勝負の1手は、駒音 高く!

タグ:藤森哲也

昨日は叡王戦七段戦2回戦、村山慈明七段対藤井聡太七段戦でした。


1回戦の豊島七段対村山七段戦は、村山七段が勝ちました。

両者は初手合いです。
村山七段が関西に移籍したので、これからはよく当たるかも知れませんね。

FullSizeRender

先手は村山七段です。

角換わり腰掛け銀になりました。
藤井七段が△6五歩と仕掛けます。

IMG_4737

Abema TVの解説は藤森五段、聞き手は上田初美女流四段です。

村山七段は馬取りを無視して攻め、藤井七段もなかなか馬を取らずに、対応しています。

あまりにも激しい展開に2人は驚いていますね。

IMG_4738

今度は、中川八段と田中五段のダブル解説です。

激し過ぎて手が見えないと、中川八段。

FullSizeRender

村山七段は金を取らずに、▲3四桂と後手玉に迫りました。

藤井七段、△6六角からの反撃のチャンスですが…?

FullSizeRender

藤井七段、△6六角ではなく△7五角??

次に△6六角打という事ですか?
捻り出した手だと、中川八段。

FullSizeRender

藤井七段は△6八角と打ちました。

藤井七段は、攻めさせられてる雰囲気です。
村山七段が優勢かも知れません。

FullSizeRender

藤井七段は飛車を取られるならと、角を切りました。

中川八段は、村山七段が勝勢と見ているそうです。

FullSizeRender

ここで藤井七段が投了しました。

村山七段、快勝です。

IMG_4745

感想戦です。

藤井七段、悔しそうですね。
今、トッププロの壁にぶち当たってる所でしょうか?

ではまた。

昨日は王座戦挑戦者決定トーナメント準決勝、豊島名人対羽生九段戦が行われました。


いよいよベスト4です。

豊島名人が三冠復帰へ前進するのか?
羽生九段がタイトル100期へ前進するのか?
注目です。

IMG_4311

対局開始直前です。

関西将棋会館の御上段の間ですね。
当たり前ですが、豊島名人が上座に着いています。

FullSizeRender

羽生九段の先手です。

羽生九段の3手目の▲1六歩は意表の1手ですね。
羽生九段、振り飛車でしょうか?

IMG_4312

Abema TVの解説は大石六段、聞き手は長谷川優貴女流二段です。

関西所属の2人ですね。

FullSizeRender

羽生九段の藤井システムでした。
久しぶりですね。

豊島名人は穴熊を目指さずに、△ 7五歩と急戦を仕掛けました。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

前局面より、▲7五同歩△6四銀▲7四歩となりました。
取られそうな歩を突き出す、手筋ですね。

IMG_4313

今度の解説は斎藤王座、聞き手は上田初美女流四段です。

まさしくこの王座戦のタイトルホルダーです。解説に出て来るのは珍しいですね。
昨日は順位戦だったので、東京に来てたんですね。

IMG_4317

今度は斎藤王座と藤森五段のダブル解説です。

FullSizeRender

羽生九段は▲8二飛と打ちました。

しかし△ 7五角で飛車を素抜かれてしまいますが、結局飛車角交換になるんですね。
竜を自陣に引かせて、自陣に閉じ込めようという事ですね。

ここでは▲8三飛とあったようです。
これだと飛車を素抜いた後の竜の位置が8三になるので、竜を封じ込める▲8四歩が先手になります。

FullSizeRender

夕食休憩の局面です。

羽生九段は豊島名人の竜を封じ込めました。

IMG_4318

豊島名人の夕食です。
親子丼ならぬ親子蕎麦におにぎりが付いています。

IMG_4319

羽生九段はシンプルなざる蕎麦です。
とろろ付きですが。

FullSizeRender

この羽生九段の飛車打ちはびっくりですね。

△6八と▲7九飛△同ととなれば、金は損しますが、と金をそっぽに行かせられるという事ですね。

FullSizeRender

羽生九段の攻めが続かず、一旦▲4八金と手を戻しました。

これは辛いです。豊島名人が優勢です。

FullSizeRender

豊島名人の決め手が出ました。

先手玉は寄っているようです。

IMG_4323

豊島名人が勝ちました。

これで豊島名人は挑戦者決定戦に進出です。
やっぱり強いですね。

FullSizeRender

投了図です。

以下▲3七同桂△1九銀▲2九玉△1八金▲3九竜で必至となります。

ではまた。

昨日は王座戦決勝トーナメント1回戦、藤井聡太七段対佐々木大地五段戦でした。


勝てば次は羽生九段です。
2度目の羽生藤井戦が実現すれば、またかなり盛り上がるでしょうね。

FullSizeRender

先手は佐々木五段です。

相掛かりになりました。
藤井七段が飛車先を交換しに行きます。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

藤井七段、踏み込みましたね。
△8七歩が今後どう生きるかですね。

IMG_7640

Abema TVは村田顕弘六段と藤森哲也五段のダブル解説です。

昼食休憩中です。

FullSizeRender

藤井七段が端角の弱点を突く、端攻めです。

佐々木五段はどう受けるのでしょうか?

