勝負の1手は、駒音 高く!

2019年09月

昨日は将棋日本シリーズ準決勝、広瀬章人竜王対深浦康市九段戦でした。

FullSizeRender

いよいよ準決勝です。

2人の対戦成績は、広瀬竜王の13勝7敗です。

FullSizeRender

先手は深浦九段です。

角換わり腰掛け銀になりました。

FullSizeRender

ここで深浦九段が投了しました。

広瀬竜王、決勝進出です。

ではまた。

昨日は棋王戦3回戦、黒沢怜生五段対戦佐々木大地五段戦でした。

FullSizeRender

若手強豪同士の対決です。
両者の対戦成績は佐々木五段の2勝0敗です。

FullSizeRender

佐々木五段が先手です。

黒沢五段の角交換型三間飛車になりました。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

FullSizeRender

ここで黒沢ごたが投了しました。

ではまた。

昨日と一昨日は王位戦七番勝負第7局、豊島王位対木村九段戦でした。


対局場は東京の都市センターホテルです。

FullSizeRender

先手は豊島名人です。
角換わり腰掛け銀になりました。
角換わりなら豊島王位が有利でしょうか?

木村九段が△6五歩と仕掛けました。

FullSizeRender

1日目昼食休憩の局面です。

前例は、今年の棋王戦第4局渡辺棋王対広瀬竜王戦があったようですが、55手目から離れたようです。

FullSizeRender

封じ手の局面です。

後手が飛車を逃げた所ですね。

IMG_4999

2日目のA bema TVの解説は金井六段、聞き手は宮宗紫野女流二段です。

IMG_5001

封じ手は▲7四桂でした。

IMG_5002

木村九段は金取りを無視して、△7六歩と王手です。

豊島王位が長考に沈みます。

IMG_5003

対局中の2人です。

IMG_5004

今度は解説が佐藤天彦九段、聞き手は竹部さゆり女流四段です。

FullSizeRender

2日目の昼食休憩の局面です。

FullSizeRender

木村九段の露骨な銀打ちです。

しかしこれは効いたと思います。
木村九段が有利なんじゃないでしょうか?

FullSizeRender

前局面より、▲5八玉となりました。

この金を見捨てて逃げたのが良くなかったのではないでしょうか?
木村九段、優勢です。

FullSizeRender

木村九段は△2七角を王手をかけました。

先手玉に迫ります。
後手勝勢です。

IMG_5005
 
ここで豊島王位が投了しました。

木村九段、悲願のタイトル獲得です。
おめでとうございます。

FullSizeRender

投了図です。

史上最年長46歳でのタイトル初獲得です。
まさしく中年の星ですね。

IMG_5006

木村新王位のインタビューです。

今までタイトルまであと1勝となった状況では8連敗でしたが、9戦目でやっと勝ちました。
諦めずに頑張っていれば、いい事あるんですね。

IMG_5008

破れた豊島王位のインタビューです。

豊島王位はまたも初防衛失敗です。
こんなに強くても、苦しんでますね。

ではまた。

今日は王位戦予選2回戦、藤井聡太七段対竹内雄悟五段戦でした。


本局は7組です。
両者の対戦成績は、これまで藤井七段の5勝0敗です。

同じ関西所属という事もあり、対戦多いですね。

FullSizeRender

竹内五段の先手です。

竹内五段の中飛車に、藤井七段は△6四銀と対抗します。
竹内五段が▲5四歩と仕掛けました。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

9筋で、飛車と角が睨み合ってます。

FullSizeRender

玉の固さが違いますね。

後手が有利だと思います。

FullSizeRender

後手は悠然と、△1九成桂と香を取りました。

藤井七段は優勢を認識していそうです。

FullSizeRender

先手は金を見捨てて、逃げます。

後手勝勢です。

FullSizeRender

ここで竹内五段が投了しました。

藤井七段、3回戦進出です。

ではまた。

今日は王位戦挑戦者決定リーグ1回戦、広瀬竜王対糸谷八段戦でした。

FullSizeRender

先手は広瀬竜王です。

糸谷八段の一手損角換わりです。
糸谷八段の得意戦法ですね。
広瀬竜王が早繰り銀から、▲3五歩と仕掛けました。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

糸谷八段が飛車先の歩を突き捨ててました。
継ぎ歩攻めですかね?

FullSizeRender

糸谷八段が飛車の頭に歩を打ちました。
次に△5四角が狙いです。

少し先手が良さそうに見えます。

FullSizeRender

後手は桂を手に入れながら、2九に竜を作りました。

玉形の固さを見ると、先手の方が有利です。

FullSizeRender

先手は▲6一飛成と、待望の金を取りました。

糸谷八段はこんな狭い中段玉で、よく耐えています。
先手が優勢なようです。

FullSizeRender

ここで糸谷八段が投了しました。

広瀬竜王、やはり復調してますね。

ではまた。

このページのトップヘ