勝負の1手は、駒音 高く!

タグ:深浦康市

昨日はNHK杯将棋トーナメント決勝、深浦康市九段対稲葉陽八段戦が放送されました。


いよいよ決勝戦です。
どちらが優勝しても初優勝になります。

両者の対戦成績は、稲葉八段の4勝3敗です。

FullSizeRender

先手は深浦九段です。

矢倉模様から、稲葉八段が3三に銀を上がらないため、深浦九段が飛車先交換に行きます。

FullSizeRender

7三の地点で角桂交換になりました。

深浦九段、かなりの駒損ですが、8二の飛車が活躍出来るかどうかにかかっています。

FullSizeRender

ここで稲葉八段が投了しました。

深浦九段、初優勝です。

ではまた。

昨日はNHK杯将棋トーナメント準決勝、深浦康市九段対行方尚史九段戦が放送されました。


決勝進出を賭けての一戦です。
もう1人の決勝進出者は、先週勝利した稲葉八段です。

FullSizeRender

先手は行方九段です。

矢倉になりました。
完全に囲い合う前に、行方九段が▲3五歩と仕掛けます。

FullSizeRender

行方九段は2八の飛車が、動けないのが辛いです。

飛車が逃げると、1九の角で7三の馬が取られてしまいます。
深浦九段が△6五歩と銀取りに歩を突き出しました。
飛車が利いているので、厳しい攻めです。

FullSizeRender

ここで行方九段が投了しました。

深浦九段が行方九段の攻めを上手く封じながら、攻め倒しました。
深浦九段、決勝進出です。

ではまた。

昨日は順位戦C級1組9回戦、藤井聡太七段対高野秀行六段戦でした。


藤井七段はここまで8勝0敗、他に無敗のライバルはいません。この9回戦に勝てば、最終戦に敗れても、9勝1敗で現在の1敗のメンバー(佐々木勇七段、及川六段、石井五段)に順位で上回っているため、昇級決定です。

一方高野六段は、昨年度不調で降級点を取ったのですが、今期は好調で6勝2敗で降級点を消しています。
高野六段は対藤井七段戦のために、A Iを駆使して、かなり研究を積んでいたようです。
藤井七段にとって、油断ならない相手ですね。

両者は初手合いです。

FullSizeRender

先手は藤井七段です。

角換わりになりました。
腰掛け銀模様ですね。
高野六段の研究はもちろん、角換わりなんでしょうね。

FullSizeRender

やはり藤井七段得意の、角換わり腰掛け銀になりました。

▲4五桂△2二銀の仕掛けは、先日の▲藤井七段△澤田六段戦でも観ましたが、今度は▲3五歩なんですね(先日は後手の銀が5四で、▲7五歩)。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

△4四角の筋を避けての▲7九玉です。

FullSizeRender

夕食休憩の局面です。

角桂と銀の交換で、藤井七段が駒得しています。
藤井七段が▲6五銀と銀をぶつけてました。

FullSizeRender

Abema TVの解説は深浦九段、聞き手は飯野愛女流初段です。

AIの評価、藤井七段70%はなかなか残酷ですね。

FullSizeRender

高野六段、36%と少し持ち直しました。

藤井七段の頭が見えてますね。

FullSizeRender

ここで高野六段が投了しました。

藤井七段、昇級決定です!
今年は強さを見せつけましたね。
B級2組でも期待しています。

ではまた。

昨日は朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント準々決勝、深浦康市九段対千田翔太七段戦が行われました。

FullSizeRender

両者はそれぞれ1回戦で深浦九段は豊島竜王名人を千田七段は屋敷九段を破っての準々決勝です。

2人の対戦成績は1勝1敗です。

FullSizeRender

先手は深浦九段です。

矢倉になりました。
流行りの△4三金左型ですね。
深浦九段が▲4五歩と仕掛けました。

FullSizeRender

千田七段は1五の香を1七に成りました。

入玉態勢を整えています。

FullSizeRender

ここで深浦九段が投了しました。
後手玉は詰まず、先手玉は必至です。
千田七段準決勝進出です。

ではまた。

昨日は竜王戦七番勝負第3局、広瀬章人竜王対豊島将之名人戦の2日目でした。

FullSizeRender

封じ手の局面です。

広瀬竜王に成香が出来てますね。
現在後手の香得ですが、先手は7三の桂をいつでも取れる状況なので、互角といった所でしょうか?
持ち時間も1時間以上差が開いています。

FullSizeRender

封じ手は▲3五歩でした。

桂をすぐには取らないんですね。
▲4五桂と捌いていくという事でしょうか?

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

豊島名人の飛車銀桂が中央を支配しようとしていますが、4五の飛車は4一の香と6三の角に狙われています。

IMG_5210

Abema TVの解説は、深浦九段と八代七段です。

FullSizeRender

広瀬竜王は△4五桂打と、金取りに桂を打ちました。

激しい戦いですが、駒の損得はないんですね。

FullSizeRender

ここで広瀬竜王が投了しました。

これで豊島名人の3連勝です。
広瀬竜王は後がなくなりました。
意外な展開です。

ではまた。

このページのトップヘ