勝負の1手は、駒音 高く!

カテゴリ: 王位戦

昨日は王位戦挑戦者決定リーグ4回戦、菅井竜也八段対阿部健治郎七段戦でした。


菅井八段は阿部健七段に是非とも勝って、3連勝で藤井七段戦を迎えたいでしょうね。

2人の対戦成績は、菅井八段の2勝1敗です。

FullSizeRender

先手は菅井八段です。
菅井八段の中飛車に、阿部七段の構えはこれ何でしょう?(笑)

菅井八段が▲8六歩と相手の飛車先から、逆襲です。

FullSizeRender

前局面から△3三桂と跳ねました。
阿部七段は8筋は相手にしないという事でしょうか?

ここで昼食休憩になりました。

FullSizeRender

阿部七段は、1筋で角を金で取りました。

右辺での戦いです。
菅井八段の玉の守りが角だけです(笑)


FullSizeRender

ここで阿部七段が投了しました。

菅井八段、完勝です。
これで3連勝同士、藤井七段との対局が楽しみです。

ではまた。

昨日は王位戦挑戦者決定リーグ白組4回戦、稲葉陽八段対藤井聡太七段戦が行われました。


3回戦より先に4回戦なんですね。全勝同士の対局は後に取っておくのでしょうか(笑)

2人の対戦成績は1勝1敗です。

FullSizeRender

藤井七段はここで▲4五桂と跳ねて行きました。

開戦です。
両者とも前に、似た将棋を指していましたね。

今期の王位戦1回戦、羽生藤井戦と同じ局面です。

FullSizeRender

ここで昼食休憩なりました。

嫌味な歩の垂らしです。

FullSizeRender

稲葉八段が攻めます。
藤井七段の攻める順が回って来るでしょうか?

藤井七段、ピンチです。

FullSizeRender

Abema TVの解説は佐々木勇七段、聞き手は室谷由紀女流二段です。

AIの評価では、藤井七段かなりのピンチです。

IMG_6163

藤井七段は1分将棋になっています。

あれ?
いつの間にか逆転しています。

IMG_6164

解説が八代七段に変わりました。

藤井七段の評価が99%になっています。
藤井七段、ツキもありますね。

IMG_6165

藤井七段が勝ちました。

稲葉八段、頭を抱えています。
逆転負けは辛いですね。

FullSizeRender

投了図です。

これで藤井七段は王位戦リーグ3連勝です。

ではまた。

昨日は王位戦挑戦者決定リーグ白組2回戦、藤井聡太七段対上村亘五段戦が行われました。

紅組の無敗は永瀬二冠と佐々木大五段、白組の無敗は菅井八段と藤井七段です。
しかし他の棋士は全て2勝0敗ですが、藤井七段のみまだ1勝0敗です。
藤井七段としては、ぜひ無敗のまま菅井八段戦を迎えたいでしょうね。

両者の対戦成績は、上村五段の1勝0敗です。
その対局はまだ藤井四段の頃で、持ち時間の短い銀河戦でした。
藤井四段がまだ公式戦での横歩取り経験の少ない時期で、上村五段が上手く横歩取りに誘導して押し切った、頭脳的な勝利でした。

FullSizeRender

Abema TVの解説は角倉五段、聞き手は中村桃子女流初段です。

先手は上村五段です。
角換わりになっています。

FullSizeRender

角換わり腰掛け銀になりましたが、そこから上村五段が持久戦調に銀矢倉に構え直した所、藤井七段が△6五歩と仕掛けました。

FullSizeRender

前局面より、▲6五同歩△同銀▲6九飛となりました。
6筋が争点になりそうです。

ここで昼食休憩になりました。

FullSizeRender

A Iの評価は上村五段が47%、藤井七段が53%です。

藤井七段は昼食休憩が明けても、まだ考えています。

FullSizeRender

藤井七段が歩を取りながら△4四飛と、飛車を4筋に活用しました。

3四の角取りと4七への飛車成りを狙っています。

FullSizeRender

ここで上村五段が投了しました。

上村五段かなり健闘しましたが、最後は藤井七段に仕留められました。
上村五段は、事前に対藤井七段の準備をかなりしていたようです。

IMG_6142

終局後の様子です。
藤井七段のインタビューがあったようです。

ではまた。

昨日は王位戦挑戦者決定リーグ紅組3回戦、豊島将之竜王名人対永瀬拓矢二冠です。
2回戦より3回戦を先に行うのは、この両者のタイトル戦叡王戦七番勝負を控えているからだと思います。

二冠王同士の対決ですから、紅組では1番の注目のカードです。

勝った方が紅組優勝に大きくリードする事になるでしょう。


1回戦が全て終了しています。
順当な結果が続いています。
もちろんこの両者とも1回戦は勝利しています。

両者の対戦成績は、豊島竜王名人の2勝1敗です。
意外と対戦少ないんですね。

FullSizeRender

先手は永瀬二冠です。

永瀬二冠は矢倉、豊島竜王名人は雁木の変形でしょうか?
▲3三金が珍しい形です。

FullSizeRender

豊島竜王名人が△6五歩と仕掛けました。

豊島竜王名人の囲いも、3三の金と4三の銀が入れ替わった矢倉になっています。

FullSizeRender

Abema TVでライブ中継しています。

AIの判断では、永瀬二冠が有利なようです。

FullSizeRender

豊島竜王名人は飛車と馬の引きで、入玉を阻止出来るか?という状況になって来ました。

5二の銀も9二の香も浮いているのが、ツライですね。

FullSizeRender

ここで豊島竜王名人が投了しました。

先手玉が5三の飛車と持ち駒の香歩だけでは、寄せられない状況になっています。
永瀬二冠、強いですね。
永瀬二冠にとって、この勝利は大きいです。
王位戦挑戦へ一歩前進です。

ではまた。

昨日は王位戦挑戦者決定リーグ白組1回戦、菅井竜也八段対上村亘五段戦でした。


1回戦の最終局です。

両者は初手合いです。

FullSizeRender

先手は菅井八段です。

菅井八段の向かい飛車に、上村五段は各道を開けない船囲いです。

FullSizeRender

角筋を開けない…と言ってたら、上村五段開けました(笑)
対して菅井八段は穴熊です。

ここで昼食休憩になりました。

FullSizeRender

菅井八段は7六の歩を▲同金と取りました。

一見タダに見える金ですが△7六同飛と取ると、▲3三角成りで痛い目に遭います。

上村五段に銀があれば、△6七銀が打てるのですが…。

FullSizeRender

ここで上村五段が投了しました。
早い投了ですが穴熊は手付かずで、大差のようです。

さすが菅井八段、強いですね。

ではまた。

このページのトップヘ