スプリングフォーラム(2018年3月17日)の案内学会HPの仮設サイトのお知らせ

2018年03月10日

年報15号(2018年12月発刊予定)の原稿募集

15号年報編集委員会 委員長
山本秀樹

 年報15号の原稿(特集テーマ論文、自由投稿論文)を次の通り募集します。
なお、第15号の特集テーマは「社会教育に関わる裁判、社会教育法23条の意味、集会・結社・表現の自由等」です。これまでの本学会の慣例で、年報の特集テーマは「課題研究」のまとめとして特集テーマを選定していましたが、今回は該当する「課題研究」がないことから、現在本学会で「プロジェクト研究」として行われている「
九条俳句不掲載問題プロジェクト」を発展させた形で、特集論文の募集を行います。

 特集論文については、エントリー時に要旨を提出して頂き、編集委員会による審査を経て、依頼論文としてご執筆をお願いしています。詳細は年報編集規程(『年報第14号』最終頁の編集規程、投稿規程、執筆要領ないし学会ホームページ)を参照願います。なお、本文提出後に編集委員会より、修正を求める場合があります。

◎エントリー(要旨)締め切り 420日、審査後に本文を提出していただくことになりますが、本文の提出締め切りは、731といたします。エントリーの締め切りが例年より早くなっておりますので、ご注意下さい。

 

自由研究論文の募集

 会員による自由闊達な研究活動を示す研究論文を、①自由投稿論文、②研究ノート、③実践報告の3区分で募集を行っています。今後の公民館研究の発展のために、諸会員からの積極的な投稿をお待ちしております。

 特に、本学会の性格上公民館の現場からの発信である実践報告を重視しており、実践報告の論文の長さも従来の12,000字以内から16,000字以内に変更して、より詳細な報告が可能になるように投稿規程も変更しました。
  投稿は、いずれも未発表のものに限ります。ただし、口頭発表やその配布資料、発表要旨等はこの限りではありません。

 自由投稿論文(研究ノート及び実践報告も含む)については、編集委員会が査読者を定めて査読を行い、必要に応じ修正を求める場合があります。査読を経て編集委員会が採否を決定します。

◎自由投稿締め切り(3区分共通) 710

 執筆要領、提出方法・郵送先等については、『年報第14号』巻末ないし学会ホームページの編集規程、投稿規程、執筆要領をご覧下さい。なお近年、制限枚数の超過等、投稿規程を遵守しない投稿が見受けられます。

投稿される方は、投稿規程について事前に十分に確認した上で投稿をお願いします。

 特に、初めて学術論文を執筆・投稿する方は事前に編集委員会宛(下記アドレス)にご連絡・ご相談いただけると幸いです。

 それから、20184月以降本学会の年報がJST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)の運営するJ-stage(科学技術情報発信・流通総合システム、https://www.jstage.jst.go.jp/)に公開される予定です。これまで、紙媒体でしか閲覧できなかった本学会年報の論文が広く学会員以外にも閲覧可能になり、本学会の研究成果が広く知られることとなります。学術団体である本学会の年報に掲載された論文の学術的価値が高まることを願います。多くの投稿をお待ちしています。


投稿宛先(年報編集委員会: kominkan2003nenpo@yahoo.co.jp)



kominkan_gakkai at 11:46│Comments(0)学会からの連絡 | 年報

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スプリングフォーラム(2018年3月17日)の案内学会HPの仮設サイトのお知らせ