密室凡人相場師

給料ほしけりゃハッスルしな(赤塚不二夫)

2014年05月

日本に支店のある外国証券の口座を作っています。

マネックス証券の米国株取引がコストも安いしツールがめっちゃいいので一番いいとは思うのですけど、小額資金から始めたいので圧倒的に手数料の安い外国証券で口座を作っています。デイトレーダーなので圧倒的に安いコストは魅力です。

英文(すごい訳の日本語)のでものすごい長い申し込みをして、運転免許証でいいって書いていたので運転免許証で本人確認をしたら駄目だという連絡が来て何故か保険証でないとだめだそうで保険証を送って、さらに資産と収入がおかしいから説明しろというメールを昨日もらって2週間くらい口座開設と戦っています。

資産証明と収入証明と利益を生み出す方法と戦略を説明しろって。

でも海外証券で株の売買をしたいし、その経験もここに書きたいので諦めずに続けます。
週末資産証明と収入証明を日本の証券会社から出して収入の根拠をメールに書いて送ります。
週明けにカスタマーセンターみたいなところに電話してみます。

取引までが長い・・・
米国株はマネックスが一番楽でいいと思います。 

どんなに取引技術があってもどんなに買った経験負けた経験があってもこれが無かったら負けます。

それは「勝つイメージ 」です。

どうせ負けるんだろ?とか、日常生活が影響して自暴自棄になっていたりすると絶対に勝てません。なので僕は毎朝勝つイメージ作りは大切にしています。神棚にも手を合わせるし 、もし自分の中で悪いイメージがあればなるべく排除するように心がけます。何故か勝てず負ける日を振り返るとやはり、自分に負けるイメージがどこかにあった事が多々あります。

どこかで「俺は勝てる」という自惚れも必要だと思います。自惚れすぎも駄目で、これもまた相場の矛盾で常に不安感も同時に必要だとおもうのですけども。

悪いイメージの悪魔と目が合うと、一気にヤラレに引きずりこまれます。
とにかくいいイメージ、いい気分でいれるように、アロマもいいし音楽も大切だし、美味いものを食べるのも楽しく過ごすのも、モチベーションが上がるならキャバクラも風俗もいいと思います。勝つイメージ作りも戦略です。 

日々相場を張っていると例えば個別株が一方通行に動き続ける事って無いんですよね。でも、ランキングを見て上位銘柄を見て一日中株価が上がり続ける事はあるんです。

それで、「なんだ朝一で仕込んで一日持ちっぱなしにしていればどれだけ儲かっただろう?」って想像したりするんですけど、3000銘柄くらいあって一日上げ続ける銘柄をピンポイントで突く事はあまりにも確率が低い、また一日中株価が上がり続けると仮定してポジションをとり、失敗した場合の損失と比べると割に合わない。

・一方通行で買われ続けることも、売られ続けることも無い

そのために利喰い千人力だったり、損切りをして利益や損失を確定させていく。取ったポジションが思っていた方向にうまく動いてくれて、そしてその後需給が逆転しそうなところできちんと利益確定をする、間違っていれば損きりをする。相場はなかなか一方通行で動かないんです。


で、ここまで書いてこれと全く逆のことを書くのですけど、

僕は相場において運の要素を自分の戦略に組み込む事を否定しません。寄り付きで強いと思い買った株が一日中たまたま上がり続ければ買いのポジションを持ってればいい。わけのわからない買いが急に飛んでくる事でまったく運良く儲かる事はいいことだと思います。そして宝くじを当てる感覚で毎朝、寄り付きで「この株1日中上がり続けんじゃないかな?」ってポジションを作ります。大体は成功しないんですが、稀に月に1、2回当たってくれるときがあります。朝作ったポジションが上がり続け大きな利益を得る事ができます。 

僕は基本的に利益の質を2つに分けて考えていて、
・やられないようにコツコツ日銭を稼ぐ
・運任せで大きな利益を狙う(もちろんリスクリターンで投機するに値するチャンスの場合)
です。

答えを断じることができなくて「こういうふうに言い切れない」ところが相場の魅力だと思っています。一歩通行で相場は動かないからしっかり利喰いと損切りを繰り返し利益を残す。しかし、本当に一歩通行の値動きやアベノミクスバブルのような強烈に強い相場では細かい売買を繰り返すとコストや次にポジションを作れないといったチャンスロスもおこします。 バブルでは一緒になってバカにならないといけないと思います。

買い方の自分の中に売り方のイメージもないといけない、買い方優勢と判断し、買い方はポジションを作るけど判断ミスで売り方が優勢であったこともイメージしておかないといけない、利喰いのイメージと同時に損切りのイメージもしておかないといけない、買われている相場でも急落を意識しておかないといけない、答えの無い相場は結局バランスでできていてそのバランスをイメージし最良の答えを探し続け決断をくだす。

100点の答えにはなかなか近づけないし、相場分析や自分の判断も51%くらいしか当たってないように思うんだけどその中であーじゃないか?こーじゃないか?と必死でやってるとお金が何故か残ります。 

c8791cee.jpg





他にはつきだしのタコ、伊勢えびうにいかトロのお刺身、なんとか貝のにぎり、伊勢えびのお味噌汁、穴子にぎり、とろ山芋巻き、抹茶のデザートでした

大満足!

↑このページのトップヘ