森の温泉~駒の湯温泉通信

宮城県北の栗駒山にある駒の湯温泉は、1618年に開湯し、戦後満州開拓の引揚者の方たちを受け入れた旅館を、2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土石流で7人の尊いいのちと共に失いましたが、2015年10月、お陰さまで3,4人程度の小さな湯船の湯小屋を冬期以外、営業再開しました。38から39度の弱酸性の硫黄泉でぬるめの源泉かけ流しの温泉です。                                                    全てを失ったと思ったのが、源泉が復活し温度も徐々に上がり湯量も増え、入れる程度になりました。日帰り温泉を2015年10月から、北海道幌加内のそば粉で十割蕎麦を自ら製麺してそばカフェを2016年8月から始めました。只今、冬期休業中。4月末から営業予定です。 旅館は無理でも、次世代に400年の温泉と森を残そうと、家族二人でがんばっていますので、応援をお願いします。                                         山で一緒に活動したり、暮らす人が増えたらと願っています。温泉に入りながら、楽しみながら小屋つくり、森の再生などの活動をしませんか?      公式HP:http://komanoyu.net/ 連絡先:komanoyu@docomo.ne.jp   Facebookを始めました。写真を是非ご覧ください。 みやラボの紹介文はhttp://www.miyalabo.jp/shop/shop.shtml?s=7494

HP:http://komanoyu.net/
日帰り湯小屋、そばカフェは冬季休業中、4月末営業予定です。
雪かき、薪割り、配管掃除などボランティアは随時募集中。よろしくお願いします。
植樹祭4月29日(土)10月18日(水)、苗床手入れ6月7日(水)、7月5日(水)、8月9日(水)の予定です。お天気などで予定が変更する場合があります。詳細は再度アップします。
募金振込先:郵便局からお振り込み
口座記号番号:02270‐3‐120067    加入者名:駒の湯温泉復活応援団
連絡先 komanoyu@docomo.ne.jp    ℡/fax0228(46)2110
Facebookも始めました。https://www.facebook.com/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C-%E9%A7%92%E3%81%AE%E6%B9%AF%E6%B8%A9%E6%B3%89-916440765129144/

91dd5932.jpg
自分のタイミングでない時期に大きな決断をしなけばならない…
落ち込んでいる時期に大きな決断は避けた方がいい…と聞いても、
気に沿わない決断を、何度も何度もしなければならなかった…
いつも失敗しているように思え…これで良かったのか…と問う日々…

過去には戻れないから、今置かれた状況で、最善を尽くしかない…
でも、やる気が出ない、やろうとしてもどうしても出来ない日々…
そんな中で、必死にやってきたが、それが結果としてどうなのか…
迷いの日々…

これ以上に失うものはないはずだけど、
またあの苦悩の日々に戻りたくなくて…

一生懸命にやるだけやって、後は天命を待つしかない…か…
生きている限り、様々な困難に苦しむ…
それでも、生きていくしかない…のなら、
今を大切に、大切な仲間と一緒に、居心地よい所で、
こころ豊かに、暮らせたら…それだけで十分です。

0c57f2a2.jpg
いつも手伝いに来てくれる人たちがいて、本当に感謝しています。
来てくれること以上に気にかけてもらえることが、
本当に有難いし、うれしい…
用事があって来れなくなっても、気遣いのメールがうれしくて、
つながりが有難くて、本当に涙がこぼれる…

その一方、全く来ない関係者がいて、もやもやしていた…
世の中、情の厚い人が多い反面、厳しい現実も見た…
何もなくなったら、来なくなった人も多く、
哀しかった、辛かった、淋しかった…

ここを守ってきた亡くなった人たちの人生について考えると、
大自然の猛威には、神様や仏様はなぜこんなことをなさったのかと
本当に憤りしかない…あまりにもひどい…と思う…
でも、普段の苦しみは人が生み出しているのだ…

湯守が引き受けた重責に関係しながら、他人事のように振る舞い、
引き受けたものがたった一人でずっと抱えているのを気にしない…
いきさつを知って欲しい、そうすれば関係者がもう少し
気遣をしてくれるに違いないと願ったが、
関係者は、ブログも読まないから、何も変わらない…

もともと、地震がなければ、残雪がなければ、雪の多い年でなければ
あれほどの大惨事にならなかったはずが、
母親が目の前で亡くした辛さがあるにもかかわらず、
他の人のいのちについても責任を求められ、一人悩んでいる…
400年の温泉を一人で担い、やりきれない気持ちで苦しんだ…

