2009年03月18日

卒園

0dc81474.jpgりんは、0才から4年間通ったジョイジョイ、
1才から3年間ママと一緒に作り上げてくれたピノキッズ
を、晴れて卒園となりました。

ジョイジョイもピノキッズも、りんとママにとって、かけがえのない所となり、たくさんの事を教えて頂きました。

「りんと君、0才の時からジョイジョイでみんなと楽しく神様を賛美したり、お話しを聞いたりしましたね。絵本が大好き、お友達と遊ぶのが大好き、イエス様が大好き。小さいお友達にいつも優しかったね。神様はりんと君が大好きです。りんと君も神様の事ずっと大好きでいてね。」

ジョイジョイの先生の最後のりんへのお手紙です。いろんな思いが浮かび、心にしみました。

りんと過ごした幼児クラス、第1章。
4月からは、なつと第2章が始まります。なつが卒園までの3年間、ここでどんなお恵みを頂ける事でしょう。

今までの、周りの方々に心から感謝しています。


komo_buchi at 12:42|PermalinkComments(0)

2009年02月07日

断乳その後

f8d887b0.jpg断乳後、1週間が経ちました。

この1週間、神様のお守りがあり、
無事に過ごさせて頂いたこと、
感謝しています。

なつは、よく食べるようになりました。
もともと食べていましたが、

ご飯は、2杯は当たり前。
人の手を借りるのが嫌なようで、
何でも最後まで自分で食べています。
その代わり、周りはものすごい状態になりますが・・・



断乳当日。
日中は、2回ほど、「おっぱい、おっぱい」と言ってきました。
パパも一緒にいた為、遊ぶことで気をそらしたり、
ご飯をあげたりして、難なくこなしました。

問題は夜ですが、
結果的には、朝6時まで、泣き続けました。
1時間泣いては、疲れて眠り、また1時間泣いて、疲れて眠る・・・
泣いている間は、ママのことを、なぐる、蹴る、蹴飛ばす、引っかく・・・
馬乗りになり、全身を使って、訴えるのです。

おっぱいが欲しい〜〜〜なのか、
これからどうすればいいんだよ〜〜〜〜なのか、
どうやって眠ればいいんだよ〜〜〜なのか、
ママは、駄々をこねれば、言う通りにしてくれる〜〜〜なのか、

ママとなつにとって、正念場の一夜となりました。

(男達は、そんな中、スヤスヤと起きる事もなく良眠でした。)


その後は、「おっぱい、おっぱい」と言うものの、
ママはどうするかなぁ〜という感じで、ママの出方を確認する言い方なので、

「おっぱいは終わったんだよ〜。なつもおっぱい飲まなくても大きくなって良かったよね〜」

と説明すると、諦めて、それ以上は言わなくなるのでした。


夜も、何とすんなり眠ることでしょうか。
たった1日のあの大泣きだけで、なつの気持ちが納まってきたようで、
ママは、なつの成長振りに、ビックリするばかりでした。


もともと感じてはいましたが、この断乳で、なつの人格を教えてもらった気がします。
生まれ持った、なつの意思の強さ。

ママも、なつにはなつらしく親が出来るように、
祈りながら、教えられていきたいと思いました。





komo_buchi at 10:40|PermalinkComments(1)

2009年01月31日

断乳

aab9bc63.jpg本日9時、なつの断乳を決行しました。

朝起きて、着替えて、落ち着いた頃、
最後のおっぱいを十分飲み、
おしまいとなりました。

なつには、1週間前から、
1月31日におしまいになることを、
カレンダーに書いて伝えていました。

伝えるたびに、斜め上を見てはぐらかし、
きちんとうなずくことは、滅多にありませんでした。



でも、確実に今までとは飲み方が違い、1日に飲む回数も増え、両手で触りながら、
うなずきながら、“おいしい、おいしい”と何度も言いながら飲んでくれました。


そして、今日。
“おっぱい飲もう”と声かけると
いつも元気一杯に、膝に来るなつが、来ません。

少しして、パパやりんにも促され、照れながら膝に座ったのでした。

その後10分間の最後のおっぱいを飲み、自分から立ち上がりました。

ママにもパパにも、りんにも、
“なっちゃん、おっぱいおしまいでいいの?”と確認され、
“おしまい”と言ってうなずき、

“ありがとう”と、言ってくれました。

そして、おっぱいに“バイバイ〜”と、別れを告げ、
何ともいえないなつの笑顔に、ママは胸が熱くなりました。

ここで、ママもなつと一緒に自立しなくちゃと、
気持ちを引き締めたひと時となりました。


続きを読む

komo_buchi at 10:50|PermalinkComments(2)

2009年01月22日

1歳6ヶ月

5d4dba70.jpgなつは、1歳6ヶ月になりました。
良く食べるし、良く動くし、
良く喋るし、歌うし、笑うし泣くし・・・

体も心も、みんなに支えられて
育っております。

なんにでも興味があるため、
手に取るものは、なんでもなつ仕様になります。

なつの近くに置いておく方が悪いのですが、
先日は、みかんが虫食い状態になりました。




最近、特に教えられたことは、
なつは、○○な子、りんは○○な子・・・と、親は考えがちですが、

その言葉を、その子の前で絶対、口に出して言ってはいけないということ。

激しい面もあるし、穏やかな面もある・・・
几帳面なところもあるし、がさつなところもある・・・
まじめなところもあるし、ひょうきんなところもある・・・

そんな可能性に秘めた子どもの人格に、
親の軽々しい言葉で、この子はこういう子だから・・・と言ってしまったら、

この子は、親の期待に答えて、そういう子になろうとして、
今以上に、自分で努力して、親の言うそういう子になろうとしてしまうのではないか。

絶対に、子どもの前で、お前はこういう子だなぁと、
いい意味でも、悪い意味でも、使ってはいけないなぁと、教えられたのでした。

子ども達の、無限に広がる大きな可能性をつぶさないように、
私たちは、特に子どもの人格に関わる言動に、
細心の注意を払わなくちゃいけない、ということ。

このことを教えられたことを、感謝したのでした。







komo_buchi at 20:53|PermalinkComments(2)

2009年01月20日

4歳

18114ca5.JPG遅ばせながら・・・
明けましておめでとうございます・・・

今年もよろしくお願いいたします。

18日、りんは4歳になりました。
ここまで大きく育てていただけたこと、
心から感謝しています。

誕生日の朝、ママはりんに、生まれてきた時の事を、
思い出しながら、りんに話して聞かせました。
りんは、興味深く、うなずきながら、良く聞いていました。

生まれてきてくれて、嬉しかったこと、
パパとママの子供として生まれてきてくれて、
ありがとうねと、伝えました。

りんは、嬉しそうでした。

たくさんの方が、りんの誕生日を覚えていて下さって、
励まして下さったこと、ありがとうございました。

身長、108cm
体重、20kg
靴の大きさ、20cm

体も、心も、大きく支えられて育てられております。


なつは、12日に、1歳6ヶ月となりました。
先日、市の1歳半健診に出かけてきて、至って問題なし。

身長、80cm
体重、10kg
靴の大きさ、14cm

なつも、元気に大きくなっています。







komo_buchi at 20:29|PermalinkComments(2)