こんにちは、こもごもです。
サイクルエキスポ2017の試乗の続きです。

<前記事>
埼玉サイクルエキスポ2017で試乗し倒してきた その1
埼玉サイクルエキスポ2017で試乗し倒してきた その2

すっかり間が空いてしまいましたが、
せっかく試乗させていただいた以上、
いまさらながら感想をば……。

試乗待ちが少なかったブースに飛び込んでcorratecに。
DSC02286

DSC02287

DSC02288

DSC02289

DSC02290
【corratec CCT EVO 感想】
メーカーの印象としては質実剛健、ドイツのAnchorといったイメージ。
フランスのAnchor的なLAPIERREに乗っている身としては、
ちょっと気になったのでエアロモデルのCCT EVOに試乗させてもらいました。
外見の特徴は空力を意識したカムテール形状のチューブ。
エッジがある部分が多いように見えるのは
MERIDAのREACTO、THOMPSONのFORCEもそうだったので、
空力を考えると、こういった形がトレンドなのかも。
アップの写真を撮り忘れましたがチェーンステーの形状も
クリアランスを取るためかエンド付近が膨らんでいるのが特徴的でした。
リアブレーキはBB側のダイレクトマウントですが、
シートステーはブリッジがあるせいかREACTOよりもカチっとした感じ。
シートステーとシートチューブとトップチューブがまとめて繋がっているあたりが、
剛性に貢献しているのかもしれません。
剛性はありながら重いということはなく、ハンドリングも素直。
入力したパワーが素直に推進力になっている感触でした。
クリテリウム、ヒルクライムにはよさそう。


TREKのMADONE9.2に乗ったなら、SpecializedもVIAS乗って比べたいなー、
と思い、試乗待ちの列が短くなった隙を見て試乗。
DSC02320

DSC02321

DSC02322

DSC02323
DSC02324

DSC02325

DSC02326
【VENGE VIAS  EXPERT DISC 感想】
ダウンチューブもシートチューブもタイヤに沿って抉れているのがセクシーです。
VENGEもエアロだし走るんだけど固いんだろう、
という印象を持っていたのですが、意外にも乗り心地はマイルド。
でも剛性はかなりあるという不思議な感覚で、
ある意味、MADONEと近い印象を受けました。
レースで最後のスプリントに持ちこんだ際に
空力はもちろん、乗り手にダメージが少ないほうが真価を発揮できるわけで、
エアロフレームもその辺りを意識した方向になっているのかもしれないですね。
REACTOも乗り心地はエアロらしからぬものがありましたし。
山岳中心だと軽さは正義ですが、
ちょっとしたアップダウンがある程度なら
乗り心地も考えられたエアロになっていくのかもしれない
と身も蓋もないことを考えてみたり……。


いろいろ乗って満たされたので、
ここからは変わり種の試乗に。
DSC02281

DSC02282

DSC02283

DSC02284

DSC02285
【BESV PS1 感想】
去年のサイクルエキスポでヤマハのYPJ-Rに乗って、
スポーツ車でも電動はありなんじゃね?
という気持ちをちょっとだけ持ったものの、
バッテリーがLOWモードでも48kmってのは峠までバッテリー温存しても
帰りは重しになっちゃいそうだなー、
という思いも同時にあったりしました。
(乗鞍みたいにトランポで麓まで往復ならよさげですが)
ならば、電動ママチャリと、YPJ-Rの中間的なものなら軽くお出かけにいいんじゃね?
というところでちょっと気になっていたBESV PS1。
YPJ-Rの重さが15kg程度に対して、小径車なのに17.4kgとちょっと重いですが、
アシストがあれば多少の重さは気にならないのは体験済み。
ぱっと見、電動とわからないフォルムながら
バッテリー容量は確保できているようで60km程度は走れるようです。
アシストのスムーズさはYPJ-Rに軍配が上がりますが、パワーはPS1も十分。
前後サスにディスクブレーキで乗り心地、操作性も良好。
乗っていて楽しいマシンです。
坂の多い街をゆっくり見て回るのによさそう。
ひとつネックがあるとすれば、
ミドルクラスのロードが買えてしまいそうなお値段でしょうか。


あとは会場をうろうろしていて目に入ったのが、
ハチスカさんのブースで見かけたこいつです。
DSC02308

DSC02309

DSC02310

DSC02311

DSC02312

DSC02313
【ハチスカ バンバリ2024 感想】
ファットバイクに類されると思われますが、
ジオメトリは乗りやすさは一切考慮されておらず、
チョッパーハンドルの操作性は最悪。
ホイールベースがやたら長いので曲がらないくせに
サドルとクランクが近いために脚が回りません。
ぺダリングも体幹を総動員してバランスを取りながらといった状態ですが、
それらをすべて吹き飛ばす見た目のインパクトがあります。
ある意味見た目にステータスを全振りしたとも言えます。
試乗しているときは注目の的でしたw
馬鹿を全力でやる姿勢は非常に好感が持てます。
できればクランクとサドルをもう少し離して、
サドルには背もたれを付けて力が掛けやすくなっているとよかったのですが。
……そうするとリカンベントになるのか。
ロマンと実用の両立は難しい……。


あとは会場内をフラフラと見て歩いておりました。
FACTORのONEは試乗なくて残念。
DSC02315

DSC02316

DSC02317

DSC02319

DSC02318


1日あればこれだけ乗れる埼玉サイクルエキスポ。
個人的には今後も頑張ってほしいイベントです。

今回の試乗で感じたのは
MADONEとVENGEズルい!
でした。

↓↓↓ブログランキング参加中↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村