2016年05月31日

31日の火曜日

5月31日

そろそろTUBEを聴きだす季節ですね。森です。


・読売 2+4インターバル

2:20
2:04
2:05
2:04
2:03


尾根幹を超えていつも通り相模原を回るコースをゆっくり走ろうと思っていたが、週末の疲れがあったので、途中で止めて読売にメニューを変更して、短時間で済ませた。

1本目はupで調子を確かめた。2〜5本目は410〜420w。レストは4分で統一した。タイムの割にwが出たのは風と、少し体重が重めだから。

明日は昼過ぎからバイトなのでそれまでに練習を完了させたいところ。

dst 30


komacycle at 15:56|PermalinkComments(0)森 勇太 

502


▪︎ サイクリング dst.10km?

クロネコに荷物を取りに行くついでに10kmくらいサイクリングした。

一昨日のダメージが未だに足に残っていて辛い。


komacycle at 12:00|PermalinkComments(0)渡邊 雄太 

5/28.29 2days in 木祖村



こんにちは。できる声マネはすべて超マイナーな鴨志田です。

5月28、29の2日間で長野県木曽郡木祖村味噌川ダムにて、2days in 木祖村レースが開催されました。
出場選手と結果
(リザルトが出ていないため不明な点があります。ご了承ください。)
チーム:駒澤大学Z改
1日目 タイムトライアル 1周 km
ロードレース 9周 81km
( TT順位 / タイム / RR順位 / 総合順位 )
杉野(2年) 9位 / 11:52 / 13位 / 11位
森(2年) 45位 / 12:26 / 16位 / 24位
伊藤(慶應2) 79位 / 12:52 / 28位 / 38位
竹尾(東洋2) 101位 / 13:07 / 59位 / 61位
蛭川(慶應2) 97位 / 13:05 / 75位 / 82位

2日目 ロードレース 14周 126km
( RR順位 / 総合順位 )
杉野 3位 アンダー優勝 / 5位
森 位 / 位
伊藤 DNF / 位
蛭川 DNF / 位
竹尾 DNS / 位

image


以上の結果となりました。

昨年はこのレースと修善寺オープンが重なったため私はオープンに行っていました。そのため2daysは初参戦でした。学生選手権で木祖村は来たことはあったのですが、橋のところまでしか行ったことがなかったのでそれより奥に行くと初めて来たような感覚がありました。
1日目は4時半出発。午前中に現地に到着しましたが天気は曇りで半袖でいるのは相当タフな人でないと厳しい気温でした。縮こまりつつTTで登ってくる選手を応援してました。
2日目は1日目と打って変わって快晴!午前中で27度ほどあり…とても暑かったです。ロードレースは12時スタートということで一番暑い時間帯のレース。補給ももともと1回のみだったものが3回に増えました。おかげで人も殺到することなく、ひとつずつ確実に渡すことができました。
しかし後半からは風が強くなってきてしまい… テントの脚をおさえつつ選手を応援する感じに…
それでも杉野さんのアンダー優勝を聞いてとても嬉しく思い、2日間の苦労?はすべて吹っ飛びました!みんなで掴んだ勝利と言う杉野さんの言葉がなんだかこそばゆかったのは内緒です。
皆さん本当にお疲れ様でした!長時間運転してくださった竹尾さん、蛭川さん、吉田、ありがとうございました!特に吉田は伴走車などもやってくれたので頭が上がりません。ありがとう。
再来週は学生選手権でまた木祖村に来ます。夏の合宿は残念ながら参加できないのでそれまでに多くの選手が走る姿を見たいです!

