昨日は順位戦C級1組9回戦、藤井聡太七段対高野秀行六段戦でした。


藤井七段はここまで8勝0敗、他に無敗のライバルはいません。この9回戦に勝てば、最終戦に敗れても、9勝1敗で現在の1敗のメンバー(佐々木勇七段、及川六段、石井五段)に順位で上回っているため、昇級決定です。

一方高野六段は、昨年度不調で降級点を取ったのですが、今期は好調で6勝2敗で降級点を消しています。
高野六段は対藤井七段戦のために、A Iを駆使して、かなり研究を積んでいたようです。
藤井七段にとって、油断ならない相手ですね。

両者は初手合いです。

FullSizeRender

先手は藤井七段です。

角換わりになりました。
腰掛け銀模様ですね。
高野六段の研究はもちろん、角換わりなんでしょうね。

FullSizeRender

やはり藤井七段得意の、角換わり腰掛け銀になりました。

▲4五桂△2二銀の仕掛けは、先日の▲藤井七段△澤田六段戦でも観ましたが、今度は▲3五歩なんですね(先日は後手の銀が5四で、▲7五歩)。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

△4四角の筋を避けての▲7九玉です。

FullSizeRender

夕食休憩の局面です。

角桂と銀の交換で、藤井七段が駒得しています。
藤井七段が▲6五銀と銀をぶつけてました。

FullSizeRender

Abema TVの解説は深浦九段、聞き手は飯野愛女流初段です。

AIの評価、藤井七段70%はなかなか残酷ですね。

FullSizeRender

高野六段、36%と少し持ち直しました。

藤井七段の頭が見えてますね。

FullSizeRender

ここで高野六段が投了しました。

藤井七段、昇級決定です!
今年は強さを見せつけましたね。
B級2組でも期待しています。

ではまた。