昨日は、NHK杯将棋トーナメント1回戦、増田康弘六段対西田拓也四段戦が放送されました。

FullSizeRender

1回戦第3局です。
西田四段は初出場です。

勝てば次は、高見叡王です。

FullSizeRender

先手は増田六段です。

西田四段の四間飛車に、増田六段の居飛車穴熊になりました。
最近の居飛車穴熊は、先に端歩を受けておくんですね。

解説の山崎八段は、△4五歩に▲5七銀と受けない事に驚いている様子でした。

FullSizeRender

西田四段は△6二金寄としました。
高美濃に組まないんですね。

解説の山崎八段によると、ゆくゆく6筋で戦いが起こった時、▲6四歩が金取りにならないための工夫との事です。

FullSizeRender

いよいよ増田六段が仕掛けました。

3筋2筋6筋と、歩を突き捨てて攻撃を組み立てて行くそうです。

FullSizeRender


この△4六歩の突き捨てはどうだったのでしょうか?

ここは先手の飛車を捌かせないように、2四の歩を守る手(例えば△4四飛など)を考えた方が良かったかも知れません。

FullSizeRender

この馬ぶつけに、山崎八段は驚いていました。

なぜなら△6六同馬▲同銀△3三角と、飛車銀両取りがかかるからです。

増田六段はもちろん承知の上でしょうね。

FullSizeRender

感想戦で、増田六段はこの△6五同銀ではなく、△6五同歩が嫌だったとの事。

8二に角を打って、6四に成る構想ですね。
しかし△6五同歩だと▲6四桂があるので、やっぱり指しにくいですよね。

FullSizeRender

この△7三銀が敗着です。
▲6三歩がめちゃくちゃ痛い手になって、しまいました。

ここは怖くても、△9四香と行くべきだったようです。

FullSizeRender

もう後手玉は寄り形のようです。

FullSizeRender

ここで西田四段が投了しました。

増田六段強いですね。
感想戦を聞いてると、読みの深さで圧倒しているのが良く分かりました。

解説の山崎八段の聞き方も、分かりやすかったです。

ではまた。