自分が変われば相手も変わると言われ、「ありがとう」と言ったり…
「あんたのせいだ」と言われて、わかってもらうために
死ぬしかないと追い詰められた…十二指腸に、次は脳の血管に穴が開いた…
脳がやられたら性格が変わるかと思ったが人はそんなに変わらない…
その上、そんな状態でも、状況は変わらなかった…

ところが、信頼して期待するから、苦しいのだと突然、理解した…
その程度の人なのだと思えば、期待などしないのだが、
きっと、わかってくれると信じたから、期待していた。

一人奮闘するのを他人事のように言われてショックだった。
ここまでの苦労の種は、自ら望んだとでも言うのだろうか…
湯守だけが抱え、それを心配してくれる他人が助けてくれることを
なんとも思わないのだろうか?と思った…

ある瞬間、違うと気づいた…
湯守の人生を変える出来事と知りつつ、自分だけのことを考えたり、
震災の最中、混乱に乗じて、火事場泥棒するような人に
期待して説得しようとしても、わかってもらえないのは仕方ない。
大事にすべきものは…理解しない人に必死に語るのではなく…
わかり合える人たちとの時間を大事にすべきなのだと…

遠回りしたけれど、これからを大切にしたい…
まだまだ未熟ですが、どうかこれからもよろしくお願いします。

5c029af1.jpg
徴兵された父のために植えられたカラマツ…
今後、薪が確保できないので、少しずつ木を切っていきます。

Facebookで感動的な実話を拝見し…涙しました。
最近、歳のせいか涙もろいですが、涙も出ない時期もあったので、
心が動くことに感謝しています。

母の両親(自分の祖父母)は満州から帰らず、亡くなった従業員さんの
お母さんが子どもたち(自分の叔父)を日本に連れ帰ってくれたそうです。
自分のいのちすら大変な場所で、親戚とは言え子どもたちを守ってくださった…
簡単にできる事ではありません。

ある時、見た白黒の番組の実話…
戦後のある日、出稼ぎにきた高齢の男性が道路清掃の仕事中に倒れ、
救急搬送され…その時は大したこともなく、看護師長さんが気の毒に思い、
昔の事で自費でパンと牛乳を買って渡したそうです。
喜んで食べ、お礼を言って、歩いて退院していったのに、
その後すぐ、また路上で倒れ、別の病院に搬送された、
ので、どこのだれかわからないまま亡くなった…
事件性がないと、警察でなく役所の管轄で、遺体は大学病院へ…

高齢の奥さんが東北の山奥からやっとのことで、東京に行き、
やっと見つけたときには、大学病院で検体に…遺体すら持って帰れなかった…と。
とても残念な話ですが、
もしも、看護師長さんが思いやりのある、人間らしい対応でなければ、
もっと悲しい、辛い、寂しい話でしかない…

一期一会といっても、自分が同じ立場に置かれたら…
簡単にできることではありません。

今日も誰かとこころを分かち合えた幸せ…
その相手がいる事に感謝しています。
来てくださる、連絡してくださる、ブログを読んでくださる、思ってくださって感謝です。

d6a78215.jpg
昨年、実家で久しぶりに朝ドラを見た。
懐かしい品物が出てきて…温かい気持ちに…
思い出の品はなくなったけれど、子どもの頃、身の回りにあった。
かすかな記憶が、親の愛を伝えてくれた…
でも、今はなぜか、苦しい辛い思い出ばかり蘇ってくる…
大事なことは、こころの奥にしまっているのか出てこない……

病院の壁にきれいなチョウチョの群舞が見えて、
チョウチョは再生を意味し、亡くなった人を暗示する場合があって、
何度も見た映画にもそう描かれていた…
だから湯守に「お母さんはもう大丈夫」って見せたくて…と
看護師さんに話したら、難しい治療のせいで幻覚が見えたのだろうけど、
きれいなもので良かったね、と。
人によっては虫が這い出てきたり…でとても苦しむらしい…

もう見えなくなってしまったけれど、とてもきれいで元気が出た。
病院の白い壁はとても切ないので、きれいな花やチョウチョが、
病院で苦痛に耐えているときは見えたらいいのに…思っている…

だから、またまた病院に通っている家族に花を贈ったけど、
きれいにつくってくれたかな?他に作ってもらったものは
少しくたびれていてがっかりした…
元気が出るように贈ったんだけど、大丈夫かな…
何もできないけれど、お互い元気で再会できたらと…
思えるだけで有難い…この時期、痛感する…
会いたいけれど、会えない…
家族を探して、今もたくさんの人がいる。