▽.

komacycle at 09:12|PermalinkComments(0)試合結果 | 鴨志田 道子

とみもり

image

日曜練都民の森へ行きました。

先発組は自分新岡田檜山古川樫木さんで数馬までペース走。
数馬まで行くと古川が涼しげな顔で登って行った。
そのあとに差が開いて新、差が開いて自分が走る形で進み、途中で後発の富家さんがグングン登って追い越して行った。
後ろに付く努力はしたが、虚しく終わる。

最近は前を引かなければならない状況が多いので前日にグーグルマップと睨めっこすることが多くなったが、結果的にちゃんとコースまでの道を覚えられて良いと思う。

都民の下りでは、自分の目の前で岡田が落車。左にはバイクがいて回避しようが無く、対向車線に車がいないことを確認してから岡田の右を通過する。

岡田が落車したところは自分が初めて都民の森を下った時対向車線にはみ出たところ。ほんと怖い。前もって散々下りは気をつけて、と言ったが確かにあそこは厳重注意。

帰りは富家さんと秋川街道の方向へ。途中二段階右折しない自転車乗りに腹を立てた富家さんと一緒にペースをかなり上げてその人を抜くことに。
割と辛かったけど楽しかったです。

更に105のブレーキを1500円とかいう格安で頂いてしまった。中古ではあるがほぼ新品の美品である。変えたらブレーキの世界が変わった。
ぐにゅー…ん↓ から カチッとスイッチが切り替わるような新鮮な感じに。
ついでにブレーキの取替え方も直に見た感じ容易そうだったので次からは自分でも出来そう。

感謝してもしきれません本当。



komacycle at 02:14|PermalinkComments(0)山岸 隆明 

2016年05月30日

木祖村2days

5月28日−29日


森です。木祖村2daysに出場してきました。


28日

朝4:30半に杉野家発。吉田カーに乗せてもらい、懐メロを聞いていたらいつの間にか会場に着いた。
時間はたんまりあったのでみんなでグダグダ。

image


トイレは長蛇の列で時間があったので、自転車をパシャり。


そうこうしている間にTT開始。竹尾が先陣をきってくれた。
自分はスタート1時間前から準備して30分ローラーに乗る。少し休憩してから、15分前にスタート地点へ。

なれないTTなのでかなり緊張した。スタート地点には米倉がいて、そんな緊張をほぐしてくれて助かった。

image


・第1ステージ 個人TT45位 12:26

中盤に少し垂れたけど、後半の登りは踏めた。ロード装備だし、こんなものだろうと自分を納得させた。

ゴール後は急いで食べ物をお腹に入れた。軽めにダウンして、休憩。


・第2ステージ ロードレース81km 16位

スタート位置はTTの結果順なので真ん中から。パレードのトンネルで落車があって、橋の上で停止。チームメイト全員の無事を確認出来て安心した。
最初こそ、TTの影響の乳酸でうまく走れないが、段々と脚が動きだし、登りでポジションを一気に上げた。
そして、強豪選手のアタック合戦に少しだけ参加してみる。が、その後すぐに垂れてポジションを落とした。

中盤。逃げが決まると集団のペースが少し落ち着く。
杉野が自分に何か指示を出したけど、レース中なのでよくわからない。(集団真ん中右の位置に陣取って、杉野の風よけになればよかったそう。)結局その役はいとじゅんがやってくれて、自分はその間にボトルを取って杉野に渡す役をやった。

終盤。背中に痛みを感じだすが、我慢して走る。時よりペースアップはあるものの、相変わらず落ち着いている。最終周に何かあるかもな。案の定、そう思っていると杉野がどんどんポジションを上げていき、最終周の橋でアタック。すかさず、いとじゅん
が集団を抑え、ワンテンポ遅れて自分もそれに参加。そしてホワイトジャージの選手の飛び出しのチェックにも入った。

最後の坂でプロ選手が飛び出して行き、自分も集団前方でゴール。これで杉野がホワイトジャージ獲得!っと思いきや、前方に逃げていた選手にもアンダーの選手がいたのでホワイトジャージを巡る闘いは明日に持ち越しとなったのである。

レース後はすぐに食べ物を食べて、ローラーでダウン。宿に帰ってから再び杉野、いとじゅん、竹尾と流した。

夜ご飯もモリモリ食べて、お風呂の後は米倉にマッサージしてもらって11時過ぎに寝た。

翌朝は寝坊に始まり、慌てて食堂へ行って朝ごはんを食べる。コンビニで買い物をしてからは宿で二度寝。気持ちよかった。

11時に宿を出発し、会場まで自走した。
レース距離が長いのでアップはこれだけで、スタートへ。

・第3ステージ 126km 20位?くらい

序盤からハンパではないハイペースに死にそうになっていた。2〜3周目くらいまでは集団の真ん中のいい位置にいたが、徐々にポジションを落としてしまい、それを見兼ねた杉野は前方へ。早速昨日同様の背中の痛みが始まる。(ペースが落ち着き出すと、治った。)

