こちらの山のフモトスミレは一番いい時期だったと思います。
花をいっぱい咲かせたのが多く、時間を忘れて写していたら、「こっちもいいよ!」上で声がかかり、なかなか前に進めません。おかげで超スローの登山になりました。
resize22141
こうしてみると見ると大きい花に見えますが、普通のフモトサイズだったと思います。
resize22142
























小さい花が風に揺れまくり。
resize22140















resize22149















フイリフモトもたくさんありました。
resize22155















resize22152














葉柄と花柄の長いタイプ。
resize22147














違いを見わける事をすっかり忘れていました。これが顔立ちですが、ヒメミヤマスミレとは大分雰囲気が違う様な気がします。前日のフモトスミレは距の色や花弁の後ろ側も紅かったけど、ここのは白ですね。
resize22138














葉の縁には毛がありました。
resize22158resize22156