森の温泉~駒の湯温泉通信

宮城県北の栗駒山にある駒の湯温泉は、1618年に開湯し、戦後満州開拓の引揚者の方たちを受け入れた旅館を、2008年岩手・宮城内陸地震で発生した土石流で7人の尊いいのちと共に失いましたが、2015年10月、お陰さまで3,4人程度の小さな湯船の湯小屋を冬期以外、営業再開しました。38から39度の弱酸性の硫黄泉でぬるめの源泉をそのまま使った、かけ流しの温泉です。                全てを失ったと思ったのが、源泉が復活し温度も徐々に上がり湯量も増え、入れる程度になりました。日帰り温泉を2015年10月から、北海道産のそば粉で十割蕎麦を自ら製麺してそばカフェを2016年8月から始めました。今期は4月28日~11月中旬まで営業します。よろしくお願いします。                                                        旅館は無理でも、次世代に400年の温泉と森を残そうと、家族二人でがんばっていますので、応援をお願いします。          山で一緒に活動したり、暮らす人が増えたらと願っています。楽しみながら温泉を守り、山の暮らしや森の再生などの活動をしませんか?  公式HP:http://komanoyu.net/ 連絡先:komanoyu@docomo.ne.jp   Facebookを始めました。写真や動画を是非ご覧ください。     みやラボの紹介文はhttp://www.miyalabo.jp/shop/shop.shtml?s=7494                         再建当初の動画をみてくださいhttps://www.youtube.com/watch?v=XRcA84p8GBw                       広報の記事はhttps://drive.google.com/file/d/1xaNqFXcencPP9bElgx8H24CD8l9x7fB_/view?usp=sharing          

HP:http://komanoyu.net/
ぬくもりのある、ぬるめのお湯は弱酸性の硫黄泉で、大地の恵みであるお湯をそのまま使用しています。近くの源泉からそのまま、加水も加温もせず、かけ流しています。小さな湯小屋なので、譲り合いながらゆっくり入り、不思議と温まるお湯を楽しんでください。
日帰り湯小屋、蕎麦カフェは、10時から17時の営業です。
お休み予定11月7日、8日、12日、14日か15日、21日、水道凍結する寒さが続けば冬期閉鎖します。
今、開業400年の記念誌を発行するため栗ちゃんががんばってくれています。記念誌発行が詳細が決まり次第、資金集めをします。ご協力をお願いします。
募金振込先:郵便局からお振り込み
口座記号番号:02270‐3‐120067 加入者名:駒の湯温泉復活応援団
連絡先 komanoyu@docomo.ne.jp  ℡/fax0228(46)2110
携帯電話、090-8781-9685(8時~17時) 
Facebookも始めました。https://www.facebook.com/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C-%E9%A7%92%E3%81%AE%E6%B9%AF%E6%B8%A9%E6%B3%89-916440765129144/
ボランティアの募集は随時行っていますが、11月から薪作業を本格的に始めますのでよろしくお願いします。宿泊はできませんので、他をご案内していますが、ボランティアについてはくりこま高原自然学校を紹介しています。
メッセージを書きました。ご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/1xaNqFXcencPP9bElgx8H24CD8l9x7fB_/view?usp=sharing

20181116065320
きれいな青空です。今日は冷え込んでいます。
草っ原が霜でキラキラして見えます。
20日までは営業できそうですが、その後はお天気次第に。
今日は10時~16時までの営業にします。明日は15時で終了します。
よろしくお願いします。
蕎麦も出していますので、秋限定のキノコ蕎麦もご賞味ください。
皆さまのお越しをお待ちしています。

20181115064710
今日は晴れ、冷え込みは少しましですが、寒いです。
そろそろ水道凍結の可能性…21日の予報に氷点下が…
もう少しで冬支度しなければならないようです。
残りわずかでも、皆さまのお越しをお待ちしています。
10時~17時まで営業しますので、是非、お越しください。
朝から蕎麦も出していますので、是非、お召し上がりください。
皆さまのお越しをお待ちしています。

46169320_2221532078124448_4372134762953834496_o


今日は、以前お知らせした、私の大学の研究発表会のご案内です。

所属している慶應SFCの研究発表会(ORFOpen Research Forum)にて、

ゼミブース内で、駒の湯のことを発表します。

https://orf.sfc.keio.ac.jp/2018/

 

いま作成している記録誌のことなど、まとめて報告する機会もなかなかありません。

この日は、これまでやってきたこと、その中での経過などご報告できたらと思います。

また、両日ともに、終了後にちょっとした懇親会(カフェタイム)を計画しています。

 

