昨日はNHK杯将棋トーナメント2回戦、久保利明九段対藤井聡太七段戦が放送されました。

FullSizeRender

藤井七段は、銀河戦に続いて久保九段戦です。
2人の対戦成績は久保九段の2勝1敗です。

藤井七段が先手でしたが、千日手になり指し直しになりました。
ですので、指し直し局のみ掲載します。

FullSizeRender

指し直し局なので、久保九段が先手です。

久保九段は角交換振り飛車で、石田流に組みました。
藤井七段は銀冠で、4三に自陣角を打ちました。

FullSizeRender

前局面より、▲7四歩となりました。

さすがに▲6四同歩とは取りませんね。
振り飛車らしい反撃です。
相手に攻めさせて、久保九段が上手く指しているのではないでしょうか?
藤井七段は打った角が上手く働くかどうかですね。

FullSizeRender

藤井七段は△7七ととと金を捨てました。

飛車を成り込む事が出来たら、藤井七段が有利になりそうです。

FullSizeRender

藤井七段の攻めを久保九段は上手く凌いでいます。

藤井七段は歩を成り捨てました。

FullSizeRender

藤井七段が快調に攻めていましたが、この△6五銀と桂を食いちぎりました。

久保九段の▲1四歩からの反撃が始まります。

FullSizeRender

この▲1六香が厳しかったです。

おそらく逆転しています。
直前の△1五同馬が良くなかったようです。
久保九段が優勢です。

FullSizeRender

ここで藤井七段が投了しました。

やはりA級棋士、久保九段は強いですね。
これで2回連続藤井七段撃破です。
さすがです。
これで藤井七段は今年は2回戦でNHK杯敗退です。

ではまた。