一昨日はNHK杯戦決勝、羽生九段対郷田九段戦が放送されました。


いよいよ決勝戦です。
同級生対決、どうなるでしょうか?

IMG_6981

決勝戦は、NHKのアナウンサーが司会をします。

IMG_6982

対局が始まりました。

振り駒の結果、羽生九段が先手です。

FullSizeRender
角換わり腰掛け銀です。

羽生九段が▲4五歩と仕掛けました。

FullSizeRender
羽生九段は▲4三歩と打ちました。

悩ましい歩が飛んで来ました。
郷田九段はどう対処するのでしょうか?

この後、この歩が勝敗を分ける事になります。

FullSizeRender
郷田九段は攻防の角を打ちました。

しかしこの手が良くなかったのかも知れません。
これから次第に、先手有利に傾いて行きます。

FullSizeRender
カッコいい手が出ました!
歩の前に打つ▲3五桂です。
羽生九段の決め手ですね。

4一に角、4二に銀があります。
▲4三歩を土台に攻め駒が並んでいます。

IMG_6984

解説は佐藤九段です。
将棋連盟会長ですね。

聞き手はおなじみ、藤田綾女流二段です。

IMG_6988

同級生の2人です。

FullSizeRender

ここで郷田九段が投了しました。

IMG_6987

羽生九段が勝ちました。

IMG_6989

NHK杯戦11回目の優勝です。
前人未踏の記録です。
棋戦優勝も45回目で、大山十五世名人の44回を超えて単独トップになりました。

ではまた。