去年も多くの助っ人さんが足を運んでくださいました。

今年も首都圏在住の皆様を中心に、ぜひお越しいただければと思います。

ご来場いただける際は、栗川までご一報ください。

 

<とき>

20181122日(木)     13:00~14:00

20181123(金・祝) 13:20~14:10

 

<場所>

東京ミッドタウン・イースト B1階ホール内(最寄りは六本木駅、乃木坂駅)

E15ブース(清水唯一朗オーラルヒストリー研究会)

 

<連絡先>

haruki-kurikawa@keio.jp、Facebookのmessengerでも。

 

多くの皆様にお会いできるのを楽しみにしています。


20181113101213
旅人や訪ねた人に優しいのは、訪れる人が少ないから…
自分たちは旅には出かけないけど、よってくれる人がいるから…
今日も関西からのお客さんで相変わらず昼夜逆転でギリギリの仕事。
10時の開店だから急いで入って次に向かうし、
冬季閉鎖で湯浜にも案内できない…
いつもの地図もなくなって、困ってしまった…
でも、わかってくれる予感がして、手引きを手渡した…

一期一会と言うけれど、さまざまな人に助けられた。
でも、信じた人に裏切られてもきた…
「信じるな、疑うな、確かめよ」母の尊敬する人の言葉だ…
しかし、人を信じて、少しでもより良いことをと、願いたい…
信じたことを後悔しないで済むようにと祈る…ではなく、天に託したい…
それがすべて失った自分ができる、生き方のはずだから…
相変わらず、MRIが怖いのと同じで、怖がっているから困る…

でも、そんな時、誰かが派遣されて来るから不思議…
人を信じられる、そんな喜びは人と出会って初めて成立する。
営業出来ないと出逢いもない…だから営業したい…
来てもらえないと始まらない…お越しをお待ちしています。


079A2574

知り合いが今年の白鳥の写真を送ってくれた。暖かい日でも冬だなと思う…

今日、1年後との苦手な検査MRIを受けてきた。ほぼ完治とのこと。
医師から、前と違ったところは…と、聴かれたが…
3年前から今に至って、困っていることはあるけれど、前と比較できない…
ましてや、今周りにいる人たちは昔の事をそれほど知っているわけでもなく、
今の自分と自分が対峙しているのと同じように、今の自分と接しているだけ…

石巻に久しぶりに行って、どうしても会いたかったご夫妻に会ってきた。
自分も被災しているのに、湯小屋の再建の時に、連日に手伝ってくれた…
やっと今、家を再建中で、工事中の様子を拝見して…涙が出てきた…

被災した人にしかわからないのかもしれない…マイナスからの再生…
本当なら新築の家を見たら、うれしいし、お祝いの気分になるはずが…
ここまで来るのにどれだけの苦労があっただろう…安堵の気持ちもあり、
しかし、先日来てくれた沿岸部のお客さんじゃないけど、再建できたけど、
費用がかさんでこれからが大変だし、不安…と…
普通にうれしいだけではない複雑な気持ちで家を建てているはず…
だから、いいなあ、と簡単には言えないし、言ってほしくない…と思ってしまう…

被災しても土地も残り、再建すれば家もあるし…でも、以前とは違っている…
全く一緒になるはずもなく、そのありのままを受け入れるしかないのだ…
生きていれば何かしらうれしい事もある反面、生きるという事は簡単なことでなく、
日々、修行だと感じることだらけだ…

被災地は変わっていく…当たり前だし、それでいいのだろうけど…
しかし、人の気持ちはそれについていけない…人によっても違う…
新しい街ができて、新しい家がたくさんあっても傷ついているのは同じ…
外から見えない…その気持ちに寄り添えるか…きれいになった分忘れられていく…

駒の湯周辺はあまり変わらない、小さな湯小屋がぽつんとあるだけだから、
何かあったのか?と聞かれることもあるし、ああ、ここがその場所か、と思われる。
それでも、中に入れば忘れてしまうのか、被災した現実を知っているのは被災者だけか…
そう思ってしまう事も多い出来事の中、石巻という大きな被災地は、まだこれからだ。

今の状況しか見えてなかった自分も、今は過去に思いを馳せることが出来る…
それは、きっと400年誌を作るのに歴史を調べていて、この地の苦闘を知ったからで、
山の観光地に来て、ここまでなるのに先人がどれほどの苦労があったかなんて
そんなこと考えたりしたことはなかったし、先人に思いを馳せるほどのつながりのある
場所に住んだことがないから、切り取られた今という時間だけで生きてきた…