もしつないでくれる人がいるなら、死んでもなお会いたいと
思ってくれるつながりを自分はつくれるだろうか…

54ab8411.jpg
あまりの哀しみに味覚がなくなり、何を食べても砂をかんでいる…
そんなときに、言葉にならない気持ちをはき出すために、
独学でやっていた楽器を出して弾いていた…
友達もいないからはき出す場所もなくて、ただただ、
時間だけ過ぎるのを待っていた。

生きるのが苦痛で、じっとしていると焼かれるような辛さ…
何もできない自責の念に苦しみ…へたな楽器を練習するだけが、
自分から解放された…だから何かあっても左手が一番大事だった。
それが、楽器を演奏できるような状況でなくなり、左手も不自由に…

久しぶりに開けても、その当時の哀しみは思い出せない…
ただ、身についた動きは覚えている…下手はそのままだけど…

今は話を聞いてくれる人、困ったと言うと助けてくれる人がいる。
あの当時も、他人に助けられた…

人を信じられないほどのダメージが人を信じるしかなくて、
人を見る目がなかったのかなと思うことがあるけれど、
今では、信じて良かったと思えることが増えた…

今日も人とのつながりを感じることがあった…
あんなに孤独だったのが…
辛い、痛いという感覚と感情があることにすら
感謝できるようにいつかなれるのだろうか…

リハビリ代わりに練習することに…
うまく動かないけど…覚えている不思議…

0181efcf.jpg
遠くから来てくれたお客さんが帰られました。
HPづくりから幟のご寄付、様々な相談をさせてもらってます。
昨年は初めてのそば屋の開業に、お手伝いまでいただき、
温泉の掃除から接客まで、お世話になりました。

本当に感謝と言う言葉では足りない、うちの大事な番頭さんです。
今回も温泉の相談や掃除、薪割までありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

be15d1fc.jpg
今日、助っ人が来てくれるので、ちょっと小屋の前を除雪。
先日、別の人が来たときは、作業をしていなかったので、
大変だったと思います。すみません。

今日は、寒くて雪が固いのでちょうどいいのか、難関か?
不明ですが、頑張ってます。

b22a221a.jpg
041be27c.jpg
朝は寒くて雪が凍っています。
雲が多かったのが晴れてきています。
今日一日は晴れの予報です。
明日助っ人が、来てくれるので、
このままのお天気ならいいのですが…

よろしくお願いします。

694a64f2.jpg
まとまりなく話してしまう癖は抜けきれず、まとまらない話を
聴いてまとめて、感想を言ってもらえる時に、
苦しくならないで、気楽になる…本当に感謝です。

お互いに楽しく有意義な時間を共有できる、友人であり、仲間になれたら…
そういう人の輪やつながりを大事にしたい…
そんな場としてここがあれば…と願っています。

これからも、よろしくお願いします。
またのお越しを待っています。

c2463b25.jpg
福島や沿岸部の支援をされている方がうちにも来てくださって、
お土産に大きなイチゴに小さなイチゴがあって、
食べ比べしましたら…どちらもおいしいイチゴ…

うちはいつも、先輩が作るイチゴ一筋ですが、
小さなイチゴはたくさん摘んで、たくさん箱に詰めて、安いのが、
大きなイチゴはほんの少しで、値段も高め…
だからいつもは、小さいイチゴ…
数が多い分、面倒なのは小さなイチゴの方が上でないのかな。

こんなに大きなイチゴはやっぱりうれしい。
耕英のイチゴも買ってほしいけど、福島のイチゴもおいしいです。
是非どうぞ。

58a35080.jpg
石巻のご夫妻がまだ、再建できずにおられ、
それでいて、うちの心配をしてくださって、本当に有り難いです。
昨日、お昼時にお邪魔し、ご飯を一緒させてもらいました。
気軽によその家でご飯を食べるなんて本当にありえないことですが、
そんな、気軽にうかがえる有り難い関係性が本当に、
被災して一番必要なものです。

お土産まで頂いて帰り、また、山に来てください、
と言いたいけれど、様々事情があって、なかなか気軽に動けない…、
これまた、関係性ですが、つながりがあるからこそ、
しがらみもあるもので、難しいものです。

ご家族が無事に石巻に帰還されることを祈りつつ…
また、遊びに行きます。

39f7f243.jpg
駒の湯に訪ねてくださる方の中で、他の被災者がおられ、
内陸地震が激甚災害でなかったこともあって、東日本大震災との
差を感じ、取り残され感を味わっておられました。

東日本大震災では、ボランティアの方が汚れた写真を
洗ってくださってましたが、ここではすべて自力での作業…
プロに頼むと費用も当然かかりましたから、そのため自宅や
湯小屋再建の方が優先され、出てきた資料は後回しでした。
写真家の方が仙台で展示会をしてくださったものの、
それからは誰にどう頼んでいいかわからず、そのままに…

