昨日はNHK杯戦1回戦第6局、松尾歩八段対村山慈明七段戦が放送されました。


今日はBブロックです。

2人の対戦成績は、村山七段の5勝4敗です。
松尾八段が4連勝の後、現在まで村山七段が4連勝です。
FullSizeRender

先手は松尾八段です。
解説は広瀬竜王でした。

相掛かりですね。
村山七段が飛車先を切りに行きます。

FullSizeRender

松尾八段が▲8六歩と、飛車を追った所です。

6六にいる歩がプレッシャーですね。

駒の損得はありませんが、何となく後手が攻めさせられてる気がしますので、先手が有利な気がします。

FullSizeRender

村山七段が△6六歩と玉の頭を叩いて、松尾八段が▲6六同歩と取り、村山七段が△7五飛とした所です。

飛車を逃げていると、△5八角成が実現出来ないという事で△7五飛なんですが、▲7六歩で飛車が詰んでしまいます。
村山七段辛い所ですね。

松尾八段が優勢だと思います。

FullSizeRender

松尾八段も飛車を打ち込んでいます。

どうもこの▲6四歩が敗着だったようです。
逆に打たれては困るので、気持ちは分かるんですけどね。

正着は▲7二角だったようです。
この手は次に▲6三角成からの詰めろだからです。▲6四歩では、次に▲6三歩成としても王手じゃないですからね。

FullSizeRender

村山七段の攻めが続きます。

この△6八銀は、飛車取りであるのと同時に、△5七馬を狙っています。

村山七段が逆転していると思います。

FullSizeRender

松尾八段は▲4八銀と引きました。
銀がタダですけど?(笑)
4八の銀を取れば、6八の銀がタダになるんですね(笑)

もう村山七段が勝勢のようです。

FullSizeRender

ここで松尾八段が投了しました。

大逆転でしたね。

ではまた。