密林の凡人相場師

すぐ引退するおじさん

なんとか月間プラテンしました。プラテンを目標なんてしてはいけないのですが、月の真ん中くらいで崩れてからルールの修正を経て戻ってこれたのは自分にとっては意味がありました。

自分が狙うスイングサイズは5分と1分で落ち着きました。銘柄は225、ドル円、ユロドル。やることはこれで手一杯です。5分以上のスイングも始めは見てたのですが、自分の性格やキャッシュフローの無いリアルの状況では精神を維持して観察やトレードをすることはできませんでした。5分足と1分足のスイングの違いやプレイヤーの違いもなんとなくわかるようになりました。

今の課題は持つことができないことです。分割利食いの繰り返しや早利食いをしてしまうのですが、結局TPまで到達することが多々あります。分析の精度に対する経験不足からくる自信の無さと、後は心の余裕の問題だと思います。ずっと赤字の状態だったというのは大きいと思います。正しく持つことができれば、RRは更に改善されると思います。

ですので来月は心に余裕も持てるよう、ルール通りの正しいトレードを続けてプラス圏を維持したいと思います。

今月の目標はプラスで終わることが目標になってしまったので、明日は観察と検証で終わりそうです。


ドル円 -17,000円
ユロドル +21,937円

合計 +4,937円

月間 +173円

月間損益内訳
FX 
ドル円 -50,004円
ユロドル +85,696円

CFD225 +11,175円

日経225 -46,777円

1月 -43,531円
2月 +563,739円
3月 -1,155,817円
4月 ‐103,964円

年間 -718,210円(税引き前)

振り返ってみてルール外のトレードしてなければ、10万くらいは月間積み上がってたんじゃないかと思います。

月中にルール修正したのもあるんですが、来月に向けてしっかりルールを厳守して数字作れるようにしていきます。ルール通り機械みたいなトレードを続けて利が積み上がった感触を残さないと、まぐれでプラスになる月はあっても恐怖と迷いで玉は一生上げることができません。



ドル円 +36,750円

合計 +36,750円

月間 -4,764円

月間損益内訳
FX 
ドル円 -33,004円
ユロドル +63,759円

CFD225 +11,175円

日経225 -46,777円

1月 -43,531円
2月 +563,739円
3月 -1,155,817円
4月 ‐103,964円

年間 -723,147円(税引き前)

225は買い、ドル円買い、ユロドル売り。

225は途中で手放し再エントリー刺さらず、ドル円は終日苦労して、ユロドルは踏まれ。ドル円は結局インサイドで、ユロドルもレンジ中央から離れることはできませんでした。

今後のこと考えてました。来年2021年の末が専業で相場にチャレンジできる限界だと思います。限度に近くなれば判断も焦り、結果に繋がらないと思うので今年何とかできるかが重要です。

来年末に数字を作れるようになってなければ金を作らないといけません。就活をするのか、自分で商売を始めるのか。その時には手に職もなく、職歴もほとんど無しで四十路を迎えるので相当厳しいことは覚悟しています。最終手段も自分にかけてます。

とりあえず今年結果が残らなければ、最終決戦の1年に向けて色々覚悟せねばなりません。



ドル円 -21,841
ユロドル -24,650円
日経225 +21,995円

合計 -24,496円

月間 -41,514円

月間損益内訳
FX 
ドル円 -69,754円
ユロドル +63,759円

CFD225 +11,175円

日経225 -46,777円

1月 -43,531円
2月 +563,739円
3月 -1,155,817円
4月 ‐103,964円

年間 -759,897円(税引き前)

ユロドル +20,518円
日経225 -83円

合計 +20,435円

月間 -17,018円

月間損益内訳
FX 
ドル円 -47,913円
ユロドル +88,409円

CFD225 +11,175円

日経225 -68,772円

1月 -43,531円
2月 +563,739円
3月 -1,155,817円
4月 ‐103,964円

年間 -735,401円(税引き前)

