森の温泉~駒の湯温泉通信

宮城県北の栗駒山にある駒の湯温泉は、1618年に開湯し、戦後満州開拓の引揚者の方たちを受け入れた旅館を、2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土石流で7人の尊いいのちと共に失いましたが、2015年10月、お陰さまで3,4人程度の小さな湯船の湯小屋を冬期以外、営業再開しました。38から39度の弱酸性の硫黄泉でぬるめの源泉をそのまま使った、かけ流しの温泉です。                全てを失ったと思ったのが、源泉が復活し温度も徐々に上がり湯量も増え、入れる程度になりました。日帰り温泉を2015年10月から、北海道幌加内のそば粉で十割蕎麦を自ら製麺してそばカフェを2016年8月から始めました。今期は冬季閉鎖しました。作業のために通っていますので、お手伝いお願いします。来期は4月20日頃の予定しています。よろしくお願いします。                   旅館は無理でも、次世代に400年の温泉と森を残そうと、家族二人でがんばっていますので、応援をお願いします。          山で一緒に活動したり、暮らす人が増えたらと願っています。楽しみながら温泉を守り、山の暮らしや森の再生などの活動をしませんか?  公式HP:http://komanoyu.net/ 連絡先:komanoyu@docomo.ne.jp   Facebookを始めました。写真や動画を是非ご覧ください。     みやラボの紹介文はhttp://www.miyalabo.jp/shop/shop.shtml?s=7494                         再建当初の動画をみてくださいhttps://www.youtube.com/watch?v=XRcA84p8GBw                       広報の記事はhttps://drive.google.com/file/d/1xaNqFXcencPP9bElgx8H24CD8l9x7fB_/view?usp=sharing                             

HP:http://komanoyu.net/
ぬるいお湯は弱酸性の硫黄泉をフィルターも通さず、加水も加温もせず、そのまま使用しているかけ流しのお湯です。お湯そのものを楽しんでください。
日帰り湯小屋、蕎麦カフェは、10時から17時営業。今期は冬季閉鎖しました。
来年4月20日あたりに開始予定です。お待ちください。
薪割り、除雪、配管掃除のボアランティアはいつでも募集中。
3月5日~10日に木切りのボランティア募集中。
3月20日~22日大阪の小学生3人を山に受け入れます。応援ください。
募金振込先:郵便局からお振り込み
口座記号番号:02270‐3‐120067 加入者名:駒の湯温泉復活応援団
連絡先 komanoyu@docomo.ne.jp  ℡/fax0228(46)2110
携帯電話、090-8781-9685(8時~17時) 
Facebookも始めました。https://www.facebook.com/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C-%E9%A7%92%E3%81%AE%E6%B9%AF%E6%B8%A9%E6%B3%89-916440765129144/
ボランティアの申し込みなどはご連絡お願いします。
メッセージを書きました。ご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/1xaNqFXcencPP9bElgx8H24CD8l9x7fB_/view?usp=sharing

9c481cd3.jpg

87691f06.jpg

b55dfc27.jpg

大学生が一時帰宅です。
冬山から大都会へ気をつけて…

久しぶりのくりこま高原駅ですが、
いろいろ楽しい展示物でいっぱいでした。
栗駒山や栗駒、栗原市、登米市の玄関口としても
旅の出発点としても、楽しめます。

ba5dc649.jpg
米所だから、パンもお米でパン…と思い、
買ってもらった機械も使い方を読み解くことができず…
作れずいたけど、今日は大学生が作ってくれ、できあがり…
モチモチでした。さすがお米…

707a007d.jpg

ee1c2c46.jpg

719d3768.jpg

きれいな空と大地です。
サッと白くなったかな…キンとした空気でさわやかな朝です。
138㎝になっています。
今日は最終日で、聞き取り調査を少しだけ、後は見送りです。
調査の時も見えない力を感じたけど、もう少しだけ力が欲しい。
様々な人に元気や勇気をもらって、頑張れています。
どうか応援、ご協力、よろしくお願いします。
私たちは一人では生きられない。誰かが助けてくれて生きられる。
ただ感謝とともに…伝わらない、伝えたい気持ちとともに…

