勝負の1手は、駒音 高く!

2019年12月

昨日は叡王戦本戦トーナメント2回戦、塚田泰明九段対広瀬章人八段戦でした。


叡王戦本戦トーナメント2回戦、最後まで残っていた一戦です。
広瀬八段、12月は過密スケジュールでしたからね。

2人の対戦成績は、1勝1敗です。
しかし最近は対局がなく、8年ぶりの対局です。

FullSizeRender

先手は広瀬八段です。

角換わり腰掛け銀になりました。
広瀬八段の得意戦法です。
塚田九段にとっては不利ですね。

FullSizeRender

どんどん進みます。

広瀬八段が馬銀交換を強行し、△5四同歩となりました。
広瀬八段の攻めが続きます。

FullSizeRender

夕食休憩の局面です。

この▲2四歩で、2九の飛車が働いて来ます。
広瀬八段の猛攻で、後手陣がかなり寂しくなってきました。

FullSizeRender

ここで塚田九段が投了しました。

広瀬八段、塚田九段の「攻め100%」のお株を奪う猛攻でした。

ではまた。

昨日は王位戦予選決勝、斎藤慎太郎七段対藤井聡太七段戦でした。


勝てば王位戦リーグ入りです。
気合いが入りますね。

両者の対戦成績は、斎藤七段の2勝0敗です。

FullSizeRender

先手は藤井七段です。

角換わり腰掛け銀になりました。
藤井七段が▲4五桂△4四銀▲2四歩と仕掛けます。

FullSizeRender

藤井七段は2回▲2二歩を入れて2手を稼ぎ、6筋の歩を伸ばしています。

ここで昼食休憩になりました。

FullSizeRender

ここで斎藤七段が投了しました。

藤井七段、王位戦リーグ入りです!
リーグ戦楽しみですね。

ではまた。

昨日は叡王戦本戦トーナメント準々決勝、豊島将之竜王名人対藤井猛九段戦でした。

FullSizeRender

広瀬八段の対局が過密過ぎて、2回戦がひとつだけ終わってません(笑)

この対局は準々決勝第1局です。
両者の対戦成績は、豊島竜王名人の5勝2敗です。

FullSizeRender

先手は豊島竜王名人です。

藤井九段の四間飛車に豊島竜王名人が左美濃で対抗しています。
藤井九段が6筋から仕掛けました。

FullSizeRender

夕食休憩の局面です。

今度は豊島竜王名人が5筋から仕掛けます。

FullSizeRender

豊島竜王名人は▲2二角成と、角を逃げて成りました。

FullSizeRender

ここで藤井九段が投了しました。

豊島竜王名人の玉は嫌になる程、固いです(笑)
やはり竜王名人は強いですね。

ではまた。

昨日はA級順位戦6回戦、渡辺明三冠対広瀬章人八段戦が行われました。


5勝0敗の渡辺三冠と4勝1敗の広瀬八段の対戦です。
渡辺三冠が勝つと、名人戦初挑戦へかなり近付きます。
広瀬八段が勝つと渡辺三冠と1敗で並び、挑戦者争いが激しくなります。
どうなるでしょうか?

両者の対戦成績は、渡辺三冠の13勝11敗です。
いい勝負ですね。

FullSizeRender

先手は渡辺三冠です。

角換わり腰掛け銀になりました。
渡辺三冠が▲4五桂△2二銀▲7五歩と仕掛けます。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

渡辺三冠は6筋に飛車を転回します。

FullSizeRender

夕食休憩の局面です。

広瀬八段は角を9二へ逃げました。
渡辺三冠の桂損ですが、広瀬八段の玉が丸裸です。

FullSizeRender

広瀬八段が先手玉に迫ります。
反撃ですね。

FullSizeRender

ここで広瀬八段が投了しました。

渡辺三冠はこれで6勝0敗です。
1敗がいなくなり、かなり有利になりました。

ではまた。

昨日はプロ編入試験第2局、出口若武四段対折田翔吾アマの対局が行われました。

今回の対戦相手は出口四段、新人王戦決勝まで行ったこともある強敵です。

FullSizeRender

折田アマの1勝を受けての第2局です。

先手は折田アマです。
相掛かりになりました。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

打った角と手持ちの角、早繰り銀と腰掛け銀、難しい戦いが続きます。

FullSizeRender

AIは残酷です。

出口四段が81%で優勢と表示されています。

FullSizeRender



このページのトップヘ