勝負の1手は、駒音 高く!

タグ:阿部隆

昨日は王座戦2次予選準決勝、阿部隆八段対藤井聡太七段戦でした。

FullSizeRender

王座戦2次予選も着々と進んでいます。

両者の対戦成績は、藤井七段の2勝0敗です。

FullSizeRender

先手は阿部八段です。

矢倉になりました。
最近矢倉、増えて来ましたね。

阿部八段が積極的に▲5五歩と仕掛けます。

FullSizeRender

前局面より、△5五同歩▲6六銀となりました。

ここで、昼食休憩になりました。

FullSizeRender

夕食休憩の局面です。

角金交換で、藤井七段が駒損になっています。
藤井七段が△5六歩と歩を突き出しました。
藤井七段が攻める展開です。

FullSizeRender

藤井七段が5七に打ち込んだ銀を、阿部八段が▲5七同銀と取りました。

藤井七段が一方的に攻める展開です。

FullSizeRender

ここで阿部八段が投了しました。

藤井七段の玉はまだまだ安泰ですので、完勝ですね。
藤井七段、王座戦2次予選決勝進出です。

ではまた。

昨日はヒューリック杯棋聖戦2次予選準々決勝、阿部隆八段対藤井聡太七段戦でした。


2次予選の1回戦で、準決勝です。

このメンバーなら、藤井七段は順当に抜けられそうです。
他の棋士方には申し訳ありませんが m(__)m

2人の対戦成績は、藤井七段の1勝0敗です。

FullSizeRender

先手は藤井七段です。
角換わり腰掛け銀になりました。
お互いに飛車を四間飛車?(笑)にしています。

ここで、昼食休憩になりました。

FullSizeRender

阿部八段が△4四歩と仕掛けました。

藤井七段の▲6五歩に対する反発ですね。

FullSizeRender

藤井七段は▲4五銀と5四の歩を狙いに行きます。

阿部八段、反発に行った4筋は逆に制圧されています。

FullSizeRender

ここで阿部八段が投了しました

ではまた。

昨日はNHK杯将棋トーナメント1回戦第5局、谷川浩司九段対安用寺孝功六段戦が行われました。


今回はBブロックです。
今年は関西の有力棋士がほとんど予選免除になっていた(藤井七段、都成五段、大橋四段など)ため、福崎九段や杉本八段、この安用寺六段や阪口五段など、これまで予選で苦杯を舐めていた棋士が出場出来ている気がします。

FullSizeRender

谷川九段の先手で、相振り飛車になりました。

谷川九段は金無双、安用寺六段は美濃囲いです。

谷川九段が▲8四歩と仕掛けました。

FullSizeRender

この谷川九段の▲4三竜が良くなかったような気がします。
次の△5三香が5七の地点まで利いて、後々後手の攻めに迫力が増してしまいました。

FullSizeRender

ここで解説の阿部八段は、先手玉に詰みがあると言っていました。

確かに△4九銀から詰みそうです。

FullSizeRender

ここで、谷川九段は投了しました。
残念な逆転負けですね。

ではまた。

昨日は順位戦B級1組8回戦、阿部八段対永瀬七段戦がありました。


B級2組は永瀬七段が全勝、1敗で中村七段、窪田七段、千田六段と続きます。

永瀬七段は単独トップを走っています。
永瀬七段は今年B級2組に上がったばかりで順位が悪く、B級1組昇級のためには何としても無敗をキープしたい所でしょう。
タイトル挑戦経験もありますし、私はB級1組に上がるべき人だと思います。

FullSizeRender

先手は永瀬七段です。
昼食休憩の局面です。

角換わり腰掛け銀になりました。
△4一飛の形ですね。
去年の棋聖戦五番勝負で話題になりました。

FullSizeRender

夕食休憩の局面です。

駒の損得は桂香交換でほとんどありません。
阿部八段の玉が上ずって見えます。
例えば、▲1五歩△同歩▲同香△同飛▲4一角はどうでしょうか?王手金取りです。
飛車は成られますけどね。

残り時間にかなり差がありますね。

FullSizeRender

前局面から▲1五歩ではなく、▲5五歩△4四銀となりました。
△5五同歩は、香を打たれるんですね。

ここでは少し阿部八段がリードしているのかも知れません。

FullSizeRender

阿部八段が攻めに転じました。

ここでは、互角の戦いにみえます。

FullSizeRender

阿部八段の△8三香に、▲8五歩と突き出しました。
玉の懐が広がった感じです。
△8三香どうだったのでしょうか?

FullSizeRender

前局面より△8六歩▲同玉となりました。

やや阿部八段が攻めあぐねているように見えます。

永瀬七段が優勢です。

FullSizeRender

ここで阿部八段が投了しました。

永瀬七段全勝キープです。
B級1組が見えて来ました。
窪田七段は田村七段に敗れたため、昇級争いから一歩後退です。
もう1人の1敗者千田六段は、藤井九段に勝ったため、昇級者争い3番手に上がりました。
中村七段は後日対局になります。

ではまた。

6/29に行われた竜王戦本戦トーナメント2回戦、藤井七段対増田六段戦において、藤井七段に「待った」の疑いがかけられていました。

FullSizeRender

この局面で、藤井七段は秒に読まれ、最初△8六桂と打とうとして、指でちょんちょん。
桂を駒台戻そうとして盤の端に落とし、△8九飛と打ちました。
かなり慌てた様子でした。


基本的に、駒から手が離れれば、指し手完了がプロのルールです。
それから別の手に変えたとなれば、「待った」とみなされます。


しかし、アマチュア同士の将棋での待ったと言えば…。

例えば、自分が間違えて相手の角の効きに飛車を動かしてしまって、相手が角で飛車を取った事で自分の間違いに気づいて「待った!今のなし!」みたいな流れですよね(笑)

私も道場で相手のおじさんが、私の角の効きに駒を逃げたので、普通に取ったら、「うわー、今の!」というので、私は「待ったはなしです!」と強く言って、受け付けませんでした。
すると、そのおじさんはすぐ投了してどっかに行ってしまいました(笑)


藤井七段の場合は指した瞬間、気付いたんでしょうね。馬で打った桂を取られたら王手になることを。
ちょんちょんしてるので、少しは指が離れていても不思議はありません。

昔のプロ同士の公式戦は、密室で行われているので、対局者同士と記録係しかいません。記録係は奨励会員(プロの卵)なので、プロに強く指摘する事は出来ないでしょう。対局相手が抗議しない限り、明るみには出ない事も多かったのではないでしょうか?

今はネット中継される対局も多いので、映像が放送されていれば、隠しようがありません。
藤井七段の場合もそうです。
ネットで大騒ぎになりました。


実は過去1度だけ、「待った」をして処分を受けた棋士がいます。
皆さんご存知のひふみんこと、加藤一二三九段です。


加藤九段の場合、最初桂を成らずにビシビシと2回ほど駒音を立ててます。最初の駒音くらいで、記録係は指したと判断して秒読みをやめています。しかし加藤九段が駒を裏返してまた打ったため、時間切れ後の着手完了となりました。
対局相手の阿部七段はもちろん抗議して、加藤九段が処分される事になりました。
処分内容は、対局料の没収と、次回1回だけその棋戦への出場停止(銀河戦)となりました。
なかなか厳しい処分でしたね。


私の考えは、藤井七段は加藤九段ほど悪質ではないし、今回は「注意」くらいで特にペナルティはないかな?と思ってました。

しかし将棋連盟は、もっと甘かった(笑)
「これは反則ではなくて、マナー違反。師匠から注意すると聞いている。」とのこと。
連盟は何もしないんですね(笑)

まあ将棋連盟にとって、藤井七段は新しいスターですからね。
まだ高校生だし萎縮されても困るので、のびのび育てたいとの気持ちの表れですかね(笑)

でも藤井七段、2回目はダメですよ (笑)

ではまた。

このページのトップヘ