219b8754.JPGドイツでは、スーパーで買い物する時、レジの人に必ず挨拶する。「Hallo」とか「Guten Morgen」とか、そしてレジを済ませた後「さよなら」とか「ありがとう」とか週末だったら「良い週末を!」って挨拶する習慣があるんだ!
Barでも、レストランでも、パン屋でもそう!
挨拶する!!コミュニケーションを取り合う習慣がここにはある。

日本を思い出してみよう!

コンビ二では、店員は「いらっしゃいませ〜」っていうけど、客は無表情で何も挨拶しない!

レジでも無表情。そして店員は「ありがとうございました」「またお越しくださいませ〜」 

でも客はシカト!!

すげ〜〜寒い!!

コミュニケーションになってない・・・・・・

なんで???

なんで???

なんで無表情?

なんでシカト??

日本という国は、戦後、世界1経済が発達した。

ドイツにも日本の車・電気製品・漫画・ゲームが凄いある。

日本の経済力がわかるくらいに!

でも日本は経済を最も優先しすぎて、大切なものを失った。

経済の犠牲になったもの。それは「環境」。
そしてお金と引き換えに「人の豊かな心」を失った。

俺はここドイツにきて自分の使命がわかってきた。

今は好きなハンドボールをやっている。

でもこのハンドボールも経済と同じく競争社会。
中には勝つ為には手段を選ばない!って人も多い。

俺はこの競争から抜けようと思う。

俺の使命は、ハンドボールがウマクなる事じゃない。

俺の使命。それは、


「幸せに生きる事。」「そして、みんなが幸せに生きれる世界をつくる事。」


日本人は昔の暮らしを思い出すべきだ。

お金はないけど、「心は豊かだった」
互いに助け合い。みんなが一つだった。環境にも優しい暮らしだった。

それが、産業革命が起こり、モット・モットの世界になった。
大量生産・大量消費!

経済が潤う変わりに、自然を破壊した。
大量生産の為、野菜は農薬づけ。
 
物を循環させる為、次から次に新商品を開発し、物を大切にしなくなった。


俺は今まで、貧しい国・発展途上国がなんで貧しくなったのか知らなかった。
だからただ単に、「かわいそう」「助けなきゃ」って思ってた。

でも実際は違う。

俺達日本人。俺達経済大国のせいで貧しくなってる事を知った。

この世界は、この経済は、貧しい国はより貧しく。富める国はより富める。
そういうシステムになってる。

このシステムは、富める国がつくったシステム。

俺達、日本人の犠牲になったのが発展途上国の人々。
日本からも多くの人がボランティア等で支援してる。

でも元のシステムを変えなければ、意味がない。
根本を変えなくちゃいけないんだ!!

俺に何ができるかまだわからない。

でも俺は俺のできる事をしていく。
まずは学ぶ事。
今の世界の現状を。
多くの事を学ぶ。
それを伝えていこうと思う。

俺が変われば、俺が動けば、少なからず世界は変わる。

俺達が変われば世界は変わるよ!!
もう地球環境は手遅れって言われてるけど・・・
俺達が変われば変えられる!!

一人一人に地球の運命・人類の運命がかかってる。

みんな立ち上がろう!目を覚まそう!!