4cf1190b.jpg

9bdb7a24.jpg

湯の神様の隣にある山の神様は土石流の被害を受けず助かりました。
ちょうど湯守親子二人助かったように…泥まみれだけど…
埋まっていたら言われなかったのは、湯守二人と同じ…
ここに存在しているには意味がある…のでは…
これでもお客さんや地域の事やみんなの事を考えています。
力がなくなったし、二人しかいないからとはいえ、行く末を考えて、
仲間づくりをし、それに応えてくれている人たちがいます。

分かち合って暮らしていき、皆で生き延びる方法があると…
誰かの物を欲しがらなくても、分かち合う方法はあると信じています。

これ以上、駒の湯から奪わないでください。

0e8de2c4.jpg
今日は雪下ろしに聞き取り調査に…と頑張って疲れたけど…
御飯を手伝ってもらえて助かりました。本当に感謝です。
明日に東京に帰っちゃうから寂しいけど…
また、来てもらえるのを待ってます。
調査のまとめ、大変ですが、よろしくお願いします。

b5b06098.jpg

ff601f36.jpg

曇り空…渡り鳥の声がします。
寒いです。積雪135㎝だそうです。
今日は食堂の雪下ろしはしたいと思っています。

聞き取りの大学生も明日で一度帰宅なので、
今日も聞き取り調査もします。
あっという間に過ぎてしまうので、いなくなると寂しいです…

3ada4b4b.jpg
土石流で埋まってしまわなかった土地に源泉、再建した自宅に
その周辺を自分のもののようにしていたと思ったら、
今度は急に山の神さまを他所に移すと、皆を巻き込んで…
何も言えなくするなんて…
この地を一生懸命守ってきて、生き延びたためにあんまりだと思う…
後を継いでくれた若夫婦にかわいい孫…
ここにはないものをたくさん持っていて、
何もなくなった湯守から、まだ何が欲しいのだろう…
お母さんがいれば…震災で被害がなければ…
こんなこと言われずに済むのに…
ただ、お湯を守りながら、ここで生きていたいだけなのに…

6abaf142.jpg

7034d217.jpg

今日は温泉の方の様子を見に行きます。
まずは、スノーモービルを雪から救助??し、
温泉の方に行けるように、歩いて準備して、それからの作業です。
応援団員の女性が来てくれる様子。うれしい!

雪でも来られる人は大歓迎。
道路は除雪されていても皆、ひるんで来ない…
毎日、山から通勤している人、山に通勤している人はいるので、
里よりも道路は除雪されてるのですが…
まあ、お天気の悪い日はやめておいた方がいいと思いますけど…

8a1df2fc.jpg

9437543a.jpg

ff7b90e4.jpg

140㎝、曇り時より晴れの予報ですが、粉雪が舞っています。
朝から除雪車が動いています。ありがとうございます。
今年は去年より雪が多いので、本当にお疲れさまです。

c3ffd89f.jpg
今日は東京の大学生ボランティア栗ちゃんはバスで仙台に調べ物に行ってくれてます。
どこからどうしたらいいかわからない私たちの代わりに調べ物をしてくれてますが、
ここ数日一緒に人に会ったり、戸籍や昔の登記などを調べたり…しています。
卒業したら今回来ていない友人とこちらに来てくれるといいなあ、と、
若い人たちの活躍できる栗原にしたいですね。

さて、応援団員になってくれている、助っ人のお一人のお知り合いが、
昔、岩ケ崎におられたというので、小学校の事やお寺など、
いろいろ調べておられて、うちでも役に立てばと思っています。
今は栗駒小学校という名前になりましたが、旧岩ケ崎小学校の事についても、
情報や写真などの提供をお願いします。

989-5371 宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東88 駒の湯温泉 宛
komanoyu1617@snow.plala.or.jp
Messengerでも写真などの受け取りも出来るようになりました。
皆さまのご協力、お手伝いをよろしくお願いします。

明日には雪下ろしに現場に行くか、薪の作業するか…
作業ができるかは天気によるので、お天気になりますように…

09cddd01.jpg

2b9c8942.jpg

大学生がボランティアで東京から来てくれて資料整理をしてもらっていますが、
今日は一緒に資料集めをしました。当初の予定の人とは会えず、残念でしたが、
いつも手伝ってくれるご夫妻を訪ね、久しぶりに話し、新しいご家族と会えたので、
とてもうれしかったです。これからもよろしくお願いします。
さて今日の夕飯は作ってもらいました。食事の片付けだけでも助かるのに、
とてもおいしく、これからもよろしく!!と言いたいほどでした。