4〜5周目くらいに逃げが決まり、杉野もこれに乗る。集団にはホワイトジャージを着たベルマーレの選手がいたので、自分は積極的に集団を抑えに入る。ブラーゼンも協力して抑えてくれたので逃げとのタイム差はみるみる広がりいつの間にか決定的なものに。これで一安心し、中盤以降は集団の真ん中で楽をして走った。

補給食のゼリーもいいタイミングで摂取し、水分も計画的に取ったので安定した走りができていた。
ラスト2周の登りがやたらゆっくりだったのでみんな脚貯めてるなと感じた。予感は的中し最終周の登りで、ブラーゼンの高木さんを筆頭にJPT選手がハンパではないスピードでかっ飛んでいった。自分はこの後ろでゴール。出し尽くした。
image


ゴール後杉野のホワイトジャージ獲得を聞き、みんなで大喜び。この瞬間をチームメイトみんなが望んでいたし、みんなが1つになっていた。とてもいい光景だった。微力ではあるが、少しでもこの結果に関われてよかった。

image


ブラーゼン高木プロにとっていただきました!ありがとうございます!


帰りに賞金でワインを買って、運命のジャンケンに勝利し、いま美味しくいただいてます。
今回のレースは吉田、米倉、鴨志田の3人のサポート3人にとてもお世話になった。朝早くから車を出して、ピット作りをしてくれたり、ボトル渡し、TTの伴走。また、精神的な面でもとても助けられた。本当に感謝しています。
車を出して、運転してくれた竹尾も本当にありがとう!
我が駒澤大学Z改は永久に不滅です!



komacycle at 20:49|PermalinkComments(0)森 勇太 

だいたい濁点付かないパターンの苗字のやつは濁点への妬み嫉みが半端ない


総合 5位 U23 ホワイトジャージ獲得

去年とは自分以外のメンバー4人が変わり、駒澤大学Z改として名を新たに参戦。

4/28
杉野家 4:15 集合 4:30 発
トイレダッシュを除けば、大きな事は何もなく無事に現地着 8:00〜8:30の間だったかな。

テントを広げ、みんなでくつろぎながらスタートまでの時間を持て余す。

受付で、「出場選手から一言」が必要ということで、みんなで考えた結果あいうえお作文に。

杉野 積み上げてきたモノを
ピータン うまく発揮できるよう
いとじゅん 出来る限り
森 一生懸命
竹尾 ずっと前から好きでした。

渾身の出来栄えだったが、受付で受け取ってもらえたかった…。

なんやかんやしていたら、TT一走目の竹尾がスタート
自分は50分くらい前から10分軽くローラーを乗り、1分位の坂を3本キツめに登っておいた。
装備はロードレースと同じ、
キシリウム/シャマル 空気圧前後7.2 gp4000 DHバー無し

image


TTなので、特別言う事は無い。
タイム 11:52 総合9位 U23 2位

この時点で、白ジャージとのタイム差は5秒
次のロードレース直前にわかり、急いでチームメイトに白ジャージを取りにいくことを伝えた。(実際は伝わってなかった)

ロードレース 8周
パレード中に落車発生 怖すぎ
橋の途中で一旦止められて、チームメイトが無事な事を確認。
初めから集団内にいたら死ぬかもしれないので、2〜4周目までは前でアタック、チェックを繰り返した。
途中で脚もピクピクし始め、疲れてしまったタイミングでチェーンが落ち集団中程へ移動。
人数も最初よりは減っていたので走りやすかったが、そのタイミングで逃げが出来てしまった。

森にアシストする様に頼むが、まったく機能しない。
少し下がるといとじゅんと竹尾がいたのでアシストを頼む。いとじゅんが良い感じで引いてくれるのでだいぶ休めた。

ラスト1.2周で森とも合流

集団内には白ジャージの選手がいるため、なんとか5秒先行する必要がある。
ラスト1周はペースの上がる集団内を吠えながら位置を上げた。
橋への90度コーナーを先頭付近でクリア
集団も伸びた状態の中で、アタック!!!

