森の温泉~駒の湯温泉通信

宮城県北の栗駒山にある駒の湯温泉は、1618年に開湯し、戦後満州開拓の引揚者の方たちを受け入れた旅館を、2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土石流で7人の尊いいのちと共に失いましたが、2015年10月、お陰さまで3,4人程度の小さな湯船の湯小屋を冬期以外、営業再開しました。38から39度の弱酸性の硫黄泉でぬるめの源泉をそのまま使った、かけ流しの温泉です。                                       全てを失ったと思ったのが、源泉が復活し温度も徐々に上がり湯量も増え、入れる程度になりました。日帰り温泉を2015年10月から、北海道幌加内のそば粉で十割蕎麦を自ら製麺してそばカフェを2016年8月から始めました。冬季休業後4月29日~本格的に営業開始。よろしくお願いします。               旅館は無理でも、次世代に400年の温泉と森を残そうと、家族二人でがんばっていますので、応援をお願いします。               山で一緒に活動したり、暮らす人が増えたらと願っています。温泉に入りながら、楽しみながら小屋つくり、森の再生などの活動をしませんか?      公式HP:http://komanoyu.net/ 連絡先:komanoyu@docomo.ne.jp   Facebookを始めました。写真を是非ご覧ください。             みやラボの紹介文はhttp://www.miyalabo.jp/shop/shop.shtml?s=7494                                             駒の湯探訪記http://achikochi.takema.net/kokunai6/2017_3narugokomahijiori/2017_3narugokomahijiori3.html

HP:http://komanoyu.net/
ぬるいお湯は弱酸性の硫黄泉をフィルターも通さず、加水も加温もせず、そのまま使用しているかけ流しのお湯です。お湯そのものを楽しんでください。
日帰り湯小屋、蕎麦カフェは、10時から17時営業。水曜、第2,4木曜定休。
様々な活動のボランティアを随時募集してます。事前にご連絡をお願いします。
7月15日~17日で、様々な作業のボランティアを募集中です。
くりこま絆の森プロジェクトの苗床手入れは7月5日(水)、8月9日(水)9時半~午前中作業。植樹祭は10月18日(水)の予定。
募金振込先:郵便局からお振り込み
口座記号番号:02270‐3‐120067    加入者名:駒の湯温泉復活応援団
連絡先 komanoyu@docomo.ne.jp    ℡/fax0228(46)2110
Facebookも始めました。https://www.facebook.com/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C-%E9%A7%92%E3%81%AE%E6%B9%AF%E6%B8%A9%E6%B3%89-916440765129144/

7cce5a92.jpg

050e719b.jpg

ひんやりしますが、風もなく、穏やかな朝です。
雲一つありません。気持ちのよい快晴です。
梅雨とは思えない程、予報も一日晴れです。

10時~17時まで営業しますので、是非、お越しください。
蕎麦も仕込みましたので、是非、お召し上がりください。
よろしくお願いします。

f899f17b.jpg
本格的な作業で、今日の作業ではほとんど変わらないですが、
来週は絆の森の会議、作業の後、大工さんのところに行って
ペンキ塗りをして、再来週に本格的に作業するようです。
自分で作業する分があると工事が遅いですが、それでも少しでも
安くしようとしてくれている、大工さんの気持ちがうれしくて有り難いです。

そんな中、何度か遊びに来てくれているご夫妻からの差し入れがあり、
本当にうれしく、いただきました。
助っ人に来てくれた人たちとも一緒に食べられたら…と思っています。
そう言えば、そうめん好きな人がいたなあ…
それに、おそばが食べれない、仲良しさんもいるので、助かります。

お福分けできる、幸せを分け合える…って、本当に幸せだと思います。
8df80cfb.jpg

子どもたちの貧困はもう少し、分かち合いという個人の領域以外に、
社会全体で考えられるようにしなければ、追いつかないでしょう…
今は自分たちですらようやっと立っているだけで何もできないけれど、
しかし、必ず、何かできる日が来ると信じて、
食べ物や森や山、水を守っている人たちとのつながりを大事にしていきたい…