主に駒の湯の歴史をまとめ、戦後からは開拓団との関係を書き留めるため、
昔を知っている人のお話を伺いに行き、古い資料を探し、整理しています。
そのうちに震災後、いただいた駒の湯の写真などを整理し、被災に関しても
わかりやすく説明できる資料にする作業も手伝ってもらっています。
東日本大震災では、様々な専門家やボランティアが元の街並みを資料で復元したり、
資料を作成をしておられますが、岩手・宮城内陸地震の場合は、
サポートは無く、お願いしても、個人的な事と言われ断られます。

とは言え、実際は駒の湯で起こった出来事を、現場で、知らないところで話している
様子を聴くと違いも多く、何より、蚊帳の外で、悲しく、辛い思いをしています。
当事者から直接話を聴いたものに基づいて情報発信をお願いしたいのです。
被害者、当事者、遺族という立場で、ここに生きていこうとしているのを、
応援していただきたい、悲しい、辛い思いをこれ以上しなくて済むようにお願いしま
す。

d6593d53.jpg
夜なべして作ってきてくれた年表は駒の湯の歴史…
今日から来てくれた東京の大学生と今、紐解いています。

駒の湯は今年で開湯400年。
なぜに駒の湯が雪が多い不便な山にありながら、冬季もお客さんが来たのか。
住み込みで温泉をやってきて、途中火事で途絶えたとはいえ、400年も続いた理由は何か。
温泉だけの意味なのか、信仰の山ゆえのことか、様々考えています。
少しでも謎解きができ、長く,必要とされる温泉となった理由が分かればと、
それは、この山に何か、意味がある、と考えるからですが…

東京でも作業を続けてくれている大学生のお陰で少し見えてきていますが、
是非、昔の事をご存知の方、写真をお持ちの方、ご協力をお願いします。

DSCF2588
救助訓練の後、山仲間の皆に久しぶりに会って話をして、
御飯をいただいて、元気もらって、温泉の雪の様子を
見に行きました。
baa76293.jpg
まだましな天気でせっかくだから、
今日のうちにと雪下ろしと配管掃除などしてきました。95ff3394.jpg

頑張りました。

c06bd77d.jpg
ある人が被災現場の雪のトッレキングを企画したときに、
土石流で埋まって荒れ地になった場所を「雪原」と呼んだ。
木がないには理由がある。土石流で森林も庭木もなぎ倒された。
足元どうなっているか気にならないのも、遺族でないから?
開拓団でもないから?だから、こうなるまでの苦労を知らないから?

自宅前を知らないひとが闊歩する人がいて落ち着かない、
被災地だからと見学者がうろうろしていても、声もかからない…
地区の人の家の周りは林なのに、駒の湯の人は見通し良く、
場所貸しを頼まれ、勝手に使う人が出る、ここに住まざるを得ない…
それは、昔、キャンプ場だったし、くりこま荘が管理棟だったから
見た目が観光施設に見えるけど、傷ついた遺族が暮らす場所…

関係者には、緑化を手伝ってくれる人もいるけど、
大半は気にもしない、雪と共に生きてきた人のことには関心がない。
だから、目の前の道を除雪せず、元のようにスキー場に使えば…
なんて簡単に言う。その人が遺族の気持ちにより添わない話をする。
そんな二次被害が出ているのも気にかけてくれる人もいない…

気にかけるくれる人の中には遠い人もいる。
何の得にもならない、ここを使って何かするのではなく、
ここに生き残った人と共に、誰か他の人の役に立つことを
一緒に考え、作業してくれる人たちだ…
だから、ここで生きていける…ひとりぼっちでないと、思える…
この地で暮らし、守る人たちがいて、
水資源や山の安全がはかられていると、もっと知って欲しい…

そして、もっと山登りなどで活躍している人に仲間になって欲しい。
山に住んでほしい…
いずれは、私たちはここを守れなくなってしまうから…

このページのトップヘ