後ろをチラ見したら、先頭に紫色のジャージが見える。そこからは、チームメイトを信用して前だけ見て走った。

なんとか集団からは逃げ切り5秒差は確実にひっくり返った。
もしかして!?と思いながら、表彰を待ったが逃げ集団にU23の選手がいた。
白ジャージはベルマーレの選手に移った。

RR13位 総合 11位 +2:35 U23 2位 +1:12

最後は、森といとじゅんが集団を抑えてくれて、中盤竹尾には後ろを守ってもらい、チームとしてとても上手く機能した。
ここで白ジャージが取れて終わればハッピーエンドとか思ったけど、そう上手くはいかない。

山中荘までは自走

宿の近くを流す。とても景色が良い
image


宿のご飯はとても美味しかった。
その後はコンビニへ行き、デザートを食べた。

ミーティング後、ストレッチやセルフマッサージなどを行い、気付いたら寝ていた。


朝は7:40頃に目が覚めた。ぐっすり寝れて気持ちが良い。

8時朝食 コンビニに行き、ベッドでグダグダしながら過ごす。

11:00宿発

吉田とマネージャーが朝早くからピットを作りに行ってくれたおかげで焦らずに午前を過ごす事が出来た。ありがたい。

コースに着いてすぐに出走サイン
10位以内以外は来た順だったので、スタート地点にバイクを置いてピットに歩いて帰る。これが結構疲れた。

ウェアを着替えて、補給食を詰めたら、スタート地点までは竹尾のバイクを借りた。
ありがてぇ

レーススタート 14周

かなり前スタートだったが、リアルスタート時には真ん中辺りにいた。
総合に関係無い人達が危険回避の位置取りか前に前に上がってきていた。これが危ないこと。

ポジションを落としてしまったが、森が近くにいてくれたので2周目は後ろについて楽をした。いとじゅんは前方に位置取っている。
3周目位に森からいとじゅんの後ろにジャンプアップ。しばらく様子を見ながら進み、有力どころが動いたタイミングで反応する事が出来た。

14名でのエスケープ
ホンダが3人、ブラーゼン2人、ウォークライド2人、ベルマーレ2人、水野さん、高岡さん、自分
6チームの14名
ホンダはポイント賞を取る気マンマン
高岡さんと下島さんは1.2位を同タイムで争うため、ボーナスタイムでの戦いになる。
結果、ポイント地点でも上がり、ボーナスタイム地点でも上がるため、タンタンと進むわけではなかった。
また、チームメイトがいる人はしれっとローテを飛ばしてたりして上手かった。

自分としては、白ジャージの選手がいないため1:30差を付けて逃げ切らなければならなかった。
そのため、タイム差が40秒位の時は焦るようにして前を引いていたら怒られた。
しかし、目標が違うのだから仕方が無い。
ステージレースならではで良かった。

そこそこキツイペースで進んでいると気付いたら後ろとは3分差
北野さんの掛け声で、バーチャルで白ジャージだと知る。
ラスト2周はキツく諦めかけたが、ピータンの叫び声で立て直す。

ラストはやはり総合陣のボーナスタイム争いになる。しかし、ラストでペースの上がるメインからタイム差を縮められたら元も子もないので、緩み切らない様に皆が渋ったら引く様にした。

ラスト1kmで白ジャージ獲得を確定させ、いける所まで着いていって6.7位。
RR 6or7位 総合 5位 U23 1位
ホワイトジャージをGET

image

高木三千成プロに撮ってもらいました。贅沢ダァ

総合や、U23の賞金9kを獲る
得たお金でスパークリングワインを買い、貰った景品のワインなどを合わせて計6本
ここは8人で平等にジャンケンで決めることに。
負けた。

今回の大会では、移動は全て運転してもらいしっかりレースに集中する事が出来た。
竹尾、吉田、ピータン ありがとうございました!
また、ボトル渡しや朝早くからのテントの設置、宿の手配、大会申し込み等、吉田、米倉、鴨志田 ありがとうございました!
そして、何よりチームメイトとして走ってくれた、ピーマン、いとじゅん、竹尾、森には心の底から感謝したい。ありがとうございました!
今回は敵チームながらも、応援してくれた北野さんありがとうございました!

