ロードが手段で目的で

多摩西部をマッタリ走っています。
坂は歩くぐらいの速度なのでお先にどうぞ!

埼玉サイクルエキスポ2017で試乗し倒してきた その2



こんにちは、こもごもです。
サイクルエキスポ2017の試乗の続きです。

<前記事>
埼玉サイクルエキスポ2017で試乗し倒してきた その1


同日に名古屋で行われているサイクルトレンドの記事を追ってみると、
かなりのメーカーがあちら側に出展している模様。
何気に気になっているモデルもあちらでは試乗可能なようなので、
どうせなら日にちをずらしてくれれば、こちらでも乗れたのかもしれないのに!
とか思いますが、会場抑えの都合もあるので贅沢は言えませんね。
逆にユーザーが分散することで試乗しやすくなっているのかもしれませんし。
DSC02329

さて、うっかり記事書いている途中で力尽きて
その1、その2に分割したサイクルエキスポのほうの試乗の続きですが、
何気に試乗受付場所がSCOTTの真裏でわかりづらかったMERIDAに。
SCOTTが裏で特大のバルーン置いていたからしょうがないとはいえ、ちょっともったいない。
さくっと乗れたので個人的にはありがたかったですが……。
DSC02252
DSC02253
DSC02254
DSC02255
DSC02256
【MERIDA SCULTURA4000 感想】
MERIDAというとコストパフォーマンス抜群! というイメージがあったのですが、
SCULTURA4000は軽量オールラウンダーとして高いレベルでバランスが取れていました。
乗り味快適、操縦性素直、しかも軽い。
これが完成車で20万切っちゃうんだから恐ろしい……。
エントリーカーボンという位置づけなのかもしれませんが、
フル105がついて税抜189,900円ってコストパフォーマンス良すぎでしょう。
ホイール変えてあげるだけで、間違いなくさらに化けます。
コストパフォーマンスがつい推されるのも納得ですが、
それが高いレベルでまとまった性能を持ってというところが情報として欠落しがちなのですね。
国内メーカーがこのレベルと戦わなければならないってのは大変そうですが、
ユーザー目線からするといいぞもっとやれ! という気持ちも……。
上位モデルは使用しているカーボンだけではなくジオメトリ自体も変わっているようなので、
できればそちらも乗ってみたい気持ちです。
確かにTEAMモデルはブレーキがBB下に来ていたり、BBがPF86からBB386になっているっぽいですし。
このこだわりはちゃんと伝わるといいなぁ。


SCULTURAがあまりによかったので、エアロモデルのREACTOにも乗ってみます。
DSC02257
DSC02258
DSC02259
DSC02260
DSC02261

DSC02263
【MERIDA REACTO5000 感想】
REACTOは「一台だけでもスリップストリームに入っているかのような空力性能を得られる」
ということがウリのエアロロードのようですが、
エアロロードにありがちな重さとガッチガチなフレームからの突き上げがないな、というのが第一印象。
たぶんシートステーブレーキではなくBB下にブレーキを配置したことで、
シートステーのブリッジがない分、路面からの衝撃をいなしやすくなっていることと、
シートピラーの肉抜きっぽくなっている部分がS-FLEXテクノロジーという技術が導入され、
私が乗っているPULSIUMと同様にエストラマーがセットされていること、
このあたりが乗り心地に大きく貢献しているのではないかと思います。
エアロフレームなのにダンシングでの切り替えしが思ったよりさくさくできるのもいい。
オールラウンドに乗れる感触があり、
本格的なヒルクライム以外ならこれ一台でもいいのではないかと思えるレベル。
事前情報ナシで真っ白な頭で乗ったのですが、とてつもないダークホースでした。
REACTO7000EはDi2ケーブル内装で設計されているようですし、できれば7000Eも見てみたかった。

