aamall

2007年02月22日

サブプライム向けローン

マーケットでちょっとした話題になっている言葉の一つが”サブプライム向けローン”。米国の住宅ローン(=モーゲージ)の一種で、信用力の小さい、即ち低所得者向けの住宅ローンのことです。このローン返済が最近になって滞り始めているようです。ことの発端は昨年10月か11月にOwnitというカリフォルニアで展開するサブプラムローンをオリジネートする銀行が破綻したことです。確か、Ownitの親会社である、大手金融機関(投資銀行)が資金繰りで立ち行かなくなったOwnitに対して融資を拒否したことだったように記憶しています。その後も、これまた大手投資銀行でサブプライムローンを担当していたお偉いさんが報酬をカカットされたり、他のサブプライム銀行が悪い決算を発表したり、とかなりキナ臭い。

おかげでサブプライムローンを裏付けとした証券化商品が急落しております。ある調べによると、米銀の総貸出残高4.5兆ドルのうち、住宅ローンは1.8兆ドル、さらにサブプライムローンはその15%しかないので、悲惨な状況になったとしても、全体への影響はタカが知れている、というのが今のところのマーケットの解釈。もう少し慎重に見ておいた方が良さげな気がするが・・・


komisuke at 23:41│Comments(0)TrackBack(0)clip!マーケット 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール