じに間を縫って走っていくので、後ろを付けて行き、モトバイクの真後ろからリアルスタート

ペースの治まるまでの3周回ほどは、前々で展開していく。
2周目の下りで日体大の選手が飛び出したので追ってみるも、集団も追ってきていたので戻る選択を取った。

IMG_20210426_135122_403

集団は穏やかで、心臓破り以外の登りは抑え目という印象
心臓破りで飛び出す選手はいるが、下りで追いつく感じで周回を重ねる。
マークしていた六本木の選手が飛び出した時には反応してみるが、逃げには繋がらず、、

20210425_222205

ホームストレートは、向かい風なので集団で力を温存。

下り終わりの右ヘアピンからのダッシュ(ダラ坂登り切りまで400wほど)で、毎周回脚を削られていく。そこからまた心臓破りで脚を削られの繰り返し。ジワジワ系のキツさ、、
ジェルを補給したためか、9周回に一度力が出るようになった。
しかし坂までの間に上手く回復し切らない感じに陥り、11周目の下りで集団から千切れる。

そのまま2周回走り、ラスト1周に入るところでDNF
Screenshot_20210430_153834


良い感じに疲労も抜けて、調子も悪くなかったので完走はしたかったなと、、
走り方をもう少し考えて来月の群馬に備えようと思います。

【反省】
・下りやヘアピンもあるので空気圧は前後6bar ※レース後に熱可塑性ポリウレタンチューブを使っているため、気持ち低めに入れた方が良いのではと指摘を受けました

・距離も長いので、序盤に無駄脚を使わない

・下り終わりのヘアピンは、集団の前めで抜けてしっかりとドラフティングに入る

・心臓破りはなるべく外側

・レース前に補給をしっかりと取る(みやちゃんの食パン2枚にジャム1瓶 真似させて貰います)

・走り始めて1時間付近からしっかりと補給を取る


中身のあるレースを走れるように精進して参ります。それではまた!

Photo by としちゃん、ゆふさん

komacycle at 16:49|PermalinkComments(0)試合結果 | 佐藤 寛朗

2021年04月27日

東日本ロードクラシック群馬大会(大城)

こんばんは。二年の大城です。
実業団の活動で東日本ロードクラシック群馬大会に参加してきた報告です。

今回はDay1のE1に出場してきました。
結果は9位でした。

70B7D109-8E7A-4CA2-844B-BF6BA50B5BFE


E1 120km(20周)
群馬は勝ち逃げが決まりにくいコースなので集団内で上手く立ち回りながら、終盤に脚を残すように走ることを意識しました。8周目あたりで五十嵐とかみたいの逃げができましたが、残り半分以上の距離があったため、これは反応しませんでした。

8D94CEE4-C581-4E25-B344-27CD91671DFE


この逃げは残り4周あたりで潰され、そこからレースが始まる形となり、毎周回の心臓破りでリーダージャージの松木さんがペースアップのアクションを起こしました。この動きは反応するべきだと考え、脚を使ってマークしていきましたが、下りで思うように集団前方のペースが上がらず、集団は一つのままとなりました。最後は意地でも心臓破りの後から集団前方に位置取りをし、ゴールに備えましたが、上手くスプリントが伸びず9位でフィニッシュする形となりました。優勝狙いだったため悔いは残りましたが、重要な動きには対処できていたため、成長が見られたレースでもありました。

8722558B-7D98-401E-9635-AFE0A70FE77A


初めてのE1のレースでどこまで実力が通用するのか不透明な部分もありましたが、今回の内容的にE1優勝は遠くない目標だと感じることが出来ました。今年はレースで上手く走れるようになってきているため、非常に自転車が楽しいです。このモチベーションと調子を維持していけるよう頑張っていこうと思います。

次戦はまだ未定ですが、常に結果を追い求めながら、楽しく競技活動をしていくつもりです。
これからも応援よろしくお願いします。

以上、東日本ロードクラシック群馬大会の報告でした。

Photo by 三井さん

komacycle at 19:00|PermalinkComments(2)大城 奨 | 試合結果

2021年04月20日

ユニフォームが変わりました!