携わってくれている人たちが元気でいる間に、様々な人とつなげていけるように、
発信をしていきますので、よろしくお願いします。

河北新報の記事
http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201706/2017062701001072.html

子どもたちのための支援団体の支援について
http://kodomonotayoriba.kahoku.co.jp/#.WVPXyKp5LDg.facebook




871f83c6.jpg
忙しく働いても、ちょっとしたホッとした時間があれば、
また、頑張っていける…そんな空間や時間を提供できたら…と思っています。

マザーテレサのことば、
「何を為したかではなく、どれだけこころを込められたか…」を、
こころしているのですが、なかなかできずにいます。
それでも、互いに思いあう、そんな生き方をできればしていきたい…

久しぶりに作ったはずのお菓子を訪ねてきた人に喜んでふるまえる…
ご自身も被災されたご夫妻に本当の意味の「おもてなし」を見ます…。
自分がおいしいと思い、食べたいものを提供したいし、
いただいたものを「お福分け」するのも、いただいたのがうれしかったからで、
貧乏性なので、ついつい…のところが出てしまい、苦笑するばかりですが、
一緒に、おいしいものを分け合える幸せ…は、何物にも代えがたい…
だから、「こちらこそ、ありがとう」なのです。

愚痴だったり、泣き言だったりしても、生きていくために何が必要か…
共に考えられたら…と思っています。
何もできないけれど、分かち合う気持ちだけですけれど、
でも、一人にしておけない…
それはかつて、独りぼっちに思えて苦しかった自分に手を差し伸べて
くれた人がいて、その気持ちの「お福分け」なのです。
何もできないけれど…でも、ずっと、ずっと、心配し、思っています…
そのことは、忘れないでほしい…

b8dd0086.jpg

55be3521.jpg

ひんやりした風のない、静かな朝です。
曇り空ですが、見通しは明るく、山頂まで見えています。

急用のため、臨時休業しますので、よろしくお願いします。
また、明日28日は、定休日ですので、お休みします。
29日木曜は、また営業しますので、よろしくお願いします。

73368447.jpg
県有地では絆の森としてプロジェクトが動き、最近緑化が進みました。
しかし、それ以外の場所、私有地については予算がなく、人手もないので、
手芸品やtシャツの販売で賄う事にしました。
どうか、ご協力ください。
なお、植える作業の方のお手伝いも募集しています。
よろしくお願いします。

f585328a.jpg
栗駒絆の森プロジェクトでは県有地になった河川敷などの緑化が主で、
駒の湯湯小屋周辺の土地は、対象から外れています…
とは言え、湯守にとっては、どこも、生まれ育ち、自分も守った、
駒の湯温泉という事で、ただ個人ではかなり厳しい…

お手伝いをお願いしています。
音jazz鳴夜のオーナーさんが花の苗をくださったので、
これを植える作業のお手伝いを募集します。
休業日以外の日で、作業いただける方は、ご連絡ください。
よろしくお願いします。

なお、7月5日は絆の森プロジェクトの作業日ですが、
一般の方のお手伝いも募集しています。

2232b05a.jpg

315ce14d.jpg

ひんやりしますが、気持ちの良い朝です。
風もなく、穏やかな一日の始まりです。
10時~17時まで営業しますので、是非、お越しください。
蕎麦も仕込みましたので、お召し上がりください。
皆さまのお越しをお待ちしています。

cd18f1f1.jpg
物語を残せる人とそうでない人がいます。

駒の湯に関わってきたのはこの一家だけではなく、
関わってきた、頑張ってきた人たちのその痕跡を残したい…
今日は、駒の湯をわざわざ手に入れた、
曽祖父を知っている人が訪ねてきてくれました…
400年をまとめようと東京の大学生が動いてくれた直後に…
不思議な動きで、怖いほどです…

