マシン練習専用卓球場『卓トレ』の日誌

「いつでも、ひとりで練習できる卓球場」という新しいコンセプトの卓球練習スペース『卓トレ』。最新卓球マシンを常設し、マシン使い放題。 新規開業から運営までの記録を日誌風に綴ります。 現在、会員大募集中!!

さてさて、やってきました両国国技館。

昨日、ついに日本発の卓球プロリーグ「Tリーグ」がここ両国国技館で開幕し、
男子の開幕戦が行われ、本日は女子の開幕戦。

残念ながら昨日はスケジュールの都合で観戦できませんでしたが、
本日女子の開幕戦を観戦に行ってまいりました。


そう、ここは両国。両国国技館といえば言わずもがな大相撲の聖地。

もちろん駅のホームからはこんな光景や、

IMG_0608

こんな光景が当然にチリばっている町。

IMG_0609

そんな中で、Tリーグの開幕戦をなぜ国技館で?と疑問に思うわけですが、理由がわかりました。

「卓球を日本の国技にしたい!」by 松下チェアマン

という熱い思いが込められてのオープニング会場選定だったようです。
その熱いこだわりに拍手をおくりたい!


両国駅から国技館は、駅前ともいえるほどの近い距離ですが、
相撲の光景から一転、Tリーグ各チームのぼりが! 

IMG_0610

否が応でも盛り上がってきます。

入口付近では定番のグッズ販売が。お客さん列をなして並んでます!

IMG_0613


レプリカユニフォーム9000円とそこそこ良いお値段ですが、TT彩たまと岡山リベッツは既に完売! いやはやプロリーグっぽいです!

IMG_0614


全然関係ないですが、こんなポスター発見。
IMG_0616

御年76歳。ちなみに私、ポールと誕生日が一緒なんです(笑)
また日本に稼ぎに来られるようですね( ´艸`) ドームでもやるんでしょうか。


本題に戻りまして、いよいよ会場に入場すると、Tリーグメインスポンサーは「東京ばな奈」で有名な(株)グレープストーンなのですが、なんと来場者全員に「東京ばな奈5個入り」がプレゼント! 
IMG_0639

結構嬉しいサプライズ♡

入口付近には多くのお花も飾られて、おめでたムードが一杯。

IMG_0620

けど、そうそう。忘れちゃいけない、ここは国技館。
こんなのとか。
IMG_0621

こんなのとか。
IMG_0627

こんなのとか。
IMG_0635

売店上の掲示物がシュールすぎるぞ!


そしていよいよ場内へ。
ド派手!!
IMG_0622


1Fは、なんと升席スタイル。
国技館だから当然といえば当然ですが、独特の雰囲気ですね、これは。
まさか靴を脱いで座敷で卓球を見るとは!
IMG_0628

エンターテイメント性を重視した会場作りがとても美しい。
IMG_0623

私は、ここ国技館に大相撲を見に来たこともありますが、よくぞあの国技館をここまでピカピカに飾った!と感心してしまいました。


そんなこんなで、いよいよ18:30。オープニングイベントがスタート。

昨日の全体のオープニングイベントは全チームのキャプテン登場がありましたが、
今日は本日試合をする日本生命レッドエルフとTOP名古屋の選手のみの登場でした。

昨日と変わらず?「スタンディングオーケストラ」軍団が大音響の生演奏でキメてます。

IMG_0641
IMG_0642
IMG_0646

そして、生演奏に乗っての両チームの選手入場。
IMG_0647
IMG_0649

天井からの大画面で選手の表情も良く見えます。
IMG_0651


そしてラスト、中央に吊られていた白い緞帳(どんちょう)が落ちて、
中からスポットライトを受けた卓球台が現れるという演出。

IMG_0652

入口付近に飾られていた祝い花の名札から察するに、今回のイベント演出は電通さんですかね? 
どちらかというと重厚なコッテリ系の演出は世界一のリーグを目指すTリーグの船出にはマッチしていたと思います。(違ってたらごめんなさい。。)


そして場内の高揚感も一気に高まり、いよいよ試合の始まりです。

ちなみにTリーグのマッチ方式はこちら。

IMG_0655

レッドエルフ:平野/常VS名古屋:森薗/呉 のダブルスマッチからスタートです。
(ちなみに試合中の撮影は禁止ですので、ここからは文字のみのレポートご容赦。)

しかしこのダブルスマッチ、2ゲーム先取で終了なのですが、おそらく15分くらい? 
あっという間にレッドエルフが2-0で勝利。

昨日の男子もそうでしたが、あきらかに両チームとも緊張?で足が地についてないような感じのうちに試合が終わってしまったような感じでした。

会場自体の雰囲気もオープニングイベントのウキウキが落ち着かないまま。
ま、これも開幕戦、仕方がないのかもしれません。


そして第2試合は、レッド:早田VS名古屋:チェン。

台湾の世界ランキング7位の強豪チェンに、早田が挑む形に。
(ちなみに早田のランキングは31位)

1ゲーム目はチェンがベテランの凄みで早田を圧倒。
11-4で軽く奪取したので「あー、このままいくのかな」と思いきや、なんと早田が2ゲーム目から3ゲーム連取の大逆転勝利!