おはようございます!3年宮本です。
今年度より、駒澤大学自転車部のユニフォームが新しくなりましたので、ご紹介致します!

4140156509030788757_IMG_4759
-212305563533243409_IMG_4674
-2935519463898019452_IMG_4695
-6149741645129737404_IMG_4746
5840311713809640736_IMG_4744
6629957004066132377_IMG_4690
いかがでしょうか!(かっこいいよねウンウン)
今回のジャージはMONTON社製で、デザインはSPORTS KID様にお願いしました。
かっこいいジャージありがとうございます!

SHAKES様から提供して頂いたブラケットフードもバッチリ合ってますね!
-7549545433700435031_IMG_4769

新しいユニフォームで気分一新、ますます頑張っていきます。

※写真提供 東海Univ. Riku Matsumoto


komacycle at 11:46|PermalinkComments(0)宮本 秋哉 

2021年04月06日

サークルフェスティバル!

おはようございます!
本日もサークルフェスティバルがあり、昼間の練習時間が取れないので朝からジムに行って下半身強化を行いました。それはさておき、本日は午前に法学部・医療健康科学部.午後に経営学部の新入生を対象としたサークルフェスティバルがあります。新入生の皆さん。まずは、ご入学おめでとうございます!入学された方の中にはもしかしたら第一志望ではない方もいるかもしれません。ですが、駒澤大学は様々なサークルや部活動がある上、実質ワンキャンパスなのでとても充実した学生生活が送れると思います!もしこのブログを見てくれた新入生で、当部に少しでも興味あれば、種月館5階でお待ちしております!自転車部に入る、入らない関わらず4年間全力で学生生活を楽しみましょう!

komacycle at 07:07|PermalinkComments(0)門島 祐也 

2021年04月05日

シクロクロス千葉

おはようございます。
年度も開けて、いつの間にか新3年生になりました宮本です。ってことはつまり大学生活半分終わっちゃったのか〜、としみじみ感慨深い今日この頃です。とは言ってもまだまだこっから!あと2年で何ができるか、自分の成長が楽しみだ。

で今回は、結構前になってしまったけど、3月14日に開催されたシクロクロス千葉の報告をば。
シクロクロス千葉は元々1月の第2週に開催予定でしたが、コロナの影響で流れ、3月開催に。暖かくなったからラッキー👍
会場は千葉ポートタワーの足もと、千葉ポートパーク。コースは芝、土、砂のミックスで起伏のあるレイアウト。

エントリーしたのはC4-午後クラス。昼前に現地入りし、お昼の試走へ。すると……まさかの前輪スロパン笑
しばらく使ってなかった決戦輪が死んでました。大慌てでホイールをお借りするも試走時間に間に合わず、結局ズルズルのタイヤで1周しか走れず…おいおい雲行き怪しーぞ😅

まぁそんなこと言っても仕方ないので、イナーメオイルをちゃんと塗ってアップして、レッツラゴー!
ちなみにこの日の空気圧は前後とも1.9bar辺り。割といつでも1.8~1.9くらいだけど、乗車できる砂区間もあるし、前日の雨でぬかるんだ所も割と乾いてきていたので、少し高めでもいいかなといったところでこの設定。
出走者は60人ほど。ゼッケン49番なので割と後方から、ガンガン抜いていかないと勝てないつらい位置。

IMG_20210405_093236
⬆出走前。ストレッチする石P。

1615707375517
⬆出走の瞬間 フォトバイ中平氏

後方からなので、さっさと前走をパスして行きたいところだが、試走不足なので1周目はそんなに抜けず。焦りが出てしまい、林区間で無理に抜こうとして泥にハマって降車したり。やはり試走しっかりしたかったなぁと思いながら走る。笑