ブログは…味方になる人が見えてこなかった時に、少しでも
わかってもらえる人を見つけるために発信しました。
そして、それはすぐに発揮され、幟を作ってもらったり、
手伝いに来てもらったり、「読んでるよ~」と言ってもらったり…

湯守と湯守が守ってきた温泉を守りたい…
そのことが、誰かの明日の幸せにつながると信じているからです…

温泉は大地の恵みを、エネルギーを体に取り込める簡単な方法で、
強すぎない駒の湯はこどもでも入りやすい上、ゆっくりできるので、
癒しの効果が大きく、疲れたからだと辛い心に効くと実感しているので、
是非、ぬるいだけでなく、ぬるいからこそ、の良さを知ってもらい、
その温泉を、皆さまの力で守ってほしい…のです。
駒の湯で生まれ育った人が守れなくなっても、この温泉を忘れないでほしい…
ほんの少しでいいのです、力を貸して欲しいのです。

a7dce237.jpg
助っ人の一人が山登り…良い天気でした。
駒の湯宣伝部長??の着ているTシャツを販売します。
色は、濃紺、濃いピンク、オリーブ色…と三色、
サイズはS、M、Lです。
P1440899


駒の湯応援団で版代を持ってもらっていますので、
2000円でお分けできます。
湯小屋周辺の緑化活動の資金に充てさせていただきます。
お買い上げいただきたく、よろしくお願いします。

3d64887a.jpg

fd17b24d.jpg

曇り空の朝です。気温は天気の割に暖かいです。
曇のち時々雨…の予報ですが、梅雨時期…です。
良い方の天気でしょう。
栗原に濃霧注意報が出ていますが、里だけに霧が出ても
山が霧で、霧でなくても霧だと思われて、お客さんが少なくて…
とても不思議に思うことがあります。

10時~17時まで営業しますので、是非、お越しください。
蕎麦も仕込みましたので、是非お召し上がりください。
お越しをお待ちしています。

a5bccbd5.jpg
たくさんの人が戦争でなくなるのも、たった一人の大切な人が
目の前で亡くなるのも、どこにいるかわからなくなって探すのも、
つながりを切られていなくなるのも…残された者の人生は変わらざるを得ない…
どんな出来事も、重さに変わりはない、その人にはとても重要なこと…

平均的な身体に特に病気もしたこともないし、目立ったこともないし、
目立とうとも思ったこともない…平凡な人生で一生が終わると思う事もない日々…
それがあるときを境に、体は丈夫でも様々な出来事が次々を起こって…
何とか立ち直るのに必死に苦闘してきた…

戦争の悲惨さや事故事件、病気や手術や様々なこと…
他人の事を自分の事のように考える方だと思っていた…
だが、内陸地震の駒の湯の様子を見た時、
自分でびっくりするほどショックで、動けなくなってしまった…
取り残された湯守親子の現状をわかってもらおうと、こちらに来た…

そんな時に自分が倒れてしまった。当初は普通の食事もできなかった…
汚く縫われた開腹手術痕が未だに痛むし、見るのもつらい上、
お腹に力が入らないので作業ができなくなり、困ってしまった…
仲間を作るしかない…と呼びかけて、少し見えてきたころ、
前兆無しでクモ膜下出血で倒れ、当初は高次脳機能障害になるかも…と言われ
本当に困ってしまった…今は、手が痛くなる程度のことですんでいるが…
だが、血圧が上がるような重いものを持つなど、作業自体が怖い…

手術直後は冬季閉鎖中とは言え、湯守だけで湯小屋を守ることが心配でも
どうにもならず…しかたなく必死でブログに入院したと書いたら、助けてもらえた…
有難かった…だって、初めは誰一人振り向かない…と思うようなことばかりだったから…

若いころ、助けの求め方がわからなかったし、誰に相談したらいいかもわからなくて
一人抱え込んで苦しんだ…けれど、今は発信することが出来る。
もしかしたら、似たようなことで苦しんでいる人に、エールになるかもしれないし、
助けられる人につながって、助けてもらえるかもしれない…
だから、今日も書いている。きっと、わかってくれる誰かがいて、
そして、今日も無事に終わったこと…を喜び合える仲間がいると信じられる…
今日も、読んでくださって、感謝…です。

