2012年 1/7(土)
老神温泉 金龍園 
★★★☆
平日500円 休日1050円
手形使用

2012年初湯はこちらの金龍園です。
老神温泉は湯巡り手形で(1,500円)3箇所お風呂に入ることができます。
調べてみると、土日は入浴料が500円から1000円と料金が倍になるところがけっこうあり、使いきれなくてもまた来ればいいかな、と思い湯巡り手形を観光組合で買いました。

荷物を一度宿泊する宿(東明館)に置き、再び来た道を戻ります。

老神温泉入り口のバス停からずっと歩いてきましたが、温泉街はかなり寂れている印象ですね。
酒屋やお土産やさんはあるのですが、シャッターが閉まっており営業していません。
大きな観光ホテルも営業していないようで(廃業?)、経営が厳しのかなぁ~?

川沿いにあるこちらの宿、見た感じはちょっと古い感じですが、中は結構きれいで高級感があります。
IMG_2718













お風呂は男女別内風呂と混浴露天風呂があり、さらに貸切風呂があるみたいですが、こちらは宿泊者専用かと思われます。

まずは、内風呂から入ることに。
IMG_2714













浴槽は2つあり、手前がやや熱めのお湯、もう1つは適温のお湯でした。
浴場に入ったときになんとも言えない臭いがしたのですが、硫黄の臭いとはちょっと違った臭いがしました。
その臭いもかなり弱いので、入っているうちに気にならなくなります。
湯口にはコップが置いてあったので、飲んでみるとややしょっぱい味がしました。
お湯の鮮度はそこそこよく、茶色い湯花が見られくせのないお湯ですね。

続いて混浴露天風呂へ。
IMG_2711













こちらも2つに仕切られており、入り口から入って手前の湯船はかなり温く、寒い時期の長湯はちょっと厳しいですね。
奥の露天風呂のほうはやや温めで、こちらは白い湯花が舞っていました。
あとで気がついたのですが、こちらの露天風呂、宿の脇にある道路から丸見えなんですよねぇ~

女性の方は入るのにはちょっと厳しいですかね。
ただ、歩いて通る人はこの時期はほとんどいませんでした。

個人的には、やや熱めの内風呂のほうが気に入りました。
ちなみに入っている間は貸切状態。ゆっくり入れました。


施設名 老神温泉 金龍園 大浴場 
源泉名 老神温泉 7号泉 
泉質   アルカリ性単純硫黄温泉
源泉温度 59.1度 PH8.5

露天風呂 8号泉、10号泉の混合泉(老神温泉)
泉質  単純温泉
源泉温度 47.1度 PH7.2