駒の湯発見400年を目の前にして、ほとんど資料がないので、
整理してみようと思い、いつも写真を飾ってくださる方に
相談したところ、お忙しいのに、お手伝いを引き受けて
くださって…本当に、感謝です。

内陸地震の時は、支援員と呼ばれる、ソーシャルワーカーが
入らなかったので、役所の職員さんが気を利かせていろいろ
してくださいましたが、ニーズの拾い出しをするなどのプロが
必要だとずっと思って助けを求めていましたが、結局誰も来ず、
自ら支援を直接、求める形になってしまいました。
駒の湯は家族をなくしたこともあって気の毒に…
と考えてくださっているやってくださる方も多いのですが、
それでも心ない言葉をぶつけられて傷ついたことがあります。

昔の職員さんから陳情書を書いてもいいよと言ってもらったけれど、
その時は、慰霊碑もまだで、他の遺族が駒の湯の再建をどう思うか、
不安だったこともあって、ひっそり暮らすしかありませんでした。

それに近くに同じだけの被害のところがなく、こころの傷の深さも、
マイナスからのスタートの困難さも理解してもらえず…
訪ねてこられる方たちと語り合って初めて、
同じ思いの人がいると気づき、共に泣いたこともあります。
大きな被害ばかりでなく、小さな被害でも困難を抱えて、
泣いている人たちのことをどうか忘れないでください。

そのためにも、どんな被災地にもソーシャルワーカーなり、
支援員を派遣して、ニーズの洗い出し、関係機関との折衝など
を含めた支援をお願いしたいのです。
直接のお願いは、自分のことを言うことは難しく、
下手とすると、対立構造を生み出してしまいかねないからです。
傷ついたときほど寄り添うサポートが必要です。

39ff2152.jpg
浄化槽点検に来ると業者さんから連絡があり、
雪があるから難しいとこちらから連絡したが、
信じられないらしい…

毎朝、TBC放送に雪の様子を投稿しているのも、
人が来にくい原因になるのを覚悟の上だ。
以前、業者さんが下調べなしに雪の多い日に来たが、坂が上れず、
四駆の車に代えて来たし、区長さんが見た、暴走メンバーは
はまって大変な目にあい、スコップを借りに来たらしい…
暴走車には貸さないと言われ、どうしただろう…

道路に雪はなくても、積雪量を見れば、
浄化槽点検は無理だとわかるのですが…

b67349e9.jpg

473ac81b.jpg

真っ白になりました。
風もなく、小雪が時より舞ってますが、
空が青く見えてきています。

今日は遠くからのお客さんがあるので、
そろそろ止んで欲しいです。
除雪車の音も聞こえていて、うちでも除雪しますから、
来るのには支障はないけれど…

気をつけてお越しください。

777f4b59.jpg

80ba458b.jpg

晴れの予報ですが、雲が多く、風が強い朝です。
路面凍結してます。注意が必要です。

6ec2698e.jpg
天気が良い日は良く見える山も、雪が降って荒れていると、
全く見えません。
本当にないように「雲隠れ」しています。

b024b03c.jpg

80d72b81.jpg

たくさんの写真をいただいたので、Facebookにアップしました。
ブログは容量が少ないので、アップしにくく、すみませんが、
Facebookをご覧ください。

山頂の標柱がモンスターになっています。
この時期ならではの、景色ですが、登った人しか見れないが、
技術がないと登れない時期…
お天気がいいからと言って、簡単に行かないようにお気を付け下さい。
とにかく、中腹部でもはまると大変。
知らないところ、人が通らないところには行かないように…

さすがに、熊は里の方に行っているらしく、里で目撃情報がもう出ています。
単独行動は特にお気を付け下さい。

9c9c7c12.jpg
仲間が、せっかく来てくれたが、地区の集まりで、あまり話せず、
残念だったが、たくさん写真をもらったので、アップします。
山頂まで行ってきたようです。さすがにベテラン。感心します。

当日たくさんの人がいた様子。
風が強かったので、慣れない人ほど避ける方がいい…
ハイルザームの行事に来た人もいたようで、ハイルザームで
それらしい人にあったが、この時期、天気が良いと大丈夫と、
思われがちだが、毎年、救援要請がある。
春先、雪が締まっていれば、楽しい雪遊びだが、
気温が上がりやすく、脚を取られ、怪我や雪崩の心配が…

自分の力量をわきまえ、出来ればベテランの人かガイドと一緒に。
楽しい雪遊びでありますように。

このページのトップヘ