それでも、思いのある盲人ホームで育ったから、きっと過去が気になるのだろう…
それを作った人の思い、それまでの歴史、関わった人の苦悩や苦闘を感じるのも、
どれだけ尽くしても、自分には戻ってこなかった大叔母や祖母たちの苦労の歴史と
開拓団や被災地の苦闘が似ているからで、やっと自分が取り戻せた脳を持つ自分が
重なって、何も見えては来ないけれど、何かは感じる…

時より、研修や学習として駒の湯を訪ねる人がいるけれど、見学に来る人たちは
ここの人のは話は聴くようになったが、ここに生きている人の本当の気持ちにたどり着かない…
湯小屋の様子を見ても入らないし、蕎麦カフェの外側を見ても湯守の蕎麦を食べない…
知ろうとして何も知ろうとしない…そんな人が多いことに疲れていく…

中には何も知らないで来て、温泉に入り、ぬるいなあ、と言いながら、
蕎麦を食べ、これから旅館建てるのか?と聞いたりするけれど…それがうれしい。
でも、「これで十分なのだ」と答える…身の丈に合っている感じがするし、
これでも、もう十分持っていると思っているのか、と思う出来事が多いのだから、
もし、無理して元のようになれば、もしかしたら誰も心配しないのかもしれない…

誰もが傷をもって、今、という時間を生きている…だから互いに思い合えたら…
それで、十分なのだ…
今日を感謝できなくても、感謝できる人に出逢えたらそれで十分なのだ…
最悪のあの時はその誰かに会う事もなく、孤独に耐えていたのだから…
今は、今を生きられるようになった分、有り難いことなのだ…
と、傷ついた被災地をめぐって思った…
同じような辛い思いをする、被害が今後出ませんようにと祈りつつ…

2018_1111_10595800
石巻の誠さんが時間が作って来てくれて、朝から作業をしてくれました。
お風呂掃除もしてくれたのに、温泉に入る暇なく、帰って行きました。
また、出張に出かけたのでしょう。忙しい中、お手伝い本当に感謝です。
いつもお土産もありがとうございます。作業も本当にありがとうございます。
20181111100525

今日は久しぶりに農作物持ってきてくれる人も久しぶりに会えてよかったです。
また、ボランティア団体、集結の方に、温泉巡りや沿岸部、一関の人が来てくれ、
一時賑やかで、ゆっくりと話せませんでしたが、また、是非、お越しください。
20181111152852

最後は常連さんで終了しました。皆さまのお越し感謝です。
明日月曜と水曜日はお休みし、火曜日営業、木曜日~通常営業予定です。
変則的な営業ですが、よろしくお願いします。

20181111072634
大きな雲が流れて、青空が見えてきました。晴れの予報です。
10時~17時まで、営業しますので、是非、お越しください。
朝からそばも出していますので、是非、お召し上がりください。
皆さまのお越しをお待ちしています。

20181110134054
今日は南方の常連さんが来てくれました。
山登りした一関の人たちがよってくれて、
バイクの人たちに、自転車で来てくれる人に、
ゆっくりとこちらも楽しく過ごせました。感謝の一日でした。
後もう少し…やはり寂しい…ですね。
明日は営業、月曜はお休みをいただいて、火曜は営業と、
変則的な営業になってますので、よろしくお願いします。

20181110065116
雨上がり、霧が晴れてきていて、青空が見えてきています。
とてもきれいな様子です。ドローンで撮ったらいい感じでしょう。
10時~17時まで、営業しますので、是非、起こしください。
朝からそばも出していますので、是非、お召し上がりください。
皆さまのお越しをお待ちしています。
湯浜温泉さんは11日までの営業だそうです。
うちも水道凍結すれば、冬季閉鎖になりますので、
お天気が良い日に、お早めにお越しください。

20181109125736
今日はお天気が悪いので、保健所の検査以外は無理かと思いましたが、
お世話になっているご夫妻が来てくれて、たくさん差し入れもあり
本当にうれしく、有り難かったです。
雨では仕事にならないと来た方だけでしたが、この天気で有難いです。
被災地とも昔のことも知らないのに、とても喜んでくださってよかったです。
霧が濃くなり、早めに終了しました。
明日はお天気が回復するとのこと、通常営業します。
皆さまのお越しをお待ちしています。

20181109070328
一日雨の予報で、荒れるかもしれないという予報です。

通常、10時~17時までの営業ですが、
今日は朝に保健所の検査があり、11時には終わると思いますが、
入浴は検査の後になりますので、あらかじめご了承ください。
また、悪天候になった場合、早めに閉めますので、ご確認ください。
2つのブログ、Facebookで案内します。
何かある場合、090-8781-9685にお問い合わせください。
0228-46-2110は営業中はつながりませんので、よろしくお願いします。

