密林の凡人相場師

すぐ引退するおじさん

カテゴリ: 雑記

取り返しのつかないくらいやられたら、もう立ち直れないと思うんです。コロナでクラッシュしながら正気を保って未だ相場と向き合うトレーダーは凄いです。

なので私は死なない程度に攻めて月間で数字をまとめたらどれくらいかと思うんですが。

ほんとどうしたらいいですかねこれから。今月しんどいだけでしょうか?2月の最終週からデイトレを始めて1週間で50万稼げたので200万くらいは数字でるかとおもったんですがとんでもないです。

でもまあいずれにしても、相場を離れるというのは専業の答えではないように思います。しんどくても稼げなくてもパソコンの前に座って株が動いてるのを眺める以外打開策は無いですから。

2年間デイトレから離れましたが、たぶん2年間頑張ってデイトレをしていればいくらかは利益が残ったと思います。正気といつでも戦える姿勢を維持しながらというのが最も難しいですが。

願わくば心の底からフローが欲しいです。不動産収入で月に50万くらいあれば最高ですが、ただの妄想です。心の余裕が無いと厳しくて厳しくてしかたありません。稼がなくてはいけないのに、稼がなくていいという姿勢を維持しないといけないからです。

・儲からなくてもいい
・取れるときだけやれればいい

こういうチャンスを待てる姿勢じゃないとなんかこれからの投資家は難しいように思います。なんらかのフローか、はたまた基本給か、逃げ切れるストックか、ランニングコストのいらない子供部屋おじさんか。

いやーぐちぐちですわ。ぐちぐちぐちぐち。

去年の五月からジムに通ってます。ジムでは筋トレと水泳をしています。

半年くらいは各部位10レップ3セットを基本に超回復を挟んで週2回転してました。半年くらいはそれなりにボディメイクが進んだんですが、半年を過ぎたくらいから見た目の変化と最大負荷の伸びが鈍化していたので変化が必要でした。

・回復しきれてないのにトレーニングをしている(各部位週2から週1へ)
・各部位が数値をこなすだけで毎回パンプまで追い込めてない。
・解剖学とトレーニング法を理解していない。
・とにかく部位数を詰め込み数字をダラダラこなしていたので速筋ではなく遅筋に作用していた。
・だらだらセット数こなすよりトレーニング毎、神の7秒間に最大負荷を賭け続ける。

問題点はこんな感じでしょうか。各部位を週一トレーニングへ、これにより最大負荷が再度伸び始めました。さぼった後に限って最大負荷が伸びる謎は感じてたのですが、週2では回復が追い付いていなかったようです。週一にして攻める部位も絞り時間にも余裕ができたので、例えば大胸筋でも上中下、肩も中心を意識しながら前後も攻めるようになりました。まだトレーニング内容を変化してからそんなに時間は経ってないですが、各部位こころなしかサイズアップし始めてるように思います。短期ではわからないですが、半年、1年では結構変化できるかもしれません。


でかくなりたいですね。ご飯は生卵2個に納豆と鶏むねを混ぜたものを基本に食べてます。プロテインは毎日飲んでましたがやたら太るので、タンパク質が足りてないときだけ飲んでます。

手に負えないザラ場の難易度、私はとっくの昔2018年の2月に勝ち側にまわることが終わりました。危機意識はありそれ以前から始めてますがチャートベースで勉強を続け、かれこれ3年くらいになります。

株のチャートに線をを引き始めたら日足週足なら美しい水平線、TL、チャネル、大中小のトレンドが現れます。もう、投資の世界でいきるなら中期長期しか無いとさえ思います。

短期でありデイトレやらなくていいなら、この危機的状況で専業やる意味ある?と思い始めてます。また、スイングから中期トレードになるとある程度逃げ切れるくらいの資産があるか毎月のキャッシュフロー、またはほとんど生活費のかからない実家暮らしで独身などの状況がないと変なことをしてしまいます。余裕がないととても出来ません。