みんなで勝ち取ったモノです。
大切に保管したい。
image



駒澤大学Z改 END

御愛読ありがとうございました。


komacycle at 17:20|Permalink試合結果 | 杉野 元基

5月29日(日)都民の森 走破

日曜日の練習は都民の森でした。
2つのグループに分かれて都民の森を目指しました。
じぶんは樫木さん、新、山崎、岡田、古川のグループで行きました。途中まではなんとか着いて行きました。しかし途中ギアを変則を頻繁にやってしまいなんと!残り4キロ地点でまさかチェーンが外れてしまった😭みんなが見えなくなり1人で登った最後らへんになると足が回らずやばかったが意地と根性で登りきった(^-^)
今回の反省点はギアチェンジをしすぎた自分にあったてきせつなギアを見つけていくべき、下りで休みがちで登りと同じケーデンスで登れてなかった 。
以上のことを改善していきたいです
みんな完走出来て良かったとおもう(^-^)


komacycle at 10:01|PermalinkComments(0)檜山広貴 

都民の森

こんばんは。岡田です。

今日は都民の森に練習にいきました。

行きの途中でOBのとみやさんにいろいろとおしえていただきとてもためになりました。

都民の森ではペースで登るというのが理解ができていなくて樫木さんに注意されたあと意識したもののまだまだダメダメで先発組のみなさんに迷惑をかけてしまったのは今回の反省点です。

最後のヒルクライムの登りではじわじわと山岸先輩に追いついていって残り1kmを切ったところで追いついたのはいいもののそこで足を使いきってしまってこの後についていけなかったのでまだまだ未熟なところがたくさんあると感じられました。

下ではカーブが急にきつくなった瞬間に焦ってハンドルをきってしまって落車をしてしまいました。その後は早くもこげず先輩・同期の足を引っ張ってしまってものすごく反省しています。小嶋先輩からは色々と面倒を見ていただいて感謝の言葉以外が見つからないです。

1週間後には初レースがあるので明日明後日あたりは安静にしてまた頑張っていこうと思います。

下りは必要以上にもっと気をつけます。カーブがトラウマになりそうです…



komacycle at 00:34|PermalinkComments(0)岡田 朗緋 

2016年05月29日

成長しかない4年間

ブログのタイトルに悩んだ結果、早くもネタ切れでこの言葉を使ってしまった鈴木です。

28日
湘南国際村with押江
ぺぺレ休憩レレ

尻とハムを爆発させるのが今回の目標だった。結果、爆発しなかった。追い込みが足りていない。反省点です。日曜練の時に爆発させようと思った。

藤沢駅周辺にはs-worksが大量発生するのでかなり気持ちが萎える。

dst:70km

29日
都民の森

いつも2時間かかる道が、今日は異様に空いてて1時間半でいけてびっくりした。
班を2つに分け、自分は樫木さん、山岸、檜山、古川、岡田の先発組で走った。
紆余曲折はあったものの、無事に皆(?)で数馬の交差点までたどり着く。古川に置いてかれるが、自分は自分のペースで登る。今日こそ尻とハムを爆発させる。結果尻が爆発した。残り1km地点で後発組の富家さんにぶち抜かれる。登りの時にシッティングで踏めなくなるのを直したい。そしてハムの使い方がいまいちよくわからない。

後輩に置いていかれた。
時間を空けて走ったのに、obにぶち抜かれた。
いざという時に踏めない貧脚。
今日はいい日だ。
また、新しい自分にチャレンジできる。
成長しかない4年間

