初めまして
ペット介護、シッター、ホテルのこみちと申します。
こちらではお世話させて頂いたペット達の様子や日頃の日記などを書いていきたいと思ってます^_^宜しくお願い致します。

まずは、「こみち」と言う名前にした理由なんですが、私がペット介護に興味を持つきっかけとなった愛犬、「みちこ」から付けています。

みちこの介護を通して色々感じた事や、学んだ事がたくさんあります。愛犬の介護......初めは不安ばかりでした。どうしたらみちこは快適に暮らせるのか、この症状は何?! みちこ自身はどうして欲しいのやろ。。
色々考えて悩んで、怒涛のように毎日が過ぎていきました。私は仕事をしながらの介護でしたので、私が仕事に行ってる間、みちこは私の母親と一緒にいてもらいました。私は色んなことを考えて考えて、ほんとにこれでいいのか悩んだり迷ったりしている中で、1つだけブレずに思っていたことがあります。それは、最期まで人の温もりを感じていて欲しい。という事でした。私の信念とでもいいましょうか。。。この事は私の母親も理解してくれたらしく私が居ない間、できる限りみちこを抱いていてくれたそうです。それが良かったかどうかはわかりません。みちこ自身もどう感じていたのかわかりません。犬それぞれ、人それぞれの考え方や感じ方があると思います。
みちこの場合、痴呆ではなく、尿毒症を最後の方は患っていたので寝ることもできず、食べることもできず、本当に辛そうでした。何日かおきに獣医さんへも行ってました。それは病院嫌いのみちこにとってはかなり嫌なことだったと思います。そのなかでもみちこは私や母親に抱かれてる間は鳴きもせず、動き回ることもなく、安心していたように思います。こんなになんでしんどいのか。何でこんなに辛いのか。ほんとにみちこにとっては不安と辛さでめちゃくちゃだったと思います。唯一飼い主がしてあげられること、、それがずっと抱っこして1人ではないよ。って伝えてあげられる事だと思ってました。いや、これからもそう思ってます。
飼い主それぞれ、ペットそれぞれ。色々思いや、考え方があると思います。そのなかでも目の前にいるペット達にできる限りの事をしてあげたい。みんなそう思っていると思います。
でもやっぱり人は人の世界でしないといけないことがあり、(仕事や付き合い、その他諸々。)飼い主さんがどうしても、みてあげられないときに、飼い主さんの温もりまでは真似出来ませんが、、人の温もりをあたえてあげられる、あなたはほんとに愛されてるんだよ。と伝えてあげられるような介護士、シッターになりたいと思ってます。
長々と書いてしまいましたが、、飼い主さんとペットがどちらも幸せでいられるお手伝いをさせて頂きたいと思ってますのでどうぞよろしくお願い致します