何となく掴めてきた2周目以降はガンガン踏んでいく。けどちょいちょいミスが出て、抜いて抜かれてを繰り返しながら前へ。
3周目あたり、沿道から「ここら辺はシングルだよ!」との声があり、自分の位置をなんとなく把握。とにかく1人でも多くパスする!と追っていく。

FB_IMG_1615966704386
⬆波打ち際、前を追う。走りながらワイはマチューや、とか考えたとか考えてなかったとか。砂の走行は楽しい。
1615707546440
⬆波打ち際区間の後、浜から林に戻る所は砂が深くて乗車不可。降車してバイクを持ってランニング。レースの中でここがいちばん辛かった。笑

ラスト2周くらいになるとある程度コースには慣れ、前を走る選手も少なくなってきた。最後までプッシュして最終周回の砂浜でラスト1人が前に見えた!しかし追いつく前に林区間に突入。どうにもならず6秒差で2着。

FB_IMG_1615966736592
⬆神宮以来、約1年ぶりの表彰台。またもてっぺんには立てず。

反省点
・機材管理。現地についてスロパンに気づくとかもってのほか。数日前には確認しとけ。
・無理なラインを取ってコケたこと。前が遅くても、コケるよりは速いから後ろで待ってる方が吉。無理なラインでも走れる技術があればいいのか?
・ランニング区間、バイクを手で引いていたが、割と辛かった。やはり担いだ方が楽かな。


色々ありましたが2位を獲得し昇格を決めることが出来ました!
来シーズンはC3からスタート。また昇格できるように頑張りたいなと思います。

今回も、移動や機材などサポートしていただいた皆さま、本当にありがとうございました。

ということで、以上シクロクロス千葉の報告でした!

komacycle at 13:22|PermalinkComments(2)試合結果 | 宮本 秋哉

舞洲TT&クリテリウム

こんにちは、新3年の佐藤です。
時が流れるのは早いものでもう大学3年生になってしまいました…
本年度も宜しくお願いします!

今回は実業団レースに参加してきましたので、その結果報告になります。

Day1 舞洲TT E3 8位 (2km)
Screenshot_20210403_214308

距離は2キロと非常に短く、いかにヘアピンを上手くクリアしていく事が鍵であると思い、入念に試走を重ねました。
ヘアピン以外のコーナーは、ペダリングしながら曲がれるコーナー。ヘアピンはアウトインアウトでなるべく速度を落としすぎないように、、

Time 3:01.29 (39.71km/h) 平均353w NP362w 最大176bpm 平均168bpm

20210403_131830

私の所属しているチームは「AutoBahnGotemba」ですので、アイウエオ順で並ぶJBCFのスタートリストでは毎度一番上に名前があります 笑
つまりE3の一走目 (距離も短く、トラック競技のタイム計測前のような気分でした)

スタート直後のクリートキャッチを3回ほどミスしてしまう…
そんなこと気にしても仕方がないので踏むしかない
向かい風区間では頭を低くしてパワーを出し続け、追い風区間では9割ほどの力で次の向かい風区間に備える。

20210403_153301

何も考えず踏みまくってゴール

【反省】・クリートキャッチのミスが大きく響いてしまった
    ・バックストレートが意外と長く、DHバーがあった方が良かった
    ・コーナーのライン取りやどこまでペダリングしながら曲がれるかなどしっかりと考えながら試走できた



Day2 舞洲クリテリウム E3-2 1位 (17 850m×20)

TTとコースレイアウトは変わり、楕円形のようなコースレイアウトへ
昨日の雪辱を果たしたかったので本日も入念に試走を重ねる。

・1.2コーナーは、外からスピードを殺さずペダリングしながら曲がれるコーナー
・3.4コーナーは、外から入ってコーナーを抜ける際にコースの真ん中を狙って曲がっていくとコーナー明けでもすぐにペダルにパワーを掛けられる。落車多発区間!

