2009年02月03日

大内宿の節分

698c1a8a.jpg大内宿の豆まきは、田作りの頭を豆柄に差し唾を付け焼き(焼いた臭気と頭の怪奇で邪気を追い払う)それを窓や玄関に差します。そして大豆を炒り一升桝に入れ神棚に供え、大神宮にあげ申しますと言って福は内福は内、鬼は外鬼は外、鬼の目だまぶっつぶせと言って豆をまきます。まいた後は、豆を拾い年の数だけ食べ、残りは初雷の時食べると雷にうたれないと言われ初雷までとって置きます。
komeya_soba at 21:19│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
訪問者数