密林の凡人相場師

すぐ引退するおじさん

2019年12月

やっと1000番台の線引きが終わりそうです。3日くらいかかったので、このペースなら遅くても1月中には9000番台まで全銘柄に線引きできます。

一旦線引きが終わったらラインの修正作業になります。修正作業は0からの線引きよりもスピードはずっと早いと思います。

まだ1000番台だけですが、少なくとも半分以上は、もしかしたら3分の2くらいは毎日観察する必要がないと思いました。毎日観察する銘柄が1200銘柄以下なら引け後におそらく毎日巡回できるんじゃないかと思います。残りの出来高も値動きも低い銘柄は週末巡回です。

引けエントリー寄り決済用の銘柄も、1200銘柄からトレステで抽出。スイング用の銘柄もザラ場の価格変化率のランキングで上位から確認していけば引けエントリーも逃さないのではないかと思います。スイングはもし逃しても翌日の寄り付きでエントリーできるのでいいです。スイングは引け寄りトレードほど価格の精度は求めないようにしようと考えてます。


大発会は2000番台までしか用意できないかもしれないですが、まずは揃ったものから正確に扱っていこうと思います。

スクリーニングしたものにラインを引くよりも、引いてある銘柄をスクリーニングしたほうが指にかかる感触は残ると思います。

想像しただけで吐きそうな線引きも、自分で引き続けないと意味が無いと思います。多分ここは楽をしてはいけない、真正面から向き合うところだと思います。

引いて引いて引いて引いて脳に刷り込みます。続けたら1年後化けてると思います。板でスイングをやってたときの板チャートマラソン1日1500銘柄くらいしんどいと思います。

でもあの感覚を取り戻したいです。後から考えるのではなく、考えた結果行動を取り続けるというやつです。睡眠不足で朦朧としてても正しい判断をしてたります。前に苦労するやつです。

【これからやること】

・株引けエントリー、寄り決済
・株スイングトレード

上記で日銭を稼げるようになったら、FX、株価指数。


【株をやるのに必要なこと】

・上場全銘柄にラインを引く
→新規 1日 例10件
→更新 1日 例100件

・銘柄巡回と注目銘柄のリスト化

・スイングのエントリーは引け、及び寄り付き。決済も引け、及び寄り付き。

・引けエントリー寄り決済はトレステのスキャナーで抽出。


-----

理想というか最終目標を書いてます。上場全銘柄にラインを引いておきたいです。3000銘柄だとして、1日100銘柄のラインの更新ができれば1ヶ月で1周の更新ができます。

週末を使えば3000銘柄巡回できます。3000銘柄から、スイングのシナリオを描けるものを抽出、次の1週間追います。

引けエントリー、寄り決済は日中足がある程度できないとシナリオが描けないので、引けエントリーリスト(まだ未定ですが225銘柄以外、直近1ヶ月で値動きのあったもの等をリスト化)から既に実行してる条件で抽出、エントリーするかどうか判断します。

-----

これだけやれば、綺麗な規則性が出ている銘柄を見つけることもできるし、引けエントリーも効率よくできると思います。

実際上記をこなそうと思ったら、起きてる間ずーっとチャートに線を引き続けることになります。1時間10件更新で10時間、他に新規の線引きや引けエントリーの作業なども入れるとギリギリだと思います。


でも、ここまでやらないと結果が出ないように思いますし、ここまでやらないと多分他のプレーヤーとの差別化は出来ないと思います。座右の銘というか自分のトレードのテーマですが、天才との距離を努力で埋めるには上記くらいしないと銭にならないと思います。


上記やりきって結果が出なければ、専業引退です。でも何とかなるんじゃないかと思ってます。
日銭を上記で稼げるようになれば、FXと株価指数の検証を日々のフローに組み込みながら再開します。


株は早期になんとかしないといけないですが、なんとかなれば、FX株価指数は数年単位でスケジュールを組みます。

ぱっとしないので見送り。

明日も権利関係でややこしそうなので見送ると思います。

買い決済 +8,587円

合計 +8,587円
税引き後 +6,869円

【今月の成績】
株 
-86,342円

6月結果 +189,066円
7月結果 
-130,846円 
8月結果 +141,820円
12月結果 -86,342円

年間 +113,698円


-----


6銘柄のうち5銘柄で利益が残りました。

地合いにもよりますが、暴落相場、下降トレンド相場以外は買いに絞ったほうが引けエントリー寄り決済は利益が出やすいかもしれません。売らないというのではなく、売りは相当条件が揃わないと窓を空けてくれないです。長期TLがちょっと崩れたくらいで売ってたら、カウンター買いにことごとく焼き尽くされます。

やはり株って買うもんだなと思いました。買い方のほうが強いです。じりじり永遠に買って10年にいっかいくらいパニックで売られる印象です。

あとは225銘柄より225以外のほうが素直な注文が入るように思いました。素直というか、カウンター側が少ない印象です。225採用銘柄はボラが出ないほうにカウンターが入ります。なんで225銘柄は綺麗な波形が出るのでスイング向きだと思いました。


今月は試しながらザラ場トレードもやっていたのでマイナスですが、このまま引けエントリー寄り決済を続けてたら利を積める状態になってくれるんじゃないかと思います。

エントリーできるのは50銘柄に1銘柄くらいです。500銘柄で10銘柄。1000銘柄で20銘柄。
銘柄数の問題はトレードステーションのリアルタイム検索で改善できそうです。1つの共通の条件をもとに選別してるんですが、これが出来ればもしかしたら2000銘柄くらい引け監視できるかもです。オートで50銘柄くらい出てくれば、それを分析してやるやらないをすればいいだけです。ただ登録銘柄300規制など問題はいろいろあると思うのでこれからになります。

また、自分のポジションサイズで寄り付きを不利に出来ないので、そんなに枚数は張れません。

月間成績にしてみれば20万、30万くらいが限界に思います。50万くらい引けエントリーで稼ぎたかったですが、今の想定では難しく思います。

引けエントリーに加え、来年1月からスイングトレードも始めようと思います。スイングトレードは玉の制限がほぼありません。ただ、結果の数字は引けエントリー寄り荒れると思います。


ザラ場は一切手を出さず、引けエントリー寄り決済とスイングを合わせて月間50万をまずは目指したいと思います。引けエントリーは安定感が出ると思いますが、成績の伸びはほとんど無いと思います。極めたとしてせいぜい月間50万くらいだと思います。スイングのほうがどうなるかわかりませんが、玉の理屈上無限に可能性があります。


上記引けエントリー寄り決済とスイングの株が落ち着いたら、FX、株価指数に戻ります。
なので、まずは安定して月間50万を作る、それが出来るようになれば50万の基本形をブラッシュアップしつつ玉の張る世界に進んでいきたいです。

↑このページのトップヘ