昨日は朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント準々決勝、郷田真隆九段対阿久津主税八段戦が行われました。

両者は1回戦でそれぞれ郷田九段は行方九段を阿久津八段は広瀬八段を破って、準決勝に駒を進めました。

FullSizeRender

先手は阿久津八段です。

角換わり腰掛け銀になりました。
後手の郷田九段が△6五歩と仕掛けました。

FullSizeRender

玉形を乱す手裏剣、▲2二歩です。

郷田九段にとっては嫌味ですね。

FullSizeRender

ここで郷田九段が投了しました。

阿久津八段は広瀬八段、郷田九段という強敵を破りました。

ではまた。