日本公民館学会・7月集会の案内(第一報)

2018年05月28日

7月集会(7月14-15日) 第2報(修正版2018.06.2)

日時:2018年7月1415日(希望者は16日に周辺地域視察)

会場:気仙沼市前浜マリンセンター(宮城県気仙沼市本吉町前浜)
http://www.kesennuma.miyagi.jp/map/050/410/map79.html

共催:前浜地域振興会、前浜椿の森プロジェクト(予定)

 

<日程>

714() 15:00 17:00 理事会 

終了後  前夜祭(前浜マリンセンター)

715() 7月集会 

テーマ:震災後社会―持続可能な地域づくりと被災地復興 

<午前>

9:30 開会挨拶 前浜住民代表 畠山幸治

公民館学会会長 上野景三 

10:00-12:00

報告 (演者/仮題) 30/人、報告:20分、質疑:10分)

モデレーター:山本秀樹、千葉一 (予定)

1)          千葉一(東北学院大学)、「マリンセンター再建後の地域社会の現状と課題」

2)          秦範子(都留文科大学・非常勤)、「3.11後の地域を再生する学びー前浜椿の森プロジェクトを事例にー」

3)          田所祐史(京都府立大学)、「戦前における『災害記念』施設に関する一考察」

(気仙沼市唐桑地区の事例)

4)          片岡了(明治大学・非常勤)「宮城県旧本吉町の公民館のあゆみとその展開-朱膳寺春三をとのかかわりで」

<昼食>  12:00-13:00  昼食、前浜マリンセンタ− 施設見学

<午後> 13:00-15:30

総括討論 「震災後社会―持続可能な地域づくりと被災地復興 (仮題)

モデレーター:石井山竜平、上田幸夫

 追加発言

1) 石井山竜平(東北大学)、「震災後7年を迎えた被災地の担い手」

2) 増田研(長崎大学)、「復興か、リセットか:長崎・浦上地域における原爆被災後70年間の歩み」

パネルディスカッション(午前中の4名の報告者:千葉、秦、田所、片岡を合わせて)

15:30-16:00 閉会の挨拶・まとめ

17:00-19:00 懇親会 (プチロクにて)

716(海の日の祝日)希望者 被災地視察 気仙沼・石巻/陸前高田 他(学会としては行事を企画しません
各自 アレンジ下さい。)

参考情報

気仙沼の前浜マリンセンターまでのアクセス

http://www.miyakou.co.jp/cms/express/desc/14/

(宮交バス、三陸自動車道経由)

仙台駅高速バスセンター発 南三陸経由/気仙沼行き 

仙台赤牛海岸(最寄のバス停)

仙台発             12:20 赤牛海岸着  14:20

赤牛海岸発        14:38 仙台着       16:38

 

宿泊は、最寄のペンション/プチロク(公民館学会で7/14-16全館貸し切り済み、1泊 or 2泊可能)25名宿泊可能))

https://blog.goo.ne.jp/petit-roku

(学会で取りまとめて予約します)

1泊 6,000円程度・食事込み)

その他、近隣の宿泊先として「はまなす海洋館」あり (各自お申し込み下さい)

http://www.kaiyoukan.com/


 担当:山本秀樹 hideki-yamamoto@umin.ac.jp




kominkan_gakkai at 11:19│Comments(0)学会からの連絡 | 7月集会

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日本公民館学会・7月集会の案内(第一報)