勝負の1手は、駒音 高く!

カテゴリ: 藤井聡太

昨日は朝日杯将棋オープン戦準決勝、千田翔太七段対藤井聡太七段戦でした。


藤井七段、3連覇出来るでしょうか?

2人の対戦成績は、藤井七段の2勝0敗です。

FullSizeRender

先手は千田七段です。

角換わり腰掛け銀になりました。
藤井七段が△6五歩と仕掛けます。

FullSizeRender

千田七段は▲6一飛と、王手銀取りをかけました。
銀を取れれば、桂香得となります。
しかも竜が強く先手玉の上部は厚くなります。

FullSizeRender

ここで藤井七段が投了しました。

藤井七段、朝日杯での初の敗北です。
千田七段は初の決勝進出です。

ではまた。

昨日は順位戦C級1組9回戦、藤井聡太七段対高野秀行六段戦でした。


藤井七段はここまで8勝0敗、他に無敗のライバルはいません。この9回戦に勝てば、最終戦に敗れても、9勝1敗で現在の1敗のメンバー(佐々木勇七段、及川六段、石井五段)に順位で上回っているため、昇級決定です。

一方高野六段は、昨年度不調で降級点を取ったのですが、今期は好調で6勝2敗で降級点を消しています。
高野六段は対藤井七段戦のために、A Iを駆使して、かなり研究を積んでいたようです。
藤井七段にとって、油断ならない相手ですね。

両者は初手合いです。

FullSizeRender

先手は藤井七段です。

角換わりになりました。
腰掛け銀模様ですね。
高野六段の研究はもちろん、角換わりなんでしょうね。

FullSizeRender

やはり藤井七段得意の、角換わり腰掛け銀になりました。

▲4五桂△2二銀の仕掛けは、先日の▲藤井七段△澤田六段戦でも観ましたが、今度は▲3五歩なんですね(先日は後手の銀が5四で、▲7五歩)。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

△4四角の筋を避けての▲7九玉です。

FullSizeRender

夕食休憩の局面です。

角桂と銀の交換で、藤井七段が駒得しています。
藤井七段が▲6五銀と銀をぶつけてました。

FullSizeRender

Abema TVの解説は深浦九段、聞き手は飯野愛女流初段です。

AIの評価、藤井七段70%はなかなか残酷ですね。

FullSizeRender

高野六段、36%と少し持ち直しました。

藤井七段の頭が見えてますね。

FullSizeRender

ここで高野六段が投了しました。

藤井七段、昇級決定です!
今年は強さを見せつけましたね。
B級2組でも期待しています。

ではまた。

2019年の賞金・対局料ランキングが発表されました。


1位は豊島竜王名人です。
名人、竜王を獲得すれば当然ですね。
しかも失冠した棋聖戦、王位戦のタイトル戦にも出ていますし、銀河戦でも優勝しています。
将棋界の第一人者のひとりと言っていいでしょう。

2位は広瀬八段です。
広瀬八段はやはり竜王を12月まで持っていたのが、大きいです。
竜王は将棋界最高額賞金のタイトルです。
その他、棋王戦五番勝負にも出場していますし、暮れには王将戦挑戦も決めました。

3位は渡辺三冠です。
本当は渡辺三冠が将棋界の第一人者と言ってもいいくらい活躍しているんですが、竜王、名人の2大タイトルに縁が無かったため、3位でした。
それでも棋王、棋聖、王将のタイトル3つに、将棋日本シリーズで優勝しています。
しかも勝率8割前後をキープしているのは、驚異的です。

4位は永瀬二冠です。
タイトル2つはやはり大きいですね。
豊島竜王名人、渡辺三冠とタイトル戦でぶつかり、勝つ事が出来れば、将棋界の第一人者も見えて来るでしょう。

5位は羽生九段です。
2019年は、1988年以来久しぶりにタイトル戦に全く絡む事が出来ませんでした。
それでもNHK杯優勝がありました。
羽生九段は長らく、賞金ランキングベスト3位から外れた事はなかったと思いますが、今回は何とか5位で踏ん張れたといった所でしょうか?

6位は佐藤天九段です。
5月に名人を失いましたが、それまでは名人でしたから、この順位も納得です。
得意の横歩取りのブームが去って、苦しんでいるように見えますが、復活はあるでしょうか?

7位は木村王位です。
史上最年長タイトル初獲得に、将棋界は沸きました。
まだまだおじさんパワーを見せて欲しいです。

8位は久保九段です。
2月まで王将のタイトルを持っていました。
やはりタイトルホルダーは強いですね。
失冠後は少し不調なのが気になります。
振り飛車ファンの希望です。
復調はあるのでしょうか?

9位は藤井七段です。
全くタイトルに絡めなかった藤井七段が、とうとうベストテン入りです。
朝日杯将棋オープン戦で優勝しています。
ノンタイトルの割に朝日杯は賞金が高いですからね。
暮れの王将戦リーグ戦では、あと一歩の所でタイトル挑戦を逃しました。
今年は正念場です。
タイトル戦出場がノルマでしょう。
頑張って欲しいです。

10位は斎藤慎七段です。
10月まで王座のタイトルを持っていたので、藤井七段より下位なのはやや意外です。
もう少し上位でもおかしくないのですが、他の棋戦であまり活躍出来なかったのが響いたのでしょうか?

2019年は羽生九段のランキングダウンと、藤井七段の躍進が印象的でした。
将棋界はまさしく、世代交代が起きています。
2020年はどんな年になるのでしょうか?

ではまた。

昨日は棋王戦予選2回戦、藤井聡太七段対今泉健司四段戦でした。


棋王戦五番勝負がまだ始まってませんが、予選は着々と進みます。

両者の対戦成績は、1勝1敗です。
この2人といえば、NHK杯での逆転が印象深いですね。

FullSizeRender

先手は藤井七段です。

今泉四段の三間飛車に、藤井七段の銀冠です。
今泉四段も銀冠の形ですが、玉の位置が変です(笑)

ここで昼食休憩になりました。

FullSizeRender

藤井七段がここで、▲3五歩と仕掛けました。

お互い銀冠になりましたね。

FullSizeRender

▲2六飛△2二飛▲3六飛△3二飛…となれば…危険です!

藤井七段、先手で千日手にはしたくありませんよね。
少し作戦失敗でしょうか?

FullSizeRender

ここで今泉四段が投了しました。

藤井七段、結構苦しみましたね。

ではまた。

昨日はヒューリック杯棋聖戦2次予選決勝、藤井聡太七段対澤田慎吾六段戦が行われました。


6ブロックです。
藤井七段の最年少タイトル戦挑戦の最後のチャンスが、この棋聖戦です。

両者の対戦成績は、藤井七段の3勝0敗です。

FullSizeRender

先手は藤井七段です。

角換わり腰掛け銀になりました。
また▲4五桂△2二銀▲7五歩の仕掛けです。
こないだの▲畠山鎮八段対△藤井七段と同じですね。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

藤井七段が▲4四歩と取り込みました。

FullSizeRender

ここで澤田六段が投了しました。

藤井七段、決勝トーナメント進出決定です。

ではまた。

このページのトップヘ