Time 23:50(42.77km/h) 平均272w 最大1106w NP292w 平均170bpm 最大186bpm

CSC_1679-1

昼過ぎから雨が続き、ウェットコンディションだったため空気圧をいつもより落とした。(F5.5bar R5.7bar)

三列目に並んだのちニュートラル区間で先頭まで上がり、リアルスタートと同時にスタートダッシュ
3.4コーナーに3番手で入る。非常に良いスタート

集団のケツに埋もれてしまうと上がれないのが自分の欠点なので、下がらないようストレート区間で足を使ってでも前に上がり集団前方でコーナーを対処する事に努めた
一回目のスプリント周回で逃げを吸収してからは集団は落ち着いていた

レース中盤に4コーナーで落車があり先頭は6.7人に絞られる
それからはコーナーの立ち上がりでペースアップもあったが、あまり力を使わないようドラフティングに入り対処

ラスト1周の鐘がなると同時に慶應の纐纈さんがペースアップ
バックストレート中盤で一度集団は落ち着き、前を走っていたTeam ZEROの梶塚君がペースアップし、そのまま付いていく
最終コーナーに3番手で突入し、コーナー明けからスプリント開始
梶塚君と横並びのスプリントになるもギリギリ制して優勝!

【反省】・ブラケットスプリントをしない!

tgpntj

実業団レースでの初勝利とともにE2クラスタへの昇格

ここに来てやっと報われる瞬間でした…
会場にいた練習仲間やチームメイトが喜んでくれて本当に嬉しかったです。
いつもサポートして頂いてる皆さん、練習に付き合ってくれる皆さんの支えがあってこその初勝利です。本当にありがとうございました!

いい流れにはどんどん乗っていきたいので学連レースではC2、実業団レースE1昇格を目指して頑張っていきます!
以上、舞洲2daysの結果報告でした。


Photo by 千葉のみやもと、あきひこさん

komacycle at 10:20|PermalinkComments(2)佐藤 寛朗 | 試合結果

2021年03月31日

広島さくらロードレース

こんばんは。一年の大城です。
実業団の活動で広島さくらロードレースに参加してきた報告です。

今回はDay1のE2とDay2のE(全クラス混走)に出場してきました。
結果はDay1が2位、Day2が5位でした。

広島3


Day1 E2 73km(6周)
メンツ的にはボンシャンスのキリと城南の阿部くんをマークしとけば勝てると予想し、レース中は二人の動きを徹底的に意識するようにしました。最終的に阿部くんが5周目の下りでアタックを仕掛け、私を含めた3人の勝ち逃げが決まりました。最終周回に入るところで一人千切れ、私と阿部くんとの一騎打ちとなり、最後は三段坂で引き離されてしまい2位でフィニッシュしました。悔しい気持ちはありましたが、結果的にE1への昇格権を手に入れたので良かったです。

広島


Day2 E 123km(10周)
この日は朝から雨が降っていて非常に体が冷えやすく、コース上も霧がかかっていて非常に不安な要素ばかりのレースでした。ローリング解除後は多くの選手がスローペースで下りやコーナーを処理していく周回が続き、それにより中切れが多発して集団はだんだんと小さくなっていきました。私はなるべく下りは先頭の方に位置取り、無駄足を使わないように意識して、周回を重ねていきました。最終的に20人程度となった集団の中から二人の選手が抜け出し、最大で40秒ほどの差が開きました。その後、このレースの優勝者である首都大の橋本さんが、単独で追走を行い逃げの二人に合流後、さらにそこからまたアッタクを仕掛け、逃げ切りました。私は橋本さんの追走についていくべきだったのですが、彼がそこまでの実力者だとは思わず、動きを容認してしまいました。最終的に、集団は逃げに追いつくことができず、私はスプリントで5位でフィニッシュしました。脚はそこそこ余裕があったので、橋本さんの動きに反応しなかったことが非常に悔しいです。このレースで3位以内に入ればフィッツのJPTとしてプロツアーを走れたため、尚更レース後に悔いが残ってしまいました。