6266c8d8.jpg
今日は、初めて、ジオパークの関係の方が来てくれました。
また、役所の方や同級生のご家族も来てくれて、うれしかったです。
それでも、ほとんど蕎麦が出ず…仕込みの難しさを痛感してます。

様子を見に来ただけ…でも、温泉に入ってくれたり、お蕎麦を食べてくださったり…
という場合と、いろいろ言うだけ言ってかえってしまう…という事が多いので、
いろいろ話ができるのは有り難いし、脳トレにもなってます。

湯守が膝が痛む中一生懸命しているのが、報われない…
という事がないように…と願いながら、来てくださったお客さんの満足度が
アップしてもらえたら…うれしいです。

f6c4f813.jpg

8ea18f47.jpg

きれいな朝焼けです。風もなく、少しひんやりします。
一日晴れの予報です。
10時~17時まで営業しますので、是非、お越しください。
蕎麦も仕込みましたので、是非、是非お召し上がりください。
よろしくお願いします。

99d022cf.jpg

変化を起こしたいなら、声をあげなければならない…
マララさんが会見で述べられました。彼女のような人間にはなれません…


ブログのコメントのことでご意見をいただきます。
その度、落ち込み、ブログを止めようと思います。

しかし、もともと、駒の湯の困った現状をお知らせするブログで、苦悩を正直に
お伝えすることが大事だと思ってきました。
出来事が大きすぎて、つくろって生きられなくなったこともありますが、
同じような辛い思いをしている人たちに、
誰もが、いい日もあれば、辛くて泣きたくて、どうにもならない日もあることを
知ってもらいたかったのです。


残された者が、辛くても生き続けることで、思い出の中で大切な人が生き続けます。
生きることは修行ですが、それでもその中で、
小さな幸せを見つけて生きていくことができます。


がんばっているので、お許しください。

そして、その弱いから支援ができないと言わないでください。

孤立が一番悲しいのです…



と、そんな思いで始めたブログですが、一番は湯守の助けが欲しかったのです。

今日も膝が痛く…治療院に行くために早めに終わりましたが、

湯守の代わりはいなくても、助けてもらえるように…と、発信をしてます。

どうか、お手伝いください。

一人では荷が重い仕事です。

008f3950.jpg


工事が終わり、土日祝日でやり始め、それでも、隣のテントが自分たちの控えの場所でした。

椅子やテントなどを開催に合わせてくるまで運び…という状態で…

被災現場に来ても写真を撮るだけの人も多く…悲しく辛い日が続いてました。

地図からアメダスの観測地点の名前が駒の湯なのに、違う名前で呼ばれてしまい、

地図から名前が消されてしまい…自分たちの存在すら、無くてもいいもののように感じました。


そんな足湯の小屋を守るために、冬囲いをつけ、自分たちがいる場所をよくするために

受付小屋を常設し、テントから解放され…それが、震災から6年後のことでした。

日帰りの湯小屋ができたのは、その翌年(2015年)の10月です。


だから、足湯ないのですか?と簡単に言われると…困惑するのです…

足湯しかできなかったから、やっと湯小屋ができたのに、足湯に入りたい…と言われる辛さ…

お金をもらう事も出来ず…先行きが不安だったころ…今でも不安は不安ですが、

しかし、こんなに違うものか…と…これは、体験したことがないとわからない気持ちです…


初心を知るために、読んでいたら…自分ながらぶれていない…
最初の思いを再投稿します。(今だとあれから9年…ですが)
P1100387
先日
614日で6年経ちました。(2014年6月現在)