で、MERIDAの国内代理店はMIYATAなわけですが、
MIYATAといえばスチールフレーム!
ということで、The MIYATAも試乗。
DSC02264
DSC02265
DSC02266
DSC02267
DSC02268
DSC02269
【MIYATA The MIYATA レジェンドブループレミアム Campagnolo Athena Ver.感想】
クロモリはやはりホリゾンタルがロマン。
メッキラグにベントした細身のフォーク。
クラシカルなフォームにはやはりカンパのコンポが合う気がします。
スパッと走るのであればカーボンなのでしょうが、
クロモリはクロモリなりのしっとりというかバネ感があって踏んでいて心地いいです。
操縦性が特に良く、コーナーは本当に安心して回れます。
重心の低さなのか、車体の重量なのか、ジオメトリに何か秘密があるのか……。
乗るのが心地よい一台でした。


で、クロモリを乗り比べたくなって、
TOMMASINIの試乗ができるACTION SPORTSのブースに。
DSC02291
DSC02292
DSC02293
DSC02294
DSC02295
DSC02296
DSC02297
DSC02298
DSC02299
【Tommasini SINTESI 感想】
先ほどのThe MIYATAはフレームサイズ540だったので私には少し大きめ。
逆にこのSINTESIはおそらくサイズ490で私には小さめ。
トップチューブがもうちょい長いほうがシルエットがかっこいい気がします。
これもラグにメッキが施され、フロントフォークとチェーンステーもメッキ仕上げ。
いつかクロモリに乗るのであればラグ&メッキはぜひやりたいと思っているので、どストライクな仕様です。
このフレームは黒ですが、せっかくならやはりAzzureがいいかなー。
スイスイ進んでくれるのでロングライドはバッチリかと思います。
もう少しリアの路面追従性があるほうが個人的には好きですが、
チェーンステーはパワー伝達にも影響するところなので、ここがいいバランスなのかもしれません。

ACTION SPORTSさんでGUSTOのエアロロードがあったので、
これも試乗してみました。
DSC02301
DSC02302
DSC02303
DSC02304
DSC02305
DSC02306
【GUSTO RCA2.1 感想】
日本ではまだあまりなじみがないブランドですが台湾のメーカーです。
ホイールに至るまでパッケージデザインされ、見た目のインパクトはかなりあります。
軽量エアロフレームで縦の剛性はかなりあるのですが、横の剛性はもうちょっとあるといいかなという印象。
ガツンとトルクを掛けるよりも、高ケイデンスで回すとよさそうです。
各所エッジが立ったデザインなのですが、シートステーは縦に細くなっており、薄すぎてちょっと怖いぐらい。
縦剛性と横剛性で感じた印象は、このあたりが影響しているのかもしれません。
でも、ブランドオリジナルとはいえ、カーボンのディープリムチューブラーホイール込で、
30万ちょいというのはかなりなインパクト。
まだ名前が知られていないからこその普及価格だったりするんですかね?


会場内をフラフラしているとさくっと試乗できそうなブースで
THOMPSONブースが比較的すぐに乗れそう。
というわけで、2モデル試乗しました。
DSC02270
DSC02271
DSC02272
DSC02273
【THOMPSON MAESTRO 感想】
THOMPSONといえばベルギーのブランドで、カラーリングオーダーが充実!
というざっくり認識だったのですが、
MAESTROに試乗してみて真っ先に感じたのが乗り心地快適すぎ!
ぶっちゃけRL9よりマイルドな乗り心地です。
ベルギーと言えばパヴェ(石畳)をどう走るかという事がお題なわけで、
その辺が考えられていないわけがないのです。
乗り心地でいえば今回一番の衝撃でした。
軽くてサクサク進むし、操縦性も素直だし、初めてのロードがこれでもいいんじゃないかと思います。
もうちょい日本でも知られてもいいんじゃないかなー、ちょっと奥ゆかしやすぎませんか?
ただ、お値段はそれなりなので、やはりその辺がネックなのか……。