ユロドル +16,345円

合計 +16,345円

月間 -37,536円

月間損益内訳
FX 
ドル円 -47,913円
ユロドル +67,891円

CFD225 +11,175円

日経225 -68,689円

1月 -43,531円
2月 +563,739円
3月 -1,155,817円
4月 ‐103,964円

年間 -755,836円(税引き前)

夕場でヤラレ。



日経225 -22,723円

合計 -22,723円

月間 -53,881円

月間損益内訳
FX 
ドル円 -47,913円
ユロドル +51,546円

CFD225 +11,175円

日経225 -68,689円

1月 -43,531円
2月 +563,739円
3月 -1,155,817円
4月 ‐103,964円

年間 -772,181円(税引き前)

取るときは苦労して苦労して、やられるときはあっさり倍やられるとか、こんなん仕事にならないです。

必死になってなんとか利益の上がるような商売って、ちょっとしたことで店潰れるんですよ。

日経225 -41,867円

合計 -41,867円

月間 -31,158円

月間損益内訳
FX 
ドル円 -47,913円
ユロドル +51,546円

CFD225 +11,175円

日経225 -45,966円

1月 -43,531円
2月 +563,739円
3月 -1,155,817円
4月 ‐103,964円

年間 ‐749,458円(税引き前)

ドル円のレンジにイライラしてしまった。

ドル円 -51,113円
ユロドル +8,000円
CFD225 +2,000円

合計 -41,113円

月間 +10,709円

月間損益内訳
FX 
ドル円 -47,913円
ユロドル +51,546円

CFD225 +11,175円

日経225 -4,099円

1月 -43,531円
2月 +563,739円
3月 -1,155,817円
4月 ‐103,964円

年間 ‐707,591円(税引き前)

ユロドルは昨日のチャネルブレイクで買い。ニュースっぽいので急伸したのである程度利食って、残り玉は同値決済。今日はユロドル売り。ショボ利益確定と、残り玉逆差し同値で放置。

エントリールールは厳守しますが、本質はルール化されたエントリー手法ではなく、トレンドの発生を仮説する推進波のスイングを捉えることができるかだと思います。手法ではなく、流れ、流れといいますが、推進波に成り得るスイングの発生を捉えることができれば、どこでエントリーするかという問題は二番目に重要になります。トレンドが発生してるなら前の高値安値は更新されません。

手法をトレードの中心に置くなら、私のエントリールールはレンジではやられることになります。エントリーの形にこだわる前に、そのスイングが3波目5波目を発生させることにできる、トレンドになり得るスイングなのかということをMTFで認識することが最も重要なのだと思います。

ですのでエントリールールをAパターン(値幅観測、逆張り)、Bパターン(足でトレンド転換確認、順張り)を作りました。BパターンはAパターンの半分ロットですが、損切幅が倍になるようにしています。



ユロドル +16,855円
合計 +16,855円

月間 +51,822円

月間損益内訳
FX 
ドル円 3,200円
ユロドル +43,546円

CFD225 +9,175円

日経225 -4,099円

1月 -43,531円
2月 +563,739円
3月 -1,155,817円
4月 ‐103,964円

年間 ‐666,478円(税引き前)

結局インサイドレンジの中ってことですが値動きが糞過ぎてイライラします。引け前の陰転の戻りで担がれました。

15分足サイズのスイング見ながら1分足を見てエントリーしてるんですが、レンジの中なんでやるなら目先の5分足のトレンドに忠実なほうがいいのかもしれません。やらんでいいんでしょうけど。

エントリー後逆行するが続いてて我慢のトレードです。月単位で数字を残したいので崩壊だけ絶対しないように。



日経225 -15,934円
ユロドル +602円
合計 -15,332円

月間 +34,967円

月間損益内訳
FX 
ドル円 3,200円
ユロドル +26,691円

CFD225 +9,175円

日経225 -4,099円

1月 -43,531円
2月 +563,739円
3月 -1,155,817円
4月 ‐103,964円

年間 ‐683,333円(税引き前)

↑このページのトップヘ