今年のスミレ観察の旅はまず関東から始めました。
何時まで続けられるか。。と毎年考えながら今年も幾つか計画を友人たちと立てています。

まずはツクシスミレの生えている東京都内の公園へ案内してもらいました。
もう、すみれ好きの皆様にはお馴染のポイントらしいですが、もともと沖縄にも生えていたらしいこの
すみれさんに会うために東京に出かけると言うのは微妙な気持ちです。
地元沖縄で会いたかったなぁと思わずにはいられませんが、もういなくなってしまって、背に腹はかえられません。
なんてつぶやきながら。。。

訪れたこの日は待ち合わせの喫茶店に入るだけでも大変でした。
というのも大型の台風なみの春一番かなと思える強風と雨(その時は小雨ですが)の日でした。
公園の入り口でも木の枝が落ちてくるので、と注意を受けて入ります。

resize9377

resize9378
公園に入ればすぐに花が見つかりました。まだ咲き始めというか冬から目覚めたというばかりの状態かなぁ。
resize9375
今、家でも鉢の中で咲いてますが、こっちは株も小さめでした。
何処に住んでても可愛いすみれに変わりはありませんね。
resize9372

resize9366
1971年に発行された「琉球植物誌」の記載をみると、
ハイスミレ(ツクシスミレ、ケナシハイスミレ)として登録されている。
日本での分布は南九州以南、沖縄(まれ)、台湾、中国南部、ヒマラヤ、比島、台湾、
中国産は内地産に比べて毛が深く変種として区別される事もある。

日本の自生種するすみれではなくて、朝鮮、中国からから何かの形で持ち込まれた帰化植物でそれが野生化した物であると言われているそうだ。環境が気にいれば繁殖力はとても強く、一見小さく弱そうにみえて、実はとても逞しいすみれさんではないだろうか。