後からインタビューで知ったのですが、早田はチェンに一度も勝ったことがなかったとのことで、この大一番、大舞台で大仕事ができる若さのパワーというか、シンプルに感心しました。

しかし彼女は体格にも恵まれて本当にパワフル! 生で見ると、特にフォアドライブのパワーは素人目から見てもトップクラスなのではないでしょうか? 東京五輪を控え、本当に楽しみな選手ですね。


そんなこんなで、レッドウルフが2連勝で勝利にリーチ。
この時点で20時。試合開始から1時間経過です。


Tリーグは試合のスピード化のために、マルチボール方式(ボールを選手がいちいち拾いに行かず、審判から都度ボールが渡される。テニス方式。)と、20秒ルール(サービスは20秒以内に打つべし)が採用されています。

確かにマルチボール方式はテンポよい進行に有効でしたが、20秒ルールはなかなか選手も慣れていないので対応が難しいのでしょう、20秒を超えてしまうケースが頻発していましたが、特に審判からお咎めはなくそのまま進行されていました。このあたりは今後レギュレーションの見直しが少し入るのかもしれません。


さて、ハーフタイムを挟み、3マッチ目スタート。

結果的に本日の、いや、私のいままでの数少ない卓球観戦経験の中でも、間違いなく『ベストバウト』の一つとなった、レッド:平野VS名古屋:ソヒョウォン が始まりました。


いやー、感動しました。来てよかった!


10-12 / 11-9 / 12-10 / 10-12 / 13-11

なんと5ゲーム中4ゲームがデュースになるという文字通り激戦。

もうスコアを見るだけでその壮絶さが十分伝わると。

これ、今日は地上波で放送していたと思うので、見ていた人も多かったと思うのですが、こんな試合が見れるとなると、Tリーグのエンタメコンテンツとしての期待値も、うなぎのぼりになったのではないでしょうか。それくらい素晴らしい試合でした。

平野選手の強さは当然に知っていた訳ですが、恐縮ながら、私、ソ選手という方を今日の今日まで存じ上げなかったわけです。。

そのソ選手、高々とボールを上げてから、打球の寸前で変幻自在に変化させるサービスから、すっと後陣に下がり絶妙なカットでミスを誘うかと思いきや、少し甘くなった平野選手のループドライブには果敢に中陣に進んでドライブ(スマッシュ?)で仕留めるという、その美貌に相応しいなんとも鮮やかなプレイに、思わず声を挙げずにいられませんでした。

もちろん平野選手も凄かった。

今回、モニターにはときどき、打球した時のボールの初速スピードが表示されるのですが、なんとソ選手の強烈なドライブをカウンターで返したそのスピードは80Km!!

これ、昨日の男子の試合でも同じように表示されてましたが、確か80Kmは一度もなかったと思います。どんだけ凄いねん。。。

結果的に、大接戦を制したのは平野選手となったわけですが、場内は大変な盛り上がり。両者に大声援。これぞプロリーグ!という最高の試合になりました。松下チェアマンにんまり?


これでレッドエルフが3連勝となり、本日の試合の勝敗は決した訳ですが、これもTリーグ独自の方式で、必ず4マッチ目も行います。で、4連勝すると勝ち点が+1(通常勝ち点は3点ですが、それが4点となる)となることで、消化試合化させないという工夫がされています。

ということで、本日最後の試合となる4試合目。

レッド:陳VS名古屋:サマラ

3試合目が熱戦で1時間ほどかかり、この時点で21時を超えていました。
平日ということでお勤めの方など考慮して開始が19時となっているのかもしれませんが、もう30分でも早くスタートしてもいいかもしれませんね。

そしてこれまた恥ずかしながら、お二人とも本日まで存じ上げない選手でありましたが、サマラ選手は2015年欧州チャンピオン、陳選手も台湾のリオ五輪のオリンピアンという、実力者でいらっしゃいます。スイマセン。。

特にサマラ選手はルーマニアの選手で、現状Tリーグ唯一の欧州選手とのこと。
場内からの歓声も多く、人気選手なのだということはすぐにわかりましたが、たしかにプレイスタイルがカッコいい。

171㎝の長身から繰り出す中陣からのドライブは、まさに男子並みの迫力を感じました。

そして、今や前陣速攻が主流のなかで、中陣でのラリー重視のスタイルが、そのスケールの大きさを感じさせて見ていて大変面白かったです。ソ選手同様、サマラ選手にもすっかりファンになってしまいました! 

