2日間、あっという間に過ぎました。今年は白いタチツボスミレが良く咲いていました。
たくさんのすみれさんの中から、気になったものだけ取り上げてみます。

今年の私のお気に入りは会場入り口にあった淡い青紫色の文字で書かれた看板resize32904











それから気になったすみれの一つは上の写真の沖縄産のシロバナタチツボスミレ。
自生地は本当にあるのだろうか。。この頃気になっていた所ですが、メンバーの方に見せて頂いた古い植物の本に写真と自生地の名前が載っていました。自生地に行って探してみたいなぁ!

スワスミレがありました。残念ながら花が終わっていましたが、無理やり広げて写させてもらいました。両親がヒカゲスミレとエイザンスミレで交雑種でも果実が出来るらしいです。
自然の自生地でもこの両親が一緒に生えている所はあるので、webで自生地の交雑種の写真を拝見すると、今年こそは。。と希望を持っています。会いたいすみれの一つです。
resize32896
















ハツネスミレが出ていました。
両親はニオイスミレ(ヴィオラ・オドラータ)とニョイスミレらしく、ニオイスミレの鮮やかな紫紅色と、ニョイスミレの小さいキュートな形が混じっていて、ホントに好きになりました。どこか園芸屋さんで売っているのでしょうか。
resize32906













白いニョイさんも良いけれど、これもとても気に入りました。
resize32898
















ヒノクマスミレ、毎年展示会では見ていて、育てた事はないですが、魅力的な色に惹かれています。両親はアカネスミレ(オカスミレも)とコスミレです。アカネスミレの良い色が出ています。
自生地でどっちも近くにある所を通った事はあるんですけど、ヒノクマと言われるのは見た事がないです。
resize32909














側弁に毛はなかったので、コスミレの影響なんでしょうか。
これもいつか会いたいすみれさんです。
resize32910















カンコクスミレとメンバーで名前をつけているスミレがあります。
自生地は韓国だそうです。ほんとはちゃんとした種名が有るんでしょうが。。。
これもちょっときになるので載せてみました。
resize32911

















今年もたくさんのお客様に来て頂きました。有難うございました。
(期間2014 .3.1~3.2)