トップページ » マルホランド・ドライブ

マルホランド・ドライブ 5

鬼才デイヴィッド・リンチ最新作、様々な欲望が交差する美しくミステリアスなアンダーワールド…。

L.A.の北部を通るマルホランド・ドライブで車の衝突事故が発生。ただ一人生き残ったブルネットの女性(ローラ・エレナ・ハリング)は記憶を亡くし、女優の留守宅に身を潜めていた。しかし女優を目指し田舎からやってきた姪ベティ(ナオミ・ワッツ)に見つかってしまう。彼女はベティに事情を話し、リタという仮の名前で彼女の力を借り、自分探しを始めるが、それは恐ろしい出来事の幕開けだった…。前作『ストレイト・ストーリー』がリンチ作品としては異例の心暖まるヒューマンドラマとして大きな話題と感動を呼んだデイヴィッド・リンチ。しかし本来の彼の作品は、『ブルーベルベッド』や『ツイン・ピークス』といった怪しく妖艶で謎めいた物語が代表的。まさにリンチ・ワールドといえる難解なストーリーに魅せられたリンチファンにとっては本作は、ある意味、待ちに待った待望のミステリー・サスペンスだろう。
(by excite CINEMA)

 私の初めてのリンチ作品は、「イレイザー・ヘッド」でした。かなりの衝撃を受けたのを覚えています。そして、「エレファント・マン」。

 この作品は、またもやかなり衝撃でした(^^;)
リンチ作品ということで、多少覚悟はしながら観ていたのですが、
久しぶりに難解な映画にぶつかった気分と、観終わった後の、何ともいえない気持ち悪さ(すっきりしない感じ)がちょっと懐かしかったです。
 
 1度で理解するのは難しいと思います。
 2度観れば、きっと分かるはずです。
(私はホーギーさんのブログを観て、もう一度観直したら分かりましたよ!)

 とにかく、ナオミ・ワッツの演技がすばらしいです。

(以下ネタバレ注意!)

このブログを気に入ってくれた方!ポチっとお願いします。→人気ブログランキングへ

マルホランド・ドライブ [DVD]
マルホランド・ドライブ [DVD]
クチコミを見る


 これは、まず、時間軸がずれているので、途中で「?」ってなるんですよね。

 最初が妄想(夢想?)の世界で、後半が現実の世界&回想の世界です。

 最初、あの青い箱の後目覚めたナオミ・ワッツが、ナオミ・ワッツに見えませんでした。
 前半の、はつらつとした、キラキラした顔の彼女は、そこにはもういません。

 嫉妬と、絶望にうちひしがれた、疲れきった顔の彼女がそこにはいます。

 そして、そこから今度は、カミーラ殺害へと向かう回想シーンに入っていくんですよね。

 全体の映像展開がすばらしいと思いました。

 最後の、自殺に追いやられるシーン(小人の老夫婦が大きくなって楽しく笑いかけるシーン)は、なんとも不気味で、狂気に満ちていました。
 そして、その時のナオミ・ワッツの演技!!!これが「21g」に繋がるんだなぁとしみじみ。

 何か、謎解きのような気分になります。
 癖になる映画です!

 青い箱の意味は・・・私にはよく分かりませんでした(;;)

☆この映画の解説を、とても分かりやすく示してくださったホーギーさんに感謝です!→ホーギーさんのブログ

このブログを気に入ってくれた方!ポチっとお願いします。→人気ブログランキングへ



トラックバックURL
トラックバック
1. マルホランド・ドライブ  [ <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅 ]   2009年02月07日 10:50
【公   開】 2002年 【時   間】 146分 【製 作 国】 アメリカ 【監   督】 デヴィッド・リンチ 【出   演】 ナオミ・ワ...
コメント
1. Posted by ホーギー   2009年02月07日 10:58
こんにちは、ホーギーです。

いつもご丁寧なコメント&TBを頂き、
どうもありがとうございます。
そして、私のブログの記事のリンクを貼って頂き、
とても嬉しいですし、光栄に思っております。
お心遣いありがとうございました。

仰るとおり、目覚めたナオミ・ワッツが、全く違う表情になっているあたりは、本当に彼女の演技力の素晴らしさに圧倒されました。
私はリンチ作品は本作がはじめてだったのですが、
仰るとおり、癖になりそうです。

では、応援して帰りますね。
それから、ちょと気がついたのですが、
ブログランキングのリンクは別窓(別のページと
して開く方法)で設定された方がよいと思います。
そしないと、ランキングのページを閉じると
こまさんのページも一緒に閉じられてしまうので。

では、また、遊びにきますね。
2. Posted by こま   2009年02月07日 12:40
ホーギーさんいつもお世話になってます(*- -)(*_ _)ペコリ

ランキングの件、アドバイスありがとうございました!
早速、別窓で設定してみました!
ありがとうございます☆
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星