密林の凡人相場師

すぐ引退するおじさん

カテゴリ:エントリーポイント検証1000本ノック > レンジブレイク

15M1H

15M1H。

角度のあるレンジの下限あたりでのエントリーです。

2回エントリーしていますが、エントリー方向と15分足25EMAが矛盾しないように待ちます。


5M

5M。

左の一つ目のエントリーは、大きな陰線がなければエントリー候補にはならなかったと思います。この大陰線で、5分足と15分足の25EMAの角度を変えました。チャネルブレイクのプルバックを25EMAを目安にエントリー。

二つ目はレンジブレイクの押しでエントリー。ブレイク時にライン際で小競り合いが無く足場が弱いので、25EMAとブレイクラインに反応したのを確認してエントリーです。


15M1H

15M1H。

長いレンジブレイクの押し(のブレイクの押しのブレイク)でエントリー。

1時間足で見ても15分足で見ても5波動目の5波動目なので最終波動を意識しておくこと。
25EMAリスペクトでみるとどちらの時間も上向き、15分足は25EMAを試したポイント。


5M

5M。

レンジ内はスルー。レンジ内でパターンブレイクがありますが、目立った足もないし不利なポイントが多いのでスルー。

レンジブレイク後もフォロースルーがないので調整や反応の確認を待ちます。

フォロースルーの弱いブレイクの後、ブレイクラインまで調整。ブレイクラインから継続の反転、その後高値でダブルトップを作り調整のブレイクラインと25EMAの間でスクイーズからブレイク、そのプルバックの足でエントリー。

・レンジブレイクの確認
・調整の確認(弱い)
・反転の確認(弱い、ダブルトップ)
・反転後のスクイーズからブレイク確認
・5分足15分足の25EMAの角度と距離を確認
・ブルバック→エントリー

これだけ確認してエントリーです。スルーしてもいいような元気の無い状態ですが、タイトストップ、108.500までの距離も鑑みて黙って25EMAリスペクトでエントリーです。


15M1H

15M1H。

上昇スイングに対しておおよそ半値押し。SR転換線上でトリプルボトムを作って反転。中期上昇チャネルの下限を触らなかったのが気になる。


5M

5M。

レンジブレイクしたあとのプルバックの反転でエントリー。25EMAとブレイクラインの試し、安値更新失敗、ダマシの安値、実体の包み足から反転ブレイク。

ここから左は値動きがなさ過ぎてエントリーできないと思います。ちょっと高いし108ラインまで狭いですが、全分足25EMA上向きなので、タイトストップでエントリー。


5分足


ドル円5分足


15分足

ドル円15分足


1時間足

ドル円1時間足

良い仕掛けポイントですがメジャートレンドに逆行しているのでTP、LC調整のエントリー。

------

エントリーポイント検証1000本ノックやります。1日11本で3ヶ月。

1000本ノックが終わったら実弾10万で実戦に入ります。そしてその10万を追加入金無し複利付で倍の20万にすることができれば計画的にロット上げして行きます。3ヶ月で倍化ならアベレージ1日8pipsくらいでしょうか。

10万を20万に出来ない、または何か問題があれば再検証に戻ります。

エントリーポイント1000本ノックで3ヶ月、実弾練習3ヶ月くらいに思っています。
来年の春過ぎ、夏になる前には本格的に玉が入れれるようになっていればと思います。

↑このページのトップヘ