2009年02月07日

断乳その後

f8d887b0.jpg断乳後、1週間が経ちました。

この1週間、神様のお守りがあり、
無事に過ごさせて頂いたこと、
感謝しています。

なつは、よく食べるようになりました。
もともと食べていましたが、

ご飯は、2杯は当たり前。
人の手を借りるのが嫌なようで、
何でも最後まで自分で食べています。
その代わり、周りはものすごい状態になりますが・・・



断乳当日。
日中は、2回ほど、「おっぱい、おっぱい」と言ってきました。
パパも一緒にいた為、遊ぶことで気をそらしたり、
ご飯をあげたりして、難なくこなしました。

問題は夜ですが、
結果的には、朝6時まで、泣き続けました。
1時間泣いては、疲れて眠り、また1時間泣いて、疲れて眠る・・・
泣いている間は、ママのことを、なぐる、蹴る、蹴飛ばす、引っかく・・・
馬乗りになり、全身を使って、訴えるのです。

おっぱいが欲しい〜〜〜なのか、
これからどうすればいいんだよ〜〜〜〜なのか、
どうやって眠ればいいんだよ〜〜〜なのか、
ママは、駄々をこねれば、言う通りにしてくれる〜〜〜なのか、

ママとなつにとって、正念場の一夜となりました。

(男達は、そんな中、スヤスヤと起きる事もなく良眠でした。)


その後は、「おっぱい、おっぱい」と言うものの、
ママはどうするかなぁ〜という感じで、ママの出方を確認する言い方なので、

「おっぱいは終わったんだよ〜。なつもおっぱい飲まなくても大きくなって良かったよね〜」

と説明すると、諦めて、それ以上は言わなくなるのでした。


夜も、何とすんなり眠ることでしょうか。
たった1日のあの大泣きだけで、なつの気持ちが納まってきたようで、
ママは、なつの成長振りに、ビックリするばかりでした。


もともと感じてはいましたが、この断乳で、なつの人格を教えてもらった気がします。
生まれ持った、なつの意思の強さ。

ママも、なつにはなつらしく親が出来るように、
祈りながら、教えられていきたいと思いました。





komo_buchi at 10:40│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by あのね   2009年02月09日 14:24
いやはや、ご苦労様でした。
てくてくさんも朝6時までよくねばりましたね。
私だったら妥協しちゃいそうだな。

その子がどういう子なのか見極めることが大切なのね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