エリザベタ・サマラ。なんか名前もカッコいいですよね。

そんなこんなで、Tリーグ女子開幕戦、予想以上?に大変盛り上がったのではないかと思います。
もちろん選手が素晴らしい試合を見せてくれたことに尽きるわけですが、スポーツコンテンツとしての見せ方にも相当な意識とお金?がつぎ込まれていて一定の成果があったと思います。

しかし、開幕イベント効果が消えるこれからが、間違いなく大変になります。

観客数、公式発表では昨日が5624人、本日が4572人。もちろん、従来の卓球の試合から比べると段違いの集客な訳ですが、正直言うと場内は関係者か招待客かというような同じような雰囲気のグループが多くみられましたので、果たして一般客がどの程度だったのかはよくわかりません。

加えて最大の懸念は、これから各地の『体育館』で行われるであろう試合において、如何にエンターテイメント性を発揮できるのかという点かと。

さすがにこの2日間、国技館で行われたショー的コンテンツ(音響・映像・ライティング・MCなどなど)を各地で行うのは、設備面、予算面、両面から不可能なのだと思います。おそらく。

とはいえ、まさかいきなり、体育館の蛍光灯の下でパイプ椅子に座ってスリッパ履いて、、、ということにはならないとは思いますが、果たしてどこまでエンタメ感を高く維持できるのか??

現代のスポーツビジネスにとって、客にとって魅力的な場となる「スタジアム」は必須になりつつあります。今日のような素晴らしい試合が、素晴らしい環境で行われていけば、着実にファンが定着してきて、まさにTリーグ構想が現実化してくるのではないか?そんな期待に胸が膨らむ一日となりました。
IMG_0666


まだご覧になっていない方も、是非卓球を知らない人を誘って、試合を見に行きましょう!
そしてみんなで、Tリーグを応援していきましょう! 


いよいよGW直前となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

そんな最高の天気が予想されるGWの初日、今週28日(土)に卓トレ講習会が開催です。

さすがにこの日を選んだ運営者(私、、)が悪いのですが、、

ほんとに直前ではございますが、『人混みを避けて卓球を!』という方は、是非少数(おそらく?)でゆっくりとレッスン受けませんか!! 

お申込みは、
takutore2015@gmail.com
卓トレ事務局まで。

*講習会概要

【午前の部(10時~13時 180分)】

より実戦的なテーマでのレッスンです。定員を4名×2班と抑え、コーチとフリーに打ち合いながらの指導時間を十分に確保いたします。
(1班が1台で指導を受け、2班が2台で自主練習。30分毎交代)

【午後の部(14時~17時 180分)】
初心者の方から中級者の方まで、幅広く参加可能な内容です。参加者のレベルに合わせた個別の指導を、マシンを活用することで生徒の横について行うことが可能で、まさに文字通り「手取り足取り」の指導を行います。(1班が1台で指導を受け、2班が2台で自主練習。30分毎交代)

曜日毎月原則第4土曜日
時間

午前:10:00~13:00

午後:14:00~17:00 

内容

【午前の部】

4名×2班 定員8名

【午後の部】

5名×2班 定員10名

コーチ谷口あおいコーチ
料金

午前の部:会員価格3,800円

午後の部:会員価格3,000円

(*非会員の方は+500円となります)

会場卓トレ 世田谷経堂店

新年あけましておめでとうございます。
みなさま、良き新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

平成27年5月に1号店を世田谷経堂でスタートした『卓トレ』も、今年は、はや4年目に突入することとなります。

お陰様で店舗も4店舗となり、『無人管理』『マシン練習専用』『24時間営業』という風変わりな卓球場が、多くの会員の皆様、関係者の皆様に支えられながら、なんとかここまで運営を継続させて頂いることに、改めて、感謝、感謝でございます。<(_ _)>


卓球界の門外漢だからこその発想で、本年も、少しでもみなさまの為になるサービスの提供に尽力してまいりたいと思っております!!

2018年も『卓トレ』のご支援、何卒よろしくお願いいたします!!


2018年1月
卓トレ代表 石原幸一(戌年年男!)


PS. 我が家の愛犬です。戌年よろしく!
04




↑このページのトップヘ