職業トレーダーを始めて11年目になります。初めて株を買ってからは12年目になります。間、実業と兼ね合いで3年くらいまともにやってない時期はありました。民主党政権時代です。

今は株に張り付いてないので全ての値動きを追えてるわけではないですが、たまに参戦すると流動性の低さとアルゴ感でとてもやれないと感じます。

今年は年間はまだ赤字ではないですが、2月から全く儲からなくなりました。見える形では利益しか自分を自分で評価できるものがないので、利益を出せないトレーダーというのは苦しいですね。気が狂いそうになります。今年は過去11年間で一番収益が少ない年になりそうです。

2月までの戦略はすでに1カイ2ヤリは僕の技術ではやれなくなったので、板ではなく上昇トレンドによるレンジの切り上げで数字を作ってました。これは完全に地合いに依存するので下降トレンドの相場では手も足も出ません。

だとするなら、次の大相場まで待たないといけません。2013年2014年2017年、このあたりでもっとリスクを取っておくべきでした。当時は、当時なりに限界までやってたつもりなんですが、反省です。

本音はもろ手を挙げて降参したいです。早く楽になりたいです。海の見える田舎に畑つきの一軒家を中古で買って週末に日払いバイトでもしながらお金減らさないようにのんびりやりたいです。


しかし、家族が居るのでもう一度奮起しないといけません。次のバブル(価格だけではなく流動性の急増と共に価格が上昇継続する相場)がいつくるのかわからないですが、元地場証券の底辺ディーラーとしては次が時間的にも難易度的にも最後のチャンスではないかと思います。次の大相場まで待てる最後のチャンスかもしれないですね。

株に関しては手を変えず、リスクを拡大して過去の遺物、老兵最後の決戦です。