駒の湯の河川工事は終了は昨年秋。

当初は「耕英残れども、駒の湯残らず」の気分でした。


しかし、さまざまな応援があって、慰霊碑を建て、足湯を始め、

お客さんと再会し、やっと昨年秋に山に戻れました。

そして大地の恵みを活かして、この地でできる活動を、

被災者の方と一緒にしたいと思うようになりました。

元の湯治の湯にし、桃源郷のようだと言われた場所を、

鎮魂だけでなく、未来の人たちの水源地として、緑化を進めたいのです。


そして、被災された皆さんに伝えたいのです。

思った以上に時間がかかる、いろいろ言われても自分のペースでない、

思ったように身体や心が動かないなど、状況や思いは、一人ひとり違っていて、

時間がたつと違いが際立って、孤立しかねない。

お金も絡み、いろいろな思惑の人がいて、嫌になります。


それだけに、自分の心地いいと思うつながりを、支えを、どうか持ってください。

なければ、いろいろな人に助けを求めてください。

助けは来ます。信じてください。


私たちは自分のいのちを生きるしかないできない。

誰も代わってくれないのですから自分を大切にすることはとても大事なことです。


駒の湯でできることは、温泉に入ったり、苗木を観察したり、植えたり、

世話したりと、些細なことです。

辛くて信じられなくなったら、森の温泉に入りに来てください。

まだまだ、がれきだらけですが、山のエネルギーが温泉に融けています。

お声をかけてください。お話を聴かせてください。
お越しをお待ちしています。


 

8960388f.jpg
今日は茨城や亘理、登米の方が来てくれました。
いろいろなところに行ったことのある方から、その様々な話が聞けて、
楽しくて、たくさん笑いました…ありがとうございます。
お天気で風もないから、バイクの人もいて、バイク談議に…

その後、亘理の方たちと…
本当に、本当に、辛い話を聞かせてくださってありがとうございます。
気持ちに共感…なんておこがましい…けれど、でもでも、寄り添いたい…
ただそれだけで伺っているうちに…涙することも度々…
知らないこと…でも、共通の部分…
共感できることがあって…どうか、ほんの少しでいいので、

被災地で遺族のその気持ちを、怖がらず…聴いてほしいです。
大事な人を亡くしたり、大事なものをなくしたりすることは大なり小なり、
誰しもあることですが、感じ方はそれぞれ…
でも、聴こうとする気持ちは相手に伝わるもので、
この前にお目にかかったご遺族と共通したのは、
意見を聴いてもらえなかった…ということでした。

相手の立場に立っているから思っているからいいのではなく、
話を聴こうとする気持ちが大事なのだと思います。
人は誰しも主体的であろうとするものですから、
物語の主人公は、その人自身でなくてはならないはずです。

だとすれば、おのずと答えは見えてくるはずですが…
声なき声は…聞こえてこない…ではなく、聴きに行ってほしいのです…

706f6094.jpg

bb2708a0.jpg

きれいな雲が浮かぶ青空です。
寒くも暑くもなく、風もありません。
一日晴れの予報です。山登り、駒の湯日和です。
10時~17時まで営業しますので、是非、お越しください。
蕎麦も仕込みましたので、是非、お召し上がりください。
お待ちしています。

e52764f6.jpg

98d59450.jpg

1fbb98f0.jpg

いつも小物を作ってくれる方がたくさん作ってくださいました。
袋づめでき次第、並んでますので、
ご覧の上、お買い上げください。

この資金は、湯小屋周辺の緑化や庭づくりに使いたいと思います。
私有地なので、資金集めにしたいと思います。
また、植える作業も、ボランティアを募集しますので、
よろしくお願いします。

ced68dfa.jpg

9689b60f.jpg

朝から強風です。曇り空で、雨は降っていません。
風のため少し寒く感じますが、冷え込んではいません。
今日はやる予定にしていましたが、強風なので、
定休日のままに、お休みします。

金曜日には、通常通り、営業しますので、
よろしくお願いします。

c18ae70c.jpg
1618年開湯なので、来年400年を迎えます。
まとめるのを手伝ってくれる東京の大学生が来てくれ、
打ち合わせや、父の聞き取りなどをしました。
資料を集めたり、まとめたりを父がしていましたが、
全て土石流で紛失…一部、発見されましたが…
それでも、まとめる力を失っているので、本当に助かります。