IMG_7642

対局風景です。

両者、上着を脱いでますね。

FullSizeRender

藤井七段は△2六桂と、銀取りの攻めです。
飛車が利いているので、なかなかの攻めだと思います。

藤井七段、少しリードしているのではないでしょうか?

FullSizeRender

両者、もう持ち時間がなくなっています。

藤井七段が△5一金と指しました。
この手を藤井七段が局後に悔やんだそうです。

FullSizeRender

佐々木五段が逆転したように見えます。

FullSizeRender

藤井七段が執拗に攻めています。

しかし、ここではもう佐々木五段がリードしていると思います。

FullSizeRender

佐々木五段が端を逆襲して、竜を2枚作りました。
▲7二銀成と強引に力で攻めて行きます。

藤井七段、劣勢ですね。

FullSizeRender

ここで藤井七段が投了しました。

佐々木五段強いですね。

藤井七段今、1つの壁にぶつかっているのかも知れません。
長い持ち時間の将棋で、強いと言われている棋士に最近勝ててない印象です。
おそらく対局相手に相当研究されているんでしょうね。
藤井七段が今後も同じスタイル(相手の注文を堂々と受ける)を続けるんでしょうか?

個人的には堂々と受けて、研究で負けないように事前に準備して欲しいですね。

ではまた。

昨日は竜王戦第7局、羽生竜王対広瀬八段戦の2日目でした。

FullSizeRender

封じ手は▲5八金でした。

私の予想は当たりました!
自然な手ですけどね。

FullSizeRender

昼食休憩の局面です。

広瀬八段は手順に飛車を6筋に回り、8五の桂と共に反撃体制を築いています。
羽生竜王の馬は1四に追いやられて、先手が指しやすそうに見えます。

FullSizeRender

控え室に来ていた佐藤会長が驚いた手です。
▲4五馬から▲5四馬と銀を外す手順があるから、この手はないと佐藤会長が大盤解説会で解説していた直後だったそうです。

もしかしたらこの手が、敗着かも知れません。

FullSizeRender

広瀬八段が攻めます。

▲1五歩で馬の位置をずらして、急所の2三の地点を攻めています。

広瀬八段が優勢です。

FullSizeRender

羽生竜王が馬2枚で、先手玉に迫ります。
しかし届かない感じです。

広瀬新竜王が近づいています。

FullSizeRender

羽生竜王が△8九歩成と、先手玉に詰めろをかけました。

しかし後手玉には、詰みがあるようです。

FullSizeRender

ここで羽生竜王が投了しました。

広瀬新竜王の誕生です。
そして羽生竜王は27年ぶりの無冠だそうです。

羽生さんの無冠は私の世代では、信じられません。衝撃です!
もちろん、勝った広瀬八段が強いんでしょうけどね。

IMG_6121

Abema TVの解説は、谷川九段と藤森五段です。

心なしか、谷川九段もショックを受けている感じがします。
長年のライバルでしたからね。

IMG_6122

広瀬新竜王の記者会見です。

疲労の後が見えますね。
でも対局直後などは嬉しそうでした。

IMG_6123

Abema TVでは、初手から振り返りです。

今度は中村七段の登場です。
今日のAbema TVは豪華ですね。

佐藤会長が下関入りしていました。
問題となるのは、羽生さんの今後の呼称ですよね。
もしものためにその協議をするため、会長は来られたのではないかと思います。

私は羽生九段とはとても呼べません。
私の希望はとりあえず前竜王を名乗ってもらって、正式な理事会で羽生さんの永世称号のどれかを名乗る許可を協議して欲しいです。

有力なのは1番獲得の多い名誉王座でしょうか?
同時に谷川九段の十七世名人も許可してはどうでしょうか?

過去に大山十五世名人や中原十六世名人、米長永世棋聖などの前例があります。
時代に合わないと、若い世代や将棋界以外からの反発もあるかも知れませんが。

ではまた。

このページのトップヘ