広島2


次戦は学連の飯山なので、そこでは優勝して、笑いながらクラス2昇格をしていきたいです。
これからも応援よろしくお願いします。

以上、広島さくらロードレースの報告でした。

komacycle at 22:19|PermalinkComments(2)大城 奨 | 試合結果

2021年03月23日

ご挨拶

お疲れ様です。加納です。
卒業しました。本当ならお世話になった皆様に直接お会いして感謝申し上げたいところなのですが、こんなご時世もありまして、最後にこの場を借りてご挨拶させていただきたいと思います。

まさか4年も続けられるなんて思ってもいませんでした!マネージャーだけしかいない代なんて前代未聞ですし。笑
それでもありがたいことに先輩方、他大学の選手、マネージャー、監督の皆様、OB,OGの皆様、入ってきてくれた後輩たちにすごく良くしてもらって支えていただいてなんとか続けることができました。正直辞めたいほど辛い時もありましたが、今ではもう笑い話です。心残りは、マネージャーの後継者を見つけられなかったことですかね…
大学生という最後の学生生活で、この駒澤大学自転車部でマネージャーとして活動できたことは私にとって貴重で大切な経験になりました。
現役の皆さま、まだまだレースも少なく苦しい時期が続くと思いますが、腐らず粘っていただけたらと思います。必ず賞賛に値します、というか私が称賛します。頑張ってね。

またどこかでお会いできたら嬉しいです。それまで皆さま、体調にだけは気をつけて健康でいてください。

ありがとうございました。

E8D974F7-94BE-42C2-BFA2-9AD408F352AD

OB会の皆様より

3DFFCD67-B941-44D9-ABA1-B3AE957F7B26

後輩たちより

komacycle at 19:56|PermalinkComments(4)加納 明日夏 

2021年03月11日

Aero is Everything!!!

こんにちは、2年の佐藤です。
特にレースも無く、記事を上げる機会もないので近況報告という感じでございます。

1月、2月とコンスタントに月間1500キロを走ってきました。

Screenshot_20210311_214312

しかし、ポジションに違和感があったのでフィッティングを受けてみようかなと🤔

走行時の違和感としては
・ハンドルが近い
・上体が高い(特にコーナー時)


FB_IMG_1607912334771

(上体が詰まってる感じ、、

Tarmac SL7を購入したBIKE SHOP FORZAにてRetul fitを受けてきました。

IMG_20210228_100535

脚質的にルーラー(だと思っている)寄りなので、低い姿勢で平坦の巡航が出来るようにブラケットエアロのポジションも煮詰めることに。

フィッティング前

Screenshot_20210311_220759


Screenshot_20210311_220953



フィッティング後

Screenshot_20210311_221200


Screenshot_20210311_221220


前から
Screenshot_20210311_221128


サドル高・前後位置は据え置き
ステムを100丐110个吠儿
コラムを20于爾
ブラケットを更に内側に入れ込む


この3点を変更するだけで走りのフィーリングが格段に良くなりました。
頭の位置が下がり、脇も以前より締まるようになったかと思います。
重心が低くなったことによりコーナーの安定感が増し、車体の振りやすさも向上。
昨日走った峠では、体幹と背筋を使ってペダルを踏みこむという意識も出来上がってきました。

また、自分の欠点として左足0ー3時のアンクリングが大きく、ペダリング効率が落ちているという事が発覚。上死点で、もたつきの無いペダリングが出来るように意識していこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

別件ですが、こちらはトラックバイクのDHポジション

g1f9wz


IMG_20210311_213052


完全自己流ですが、DHバーの隙間からバンクのラインが見えれば走れるとのことで思いっきり頭を入れ込んでみました。

このポジションで今月のTRSはB基準を切るぞ!