皆さまも写真や資料を是非、提供ください。
よろしくお願いします。

637fd7c2.jpg
イチゴのシーズンが終わるころ、先輩のところで採らせていただきます。
出荷が終わったイチゴは、収穫が遅れたイチゴがいっぱいで、
熟したイチゴがいっぱい…ジャムでは違ったものだから、
その場で食べるしかない…そのおいしさはたとえようがないほど…

さて、この作業をすると、うれしい、おいしいとはいえ、
普段の農家さんの苦労を知るきっかけでもなります。
膝が痛いのが、腰に負担がかかり…明日もお休みしないと無理かも…

本当に農家さんのご苦労を知り、感謝しながら、いただきます。
ありがとうございました。
だから、簡単にイチゴスムージーを商品化できない…と思ってしまいます。
膝や腰を痛めながら収穫し、処理し食べれるところまでするのには、
簡単なことでなく、お礼だからこそ作って出せるのであって、
それに見合うだけの金額の設定が難しいからです。

278b0cba.jpg
先日外国人の方が来られて、他の人とお風呂に入れないから、
足湯をしたい…ということらしく、拝みながら頼まれました…

温泉を、蛇口をひねればお湯が出てくる…と思っておられるのかもしれません。
他の人と入れないのなら、他でもやっている家族風呂を使っていただきたい…
足湯が好きというなじみのお客さんには、湯船に足を入れて使ってもらいました。

足湯のお湯を入れるという事は、その分、湯船のお湯が減ります…
被災した駒の湯がなぜ足湯かと言えば足湯しかできないから…で、
無料開放の時から、少し意図が違うお客さんが来られて傷つきました…
そのため、少しでもここを知ってもらいたくて発信しますが、
そのたび、ブログに書くべきでない…と言われてきました…
その通りかもしれません。しかし…

自分自身は目の前にいる相手の言動の背景にある物語を知りたい…と思っています。
もしくは、不用意に相手を傷つけていないか…と考えるために…
相手の事を知りたいし、嫌なことはしたくない…できれば喜んでほしい…と願っています。

先日も…被災者の方に思い出させるようなことを言ってしまいました…
それでも話してくださったから、一瞬でもその方と通じた気持ちに…
有難い体験でした…本当に感謝ばかりです。

そういうことを大事にしたいので、先日もブログに個人的なこと、
温泉のお客さんを呼び込むにふさわしく無いこと…を書いてしまっている…
と書くと必ず、ブログを読んだ…と言ってくださった方が来られるのです。
本当にうれしいから…有り難いから…生きていてもいいのかと思えるのです…

ここの歴史が消えてしまう…ここを利用したいだけの人たちに使われるだけで…と
父の悔しさの少しでも…と話していたら、明日に聞き取りのボランティアに
東京の大学生が来てくれることに…なりました。

語ればかなうばかりでない…というのは被災地の人たちは、現実の厳しさも、
神も仏もない…そんな状況を十二分に、そして何も言わなくても互いに理解しています。
だからこそ、被災地の被災者こそ、この地を訪れ、頑張ったね、と言ってくださり…
そして、これからも、思い合って何とか生きて行こう…と手を振って分かれていきます…

そんな場所であってほしい…ただそれだけなのです…
誰にも言えなかったこと…誰からも必要とされていないと思ったこと…
様々なことがあっても、本当はかけがえのない(代りがいない)大切な人なのです…
そのことを感じられなくても、明日に、元気に、やっていくために、
エネルギーを温泉や空気、場所から得てほしいのです。

被災したけれど、傷ついた大地に見えるけれど、木々が生き、温泉を守り、
いられるだけの場所があり、守ろうと思ってくれる人がいます。
どうか、そのストーリーを大事にしてほしい…
言霊を信じて…自分のことだけでなく、共にある人のために…
温泉はただのお風呂ではない…という事をもう少し知ってほしいです…

このページのトップヘ