蕎麦は朝から出していますので、是非、お召し上がりください。
皆さまのお越しをお待ちしています。

2018_1106_111827-CIMG2496

仲良しの方が山頂まで行かれて、写真をもらいましたので、
アップします。
皆さまも登山されたら、是非写真を送付ください。
様子として、アップさせていただきます。
よろしくお願いします。

2018_1106_105750-CIMG2495


20181106153322

今日も静かな日でしたが、滋賀の方が来てくれて、
また、仙台のからの方、仲良しの方が山登りの帰りに寄ってくれました。
お勧めコースの常連さんに、いつも来てくれる常連さんで、無事終了。

20181106162731

明日、明後日とはお休みです。作業などの予定です。
よろしくお願いします。

DSC_1476
今日は静かなゆっくりとした日でした。
おかげさまでゆっくりとされていたお客さんと話せました。
また、お仕事の方が蕎麦を食べてくださってうれしかったです。
温泉巡りの方、以前来てくださった方が1000年クロベを見た帰りに
寄ってくださって、有難いことです。なかなか思い出せずすみません。
皆さまとの出逢いに感謝です。またのお越しをお待ちしています。

20181105070112
曇りの予報になってますが、快晴です。曇りのち雨の予報です。
10時~17時まで、営業しますので、是非、お越しください。
朝から蕎麦も出していますので、是非、お召し上がりください。
皆さまのお越しをお待ちしています。

20181104163731
今日もうれしい再会に、有難い出逢いの日でした。
高校の同級生が来てくれました。
以前来てくれたマリオとはるちゃんも来てくれ、一時貸切コンサートで、
二人の温かい気持ちが曲に乗って、シャワーのように心に流れました。

20181104153208

土井さんが世界谷地の帰りに、秋田からのご夫妻に、初めての方も、
いつもの常連さんが来てくれて、本当にありがとうございます。

蛾の調査に来られてました。言っていただいて有り難かったです。
いろいろ大学の方や研究者の方が来られても被災前には入口にあったからか
地権者だからか、必ず、声をかけてもらえたが最近は知らないことが多い…

湯浜温泉さんが登山に通る人たちが昔は挨拶して通ったが、
今は私有地を通っていても知らない顔や声をかける側が考えないといけない、
そんな時代になったのかなあと思う事があると言われていたが、本当にそう思う。
車で簡単に来て帰る、連絡も簡単に済む時代の前は、何かあれば、の場所が
登山口を守る温泉宿だから、対価をいただかなくても旅人の事を考える…
だから、めんどくさがらずに、声をかけてほしいと思ってしまう…
そう考えることが古臭いのかなあ…寂しい世の中だな、と思う…

20181104073912
一日晴れの予報です。日差しのせいか暖かくなってきています。
10時~17時まで、営業しますので、是非、お越しください。
朝から蕎麦も出していますので、是非、お召し上がりください。
ぬるいが温まる温泉に入って、冷たい蕎麦も、
秋限定のキノコ蕎麦も好評です。
是非、ご賞味ください。皆さまのお越しをお待ちしています。

20181103112326
今日はとてもあったかい日で、駒の湯日和でした。
何度も来てくれているバイクの人も初めてでお蕎麦だけの人も、
山登り帰りに来てくれた人も今日は山頂は雪でも、中腹部は暖かでした。
沿岸部の人や同じ栗原の人もおられましたが、若い人も来てくれて、
こちらの質問に答えてくれて、有り難かったです。

うまく話せなくて困ることが多いのですが、一生懸命聴いてもらえて、
本当に有り難いです。少しでも、つながれる仲間を見つけたいのと、
一緒に生きていく人を増やすためにヒントがもらえたらと思っています。

皆さまのまたのお越しをお待ちしています。

20181103063529
今日明日はお天気のようです。通常営業します。
今週は用事で7日、8日とお休みの予定です。
今日も10時~17時まで、営業しますので、ぜひ、お越しください。
朝から蕎麦も出していますので、是非、お召し上がりください。
後、半月ほどの営業です。皆さまのお越しをお待ちしています。

20181102150041
お客さんがあまりに来ないので、Tシャツの写真を撮ったり、
配管掃除を早めにしたりしましたが、キノコ蕎麦を食べてくれた、
沿岸部のご夫妻に古川からのご家族に助けられました。
皆さまのおかげで、がんばれてます。
またお越しください。お待ちしています。

このページのトップヘ