帰りはdstに定評のある押江と一緒に帰った。押江が圧倒的成長をしてて泣きそうになった。

dst186km


komacycle at 22:55|PermalinkComments(0)佐藤 新 

5/29(日) 都民の森

永田です。
今日の日曜練習は都民の森でした。
2つのグループに分かれて登り、
自分は富家さん、小嶋、押江、山崎と走りました。
温泉のところまではペースだったのですが、
その前に千切れてしまいました。
その後は自分のペースで登り、
前で走っていた小嶋に追いつきましたが、
ゴール手前で離されてしまいました。
追いつくだけじゃなく、
そこから突き放せる様になりたいです。
その前についていけるように成ります。
帰りは道に迷いました。

走行距離161キロ

komacycle at 19:52|PermalinkComments(0)永田 誠太郎 

5月29日 in都民の森

こんにちは、今日寝坊してすごい焦りながら準備してるとガーミン充電切れてるのに気がついて死にたくなりました。
どうも、小嶋です。

前述の通りバタバタでなんとか是政へ。
まぁ、普通に間に合ったんですが…
今日は富家さん、樫木さんが来てくれてハードモードの予感。
(樫木さんとは卒業してからの方が練習してる気が…)

全11人と人数がいたので5.6と二手に分けて都民の森へ挑むことに。
コンビニで首都大に遭遇。
首都大の吉田さんに「ブログ見てるよ」と言われて背中に汗が…

自分は後発組。
富家さん永田リアル鈴木押江と自分の5人。

未だ富家さん他に「対向後続」でイジられても動じない強靭なメンタルは手に入れることができていない…

登りだすと押江のボトルに水が無いことに気がついたので一本貸してあげた。
分岐で後輩2人がいなくなって程なく永田もいなくなり、自分はS字の下りで富家さんに置いていかれる。

置いていかれてから1人ぽっちになって頑張るものの性来のダメ人間が出てしまってペースが落ちる。
一定の負荷で登る、という事を言い訳にしてしまったのは良くない。
またカッコつけてボトルを貸したせいで水が足りなくなって尚ペースが落ちた。
慣れないことはしないことである。

残り3kmくらいで永田に追いつかれてモチベーションが回復してペースアップ。
そのまま離して頂上へ。
その脚があるならもっと追い込まないといけなかった。
1人になると追い込めないのは悪い点。
もっともっと自分に厳しくしなければいけなかった。

登り終わってから先発組と後発組の順番を逆にすれば上で待つ人の負担が減ったなぁと思った。
次回は考えなければ。

下りは先頭で下った。
真後ろにぴったり古川につかれてヘマができないなぁというプレッシャーを感じた。
下りでは調子こいて重いギアをバンバン踏んで体に負担をかけてしまった。
無理すると腰にすぐ跳ね返ってくるのにすぐ調子こくのもまたよくない。

下っている途中で岡田が落車してしまった
先輩部員はある程度人数いたのに後輩が落車してしまったのもよくなかった。
落車させないように考えないといけなかった。

帰りに岡田に家に寄らせてパッドを少しあげた。
自転車で落車した擦過傷やらその他のケガを見たり処置してきた経験は部内でもトップクラスだから能書きを垂れるくらい許されると信じたい。

今日は反省することばかりで、振り返るのがちょっぴり辛かったけれどしっかり改めることは改めて少しずつでも成長していく。

komacycle at 19:29|PermalinkComments(0)小嶋 翼 

身から出た錆

今日は都民の森まで向かう練習でした。
行きにチェーンが外れたとか脚が変だとか関係なく、焦りで部の連絡をするのが遅れ、練習以前の問題ができてないことが自分の中の反省点であった。
1人で都民の森まで向かうことになったが道に戸惑い遠回りして追いつけなかった。
五日市を越えた辺りで急にまた脚が変になり檜原村に入った時は寒気と気持ち悪さでつり出した。
かなり時間がかかって途中、帰りで下ってきた皆んなと出くわした時、自分も下りたくなったが都民の森までは行きたかった。
到着して1人で休憩を取っ出た時、精神面と体調管理ができてない、今日の練習に参加していたメンバーに申し訳ないと感じた。