今回もお読みいただきありがとうございますm(__)m
皆さんに良い結果を報告できるよう明日からも頑張っていきます!

komacycle at 22:59|PermalinkComments(0)佐藤 寛朗 

2021年03月08日

3/7 神宮外苑クリテリウム

こんばんは、2年宮本です。
神宮クリテリウムに参戦してきましたので、そのレポートです。

まず今回のルール。予選は5周毎回ポイント周回のポイントレース。ポイントを取れば確実に決勝進出できる条件。
決勝は20周回ロードレース方式でした。

朝は25キロほど自走で9時前には会場入り。コンビニ行ったり受付したり色々するうちに試走時間。コースは去年と変わらず。
11:35から予選開始。自分は12:15からC組にて出走。
1615116225914
⬆レース前。この日で学連引退の大先輩と。

バチバチのペースになると予想して、早いうちにポイント取っちゃおうor強い人達がポイント取って下がった後にラスト狙おうという作戦のどっちか。後者をとってもしラスト上手く行かなかったら悔やめないなと思ったので、前者を選択。とりあえず上手く前に出てスプリントで取りたい作戦。ペース高いからスプリント勝負は1発しか出来ない予定。

開始早々、バチバチに位置取り合戦。とりあえず1周目は集団前方をキープして様子見。スプリントは絡めない位置で最終コーナーに入ったのでこの周回は見送り。
2周目は1コーナーの先で脚を使って前に出た。第1ヘアピンをイン側から入り、ちょっと抜け出した2人から少し離れて続いていく。1人日体が列から外れてまくって行ったので着いていく。最終コーナーでは逃げ2人と日体に続いて4番手。スプリント勝負かなと思ったら立ち上がりすぐに前の日体が踏みやめた。交わして先頭でスプリント。なんか脚が重かった。脇から後続の前輪が見えて、「終わった…」。ライン数十メートル手前で中大の選手に捲られ4着でポイント取れず。IMG_20210307_183800
⬆スプリント直前。ふぉとばい東洋ちくりん

3周目、スプリントしたので集団から飛び出すことに成功。さっきの日体の人と2人だった。1周逃げ切りたかったが結局ヘアピンの先で集団につかまってしまった。
4周目。もうなんも出来ず。集団から離れ、ゴールライン前で足切り。

【反省】
・なんだか朝から脚が重かったのが、レースまで影響してしまった。ウォームアップやアップオイルとか、上手くやれればよかった。
・集団内にいて、コーナーでブレーキかけすぎ。
・スプリント前、番手ミス。風よけに使われてしまったのが大反省点。
・風よけになったことに気づかないほど冷静じゃないのも宜しくない。前の日体はきっと後ろに付かれたのをみてやめたんだろう。かしこくあれ。

レースは散々、何も結果を残せず、とても悔しいですが、またこれをモチベーションに頑張ろうと思います。かなりのハイペースの中、自ら動いてスプリントしに行ったのは良かったと思う。圧倒的な力がある訳では無いので、もっと上手く抜け出したりして楽に走れるようにもなりたい。

加納さんラスト仕事お疲れ様でした。最後までサポートありがとうございます。
その他にも、荷物持ってきていただいた東洋の皆様、ローラー貸してくださったつくばの皆様、荷物置かせてくれたかとりょう、ありがとうございました。

以上、神宮クリテリウムのレポートでした。


komacycle at 00:30|PermalinkComments(0)宮本 秋哉 | 試合結果

2021年02月26日

神宮クリテリウム参戦のお知らせ


こんばんは。宮本です。
とみやさんからお借りしたGDRが明日にも復活しそうでワクワクしております。

明日の朝も早いので、表題の件、サクッとご案内申し上げます。

来る3月7日(日) 神宮クリテリウム開催の予定です。
今年は諸事情によりクラス2以上しか出場出来ないということで、宮本のみ参戦となります。
また、観戦については、会場の都合上制限はしないが基本的に配信を見てくれ、というのが学連の方針のようです。
ルールはざっくり言うとポイントレース予選→決勝という形です。まずは決勝進出できるように、久々のポイントレースで勝手も分かりませんがまずは予選を頑張ります。

ざっくりご案内でした。なにかありましたらコメント欄でも大丈夫なのでご連絡頂けたらと思います。

それではおやすみなさい!

komacycle at 22:40|PermalinkComments(2)宮本 秋哉