まったり中期でやるなら、兼業でいいんですよね。ザラ場は見れば見るほどやられるし。チャートでプラン作って、IFDO注文で組んでいけばいいんです。寄り引けだって、日足ベースで見れば適当に注文出しても平均化されます。下手に精度上げようとするよりマシです。

FXも僕の才能がないだけなんですが、デイトレで毎日稼ぐものでもありません。自分の戦略の状況を待って待ってエントリーです。高回転でこなせないので結局それなりのポジションサイズがないと食えません。それこそある程度の資産を築くには数年以上の計画になります。

FXもある程度逃げ切れるストックがあったり、毎月のキャッシュフローがあったり、ほとんど生活費のかからない状況があったりしないと、待てなかったり変なことしてしまします。



株の引けエントリー、寄り決済である戦略を思うことがあるので、検証と実戦をしています。これが実れば日銭、つまり日常のキャッシュフローが手に入ります。日銭か稼げれば、上記の中長期トレードをどっしり腰をすえてできます。

例えばトヨタ自動車っていってもそんなに流動性が寄り引けで価格を動かさない程度に撃とうと思うならそんなに張れません。寄り引けトレードはそれ単体ではでかくなれないと思います。それこそ生活費が稼げれば御の字です。



なんで引け寄りトレードが成立しないとすればいよいよですね。ザラ場張り付く必要が無いのであれば、専業をする必要もありません。ザラ場やデイトレガチャガチャの未練が捨てきれずダラダラきていたように思います。

就職氷河期対象の公務員採用試験が地方でも国家でも来年から始まるそうです。もう気になって仕方ありません。心が弱ってるのかもですが、今マジ残業少ない系の公務員になりたいです。


いずれにしても、デイトレレベルの短期は本気で諦めました。決心すらつきました。腰をすえてトレードするための日銭が必要です。

ヤラレが続くとイライラして

・こじつけた根拠の無い(薄い)エントリー
・過剰エントリー
・(事前に決めてある範囲の最大の)ロット上げ

こんなのを繰り返して自滅しています。


株時代から大ヤラレや内容の悪いヤラレをすると減資をするようにしています。自滅で破産までしないようにです。連敗が止まり手が落ち着くまで半分、半分と減資していきます。

先月末に自滅をしたので半分以下に口座を減資して1日休みました。ロットサイズも半分以下になったんですがイライラすることも減り、ちょっとイライラして自滅してもその傷が浅く、心がぶっ壊れにくくなっているように思いました。

要は、死の壁が自分が思っていた以上にずっとずっと小さかったことが原因ではないかと思いました。

株時代も、もともと持っているハートは小さかったのでその幅を大きくするためにそれなりに苦労をして努力をしました。無理やりロットサイズを上げ続けた結果1日最大300万ヤラレ(1日最大利益は150万くらい)も経験しましたし、最終的に1日10万ヤラレ30万利食いの範囲まで膨らませ落ち着くことができました。

いきなりかつてのロットサイズまで到達できると考えてましたが、過去に経験したロット上げのプロセスをもう一度踏まないといけないのかもしれないと思いました。

また、ロット下げの効用としてエントリーが苦痛でなくなるのでチャンスロスをしにくいと思いました。ロット下げをすることで、リスクは小さくなっているのに利益が大きくなることはあると思います。


・今現在、精神が壊れず怖くなくエントリーロスカットできる最大ロットを把握する。
・過去のロット上げプロセスを踏襲する。
・ゆっくりじっくり丁寧にロット上げを続ける。


ロットサイズが大きくできないのは検証不足も経験不足も原因にあると思います。それも踏まえ、今のサイズを理解、把握しながらやっていこうと思います。

動かない相場でイライラして自爆して、心も資金も疲弊してるときに相場が大きく動くやつです。見事な悪循環です。

だから変なやられしたら駄目なんですよ。まして自爆なんてもってのほかです。トレードの流れが悪くなってしまう。
そんなのも含め相場です。反省して教訓とします。

↑このページのトップヘ