komacycle at 18:10|PermalinkComments(0)平邑悟史 

6月28日土曜日

6月28日土曜日
朝5時から高尾山の大垂水峠に向けて出発!
大垂水峠に着いてからは大垂水峠を3往復した1人でやるのはなかなかきつかった。
午後2時頃に帰ってきてそのあとトレーニングジムにいき胸と肩中心のメニューをした。


komacycle at 17:26|PermalinkComments(0)檜山広貴 

2016年05月28日

5/28

こんにちは、押江です。
今日は鈴木さんと朝国際に行ってきました。

ぺぺレ休憩レレ

坂でもアウターで登れる事がわかったのでこれから
は活用していきたい。前回の土曜連よりかはついていく事ができたので良かったと思います。

練習後はスタバへ行き大急ぎで帰りました。

komacycle at 13:04|PermalinkComments(0)押江俊樹 

501


▪︎ 多摩川沿道 dst45km TSS.61

どこを走ってても追い風が吹いていたので、楽しくなって頑張ってしまった。明日は人生で最も辛い40分間を体験することになるだろうけど、調子がいいので、気絶するくらいは頑張ろうと思う。乞うご期待。

komacycle at 11:50|PermalinkComments(0)渡邊 雄太 

5/27(金)夜ローラー

永田です。
今日もローラーです。
アップ10分+プログレ5セット+10×10+ダウン
膝の調子が良くないと思ったら、
こいでて大丈夫だったので、普通に練習しました。
コツコツと練習していきます。

komacycle at 01:06|PermalinkComments(0)永田 誠太郎 

28日(金曜)

山崎です。授業終わりにローラーを回しました。
短時間でしたが、新にメニューを組んでもらい、近くで煽ってもらいました。

komacycle at 00:43|PermalinkComments(0)鈴木拓海 

歩いて帰ろう

鈴木です。久しぶりにローラーしました。

パイオニアがアップグレードしてくれとうるさかったので、アップグレードしてやりました。

ニューパイオニアはタバタが出来るらしいので、早速やってみた。

10mアップ→20s-10s×8→10mダウン
5mアップ→20s-10s×8→5mダウン
の2本

明日は夕方からバイトなので、朝練した後に洗車でもしようと思う。

明日の夜は月が見れるらしいので、歩いて帰ろうかな


komacycle at 00:21|PermalinkComments(0)佐藤 新 

2016年05月27日

5月26日 in駒澤

こんにちは、月末金欠症候群に発症してる小嶋です。
おカネのことばっか考えてるのはツライですね…

さて、今日は部室でローラー。
アップ10m
プログレ22m
ダウン5m

120回転固定。

最近後半負荷がかかってないような気がしていたので時間を長くしたんですが…
後半完全にタレてしまって110回転以上出せなかったのでメニューをもう一度考えないといけないと思います。

本当は2セットするつもりだったけど、
体調があまりよくなかったこともあって気分が全然乗らなかったので、1セットで切り上げた。
いわゆる戦略的撤退。
まぁ、こんな日もあるでせう。

明日も頑張ります。

komacycle at 11:49|PermalinkComments(0)小嶋 翼 

2016年05月26日

26日の木曜日

5月26日


strava始めました。森です。


昨日は伝統の名栗インターバルをする予定だったが、疲れがかなり残っていたので回復走に変更。
50分くらい流した。


そして今日は須崎と練習。牧馬峠へ向かった。

・牧馬峠 10:19 298w

中盤までは320wほどで登っていた。しかし下りがあることや、ゲートを過ぎてからは流したのでタイムと出力は思ったほどでてない。久々すぎてコースを完全に忘れていたので、また近々リベンジしたい。

・裏垂水 9:20 312w

3分の2くらいを須崎にひいてもらっちゃったが、自分が引いてる時はかなり踏んだ。最後までペースを刻んだ。


帰りは浅川からのんびり帰った。木祖村前なので軽めの練習になりました。


dst 107

komacycle at 23:31|PermalinkComments(0)森 勇太