密室凡人相場師

給料ほしけりゃハッスルしな(赤塚不二夫)

カテゴリ: 新しい戦略

【今日の成果】

・ドル円日足1時間足手書き継続追跡。
・中期4銘柄継続追跡。

【明日の予定】

・ドル円日足1時間足手書き継続追跡。
・長期銘柄2銘柄目完成。
・中期4銘柄追跡継続。

【メモ】

ドル円、
・日足ラインチャート
・1時間足ローソク足
・1時間足場帖
・玉帖

これを手書きしながらドル円追跡してました。日足のグラフでなんとなくの今の場所と、1時間足で背景というか相場環境というか流れを把握しながらトレードしてみました。

相場の環境認識の重要性って結構口すっぱく言われていることですがわかってるようでわかってなくて、例えば今日のドル円なら3波目で上昇チャネルを割ったので価格の調整、or価格の調整がなければ時間のレンジ調整っていうふうに見たりできると思うのですが、パソコンのチャートを見てるだけだとそのあたりの環境把握が実際のトレードになると抜けてしまうというか薄まってしまうように思います。それが、手で書くことにより「今日はレンジ相場なんだ」ということが脳に刷り込まれてるので、例えばレンジ真ん中あたりだからここは見送ろうとか、レンジ際まできたから怖いけど逆張りしようとかの判断がしやすくなるのではないかと思いました。玉帖も書いてみると玉帖の重要性がわかりました。リベンジトレードとかにブレーキがかかるのです。

ドル円の継続追跡はトレーニングになると思うので、継続してこうと思います。ドル円はルーティンにして作業効率化して、株も並行で勉強トレーニングできればと思います。

【今日の成果】

・ドル円日足2年分チャート描き。

【明日の予定】

・ドル円1時間足4日分描き。
・長期銘柄2銘柄目完成。
・中期銘柄追跡継続。

【メモ】

余計なこと考えて余計なことしてしまうんですよね。前のこと終わってないのに。

日足のチャートと場帖も重要だし練習にもなると思うのですが、デイトレ上がりのせいでリアルタイムで動いてるものを分析しないと不安に駆られてしまってドル描いてしまいました。

中長期銘柄の追跡継続に加え、ドル円の日足1時間足の追跡継続してみます。

ドル円の今度のトレードは、
・日足ラインチャート
・1時間足ローソク足
・日足場帖
・玉帖
をしっかり記録して。日足1時間足でタイミングと方向決めて5分足でエントリーポイント探ろうかと思ってます。5分足のタイミングが悪くても方向が合ってたらみたいなことができるんじゃないかなと思ったりなんかしたりして。

まあどうなるかわからんですけどね、というかうまくいくかわからないですが動いてるチャートで実践を交えたトレーニングができればと思います。ぜんぶうなくいかないから今こうなってるわけで、

・エントリー
・継続

ができるように頑張ります。

【今日の成果】

・中期銘柄追跡継続。

【明日の予定】

・長期銘柄2銘柄目完成。
・中期銘柄追跡継続。

【メモ】

考え事をしてしまい作業サボってしまいました。

作業が止まるほど考えないといけない間は取引はできないですね。ルーティン→掴むという感覚が生まれるまではおとなしくしておきます。

↓月末なんでまとめておきます

【今月の成績】
株 0円
先物 0円
FX    -6,705円(前日分)
株価指数CFD -218,048円
合計 -224,753円

【年間成績】

株 +1,548,162
先物 -61,863円
FX -95,453円
株価指数CFD -142,331円
合計 +1,248,515円

【今日の成果】

・長期銘柄2銘柄目チャート書き中。

【明日の予定】

・長期銘柄2銘柄目完成。
・中期銘柄追跡継続。

【メモ】

僕の悪い癖なんですがいろんなことを考えて手を出してしまいます。たぶんそこに答えはないので、新しい戦略どおりまずはコツコツ場帖とグラフの手書きを継続します。

何かの本で林輝太郎は80銘柄くらいを場帖とグラフで継続追跡していたと書いてました。それくらい増えればと。

あと少し長く取引をしていないと、感覚が鈍ってきたりエントリーが怖くなってきているように思うので、チャンスがあれば最小単位からエントリーしたいと思ってます。

【今日の成果】

・中期銘柄、1銘柄追加。合計4銘柄。(目標30銘柄くらい)
・中期銘柄追跡継続。

【明日の予定】

・中期銘柄追加。

【メモ】

バタバタしてしまったので作業量は少なめでした。手書きで時間をかけて落とし込まないと勝てる側には回れないと思うので、焦らず、でも毎日少しでも前進したいと思います。

平行してドイツ、イタリア、香港の株価指数も日足と1時間足の手書きチャートで追跡してやりたいと思うのですが、あまりやること増やして継続できないのも問題なのでぼちぼちやっていきます。

↑このページのトップヘ