日曜日と月曜日は、
基本的に働かないようにしています。

土曜日。

ワンマンショーをした後に、
路上ライブに行こうと思ってたのに、
撃沈しました。

楽しみにされてた方すみません。

んで。

ライブの帰りに、
川越のいつものおまわりさんと雑談。

おまわりさんは川越の事が好きだって言ってた。
人が暖かいから、
小松君はまだ川越に住みな。
って言ってくれたんです。

んでね。

おまわりさんが言ってた、
川越の良い所の表現が素敵だった。
『この街は物を拾って届けてくれる人の方が、
 物を無くして探しに来る人よりも多い。』 

僕もそういう暖かい町で暖かく生きようと思いました。

んで、
日曜日。

家臣正道のワイン発表会に出席。

美味しい食べ物とワイン。
ワインは喉に影響のない唯一のお酒。

凄く素敵な時間を過ごせました。 

正道のご親族もいらっしゃったんだけど、
若輩の僕が呼び捨てしてるのも気にせずに、
『これからも正道を宜しくお願いします。』 
って言われちゃいました。

なんかノリが小松家に似てた。(笑)
元名門っていうのはそういう気風なんだろうな。 

いい時間を過ごした。

ってわけで。
ガンガン頑張って活動していきますよ!!(`・ω・´)

連載小説 小説『おとぎばなし』

携帯版購読申し込み
PC版購読申し込み

そう言えば、
自伝小説。

書いてるんですよ。

メルマガ週刊連載
『自伝小説 小松純也の軌跡』
月額 330円

ご登録は下記URLからお願い致します。

PC版
http://www.mag2.com/m/0001345951.html
携帯版
http://mobile.mag2.com/mm/0001345951.html 

ま。
お暇な方は、
1週間に1回なんでご購読ください。

実は、
徐々にオリジナルの方に書き足しています。(笑)

ってな訳で、
手探りで色々な事を考えています。

それを一つ一つ何かやっておいた方がいい。

これから、
もっと世の中が荒れると思うのです。

なんかさ。
ここ数日また毎日地震がありますね。

いろいろ心配ですね・・・。

なんかアフィリエイトの成功方法の書いたデータ。
フリーダウンロード可能です。
フリーアドレスを取得してゲットして下さい。
その後のDMが割りと面倒臭いんですよ。(笑)


【孫子から学ぶ】

ダウンロードして孫子を学びましょう♪
無料です♪

みんな一緒にモッピーしようよ♪
モリッピー可愛いよ♪
無料で登録してほぼ無料で利用出来、
有料アイテムの料金を自サイトで稼げる優しいサイトです。
モッピーご登録頂くと小松純也に100円入ります♪
小松純也は毎月1,000円稼いでいます♪
こないだも知らない間にお友達会員さん増えてたよ♪
バイトなんかしなくてもで1時間10人誘えば時給1,000円だよ♪

そう言えば・・・。

mixiアカウントが停止になったので、
新しいアカウントを作りました。
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=46502224

このURLです。
是非ともこれからもマイミクして下さい。
誰もしてくれない・・・。
人望のなさを痛感しますなwww

宜しくお願い致します。

それではそれでは♪ 


これらのサイトの広告クリックをして、
小松純也の活動をお助けください。

小松純也 悲劇的主役症候群


アフィリエイトのコツは、
どっかにも書いてたけど、
あくまでも副業にする事だと思います。

このaaaの広告はPVで収益上がるからお勧めですよ。

携帯アフィリエイトなら
AAAで決まり!!


では。

自伝やサイトも宜しく。

【小説執筆】

メルマガ週刊連載
『自伝小説 小松純也の軌跡』
月額 330円

ご登録は下記URLからお願い致します。

PC版
http://www.mag2.com/m/0001345951.html
携帯版
http://mobile.mag2.com/mm/0001345951.html

小松純也がWEB小説家を目指します!
第1回目は『小説 おとぎばなし』
毎日がリアルに感じられない少女。
リアルを感じる為に手首に傷を重ねます。
その少女に命を思い直させる出来事が・・・。
小松純也処女作です。
月額 882円

ご登録は下記URLからお願い致します。

PC版 
http://www.mag2.com/m/0001354790.html 
携帯版 
http://mobile.mag2.com/mm/0001354790.html

小松純也情報はこちら↓

http://komatsujunya.jp/
http://komatsujunya.com/
https://www.facebook.com/komatsujunya 

メルマガ
PC版
http://www.mag2.com/m/0001345932.html