DSC02275
DSC02276
DSC02277
DSC02278
DSC02279
DSC02280
【THOMPSON FORCE 感想】
あまりにもMAESTROが衝撃的だったので、ならばエアロモデルはどうなんだ!
ということで、FORCEも試乗させていただきました。
太いダウンチューブにいかにも剛性が高そうな前三角。
これはさすがに固いに違いない、と思って乗ったのですが、想像を裏切られる快適さ。
さすがベルギー、パヴェの国……。
MAESTRO快適さから考えるとさすがにガチっと感が高いのですが、
一般的なエアロフレームから考えると遥かに乗り味がマイルドです。
フレームはかなりがっちりしているので、思いっきり踏んでもすべて受け止めてくれる印象。
MERIDAのREACTOとちょっと似たところがあるかもしれません。
THOMPSONのカラーオーダーは専用サイトでいろいろ遊べるので、
ストラトスアリタリア風のペイントもできちゃいます。
……やばい、ちょっと欲しいかもw


つらつら書いていたら、その2でも収まりませんでした……。
その3につづく……!

↓↓↓ブログランキング参加中↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

埼玉サイクルエキスポ2017で試乗し倒してきた その1



こんにちは、こもごもです。

埼玉サイクルエキスポ2017
に行ってまいりました。

埼玉サイクルエキスポの概要は去年ざっくりと書きましたが
さいたまスーパーアリーナで開催される自転車大集合なイベントで、
ロードバイクの試乗コースもあり、
その割にそこまでガチな方がいない
ある意味アットホームなイベントです。
入場無料だし、さいたま新都心駅から徒歩すぐなので、
交通の便も悪くないんですけどね。

今回はサイクルトレンド名古屋が同日に開催されていたので、
出展メーカーも分散していたのかもしれません。
今回は人気ブランドで気になるロードがあったので、
初めて開場前に到着してみたりしましたよ。

IMG_3337


とはいえ、9時10分前ぐらいの到着で
入場後に試乗リストバンドの登録が300番台だったので、
他のイベントからすればかわいいものです。


で、気になっていたブランドというのが、

DSC02218

COLNAGOなわけです。
とはいえ、写真のC60がお目当てなのではなく、
30年ぶりに再設計されたというCONCEPT。
おそらく混むだろうなーという気がしていたので、
朝いちで行くとちょうど試乗車が戻ってきたところで待ちナシで乗れました。
DSC02212
DSC02213
DSC02214
DSC02215

DSC02217
【COLNAGO CONCEPT 感想】
見た目はごっついエアロフレームと言った感じですが、
乗り味がとにかく軽い。
ハンドルもクイックでコーナーも狙ったラインにスパッと切れ込めて
エアロフレームらしからぬ操縦性の良さ。
路面情報は適度に拾いますが、いやなノイズではないです。
何より見た目がエロいです。
エアロエアロしているシートポストに一体感のあるヘッドチューブとフォーク。
インテリアとしても成立する美しさはCOLNAGOだなぁと。
お値段もCOLNAGOなのですけど……。


そして次に向かったのがTREK。
TREKも人気ブースで出遅れるとだいたい長蛇の列なのですが、
朝のこの段階であれば数名待ちでok!
ということで、せっかくなのでハイエンドのMADONE9に試乗してみました。
DSC02219
DSC02220
DSC02221
DSC02222
DSC02223
DSC02224
【TREK MADONE9.2 感想】
ぱっと見でMADONE9だとわかる外見。
各所にオリジナルパーツがアッセンブリされ、整備性よりも性能をとことん突き詰めたという感じ。
で、走行性能に特化しているから乗り心地が悪いのかと思いきや、
コンフォートバイクかと思うほどのマイルドな乗り味。
フレームが柔いわけではなく、踏めば踏むほど進みますし、
乗り味はコンフォートバイク、ハンドリングもナチュラルで弱点がないです。
ただ、乗り味がいいだけに身体側のスペックもすべて引き出されそうで、
気が付くと脚が終わってるとかになっていそうです。
とことん空気抵抗を減らすためにケーブルの取り回しから、
パーツの取り付けまですべてが特殊なので、素人整備がかなり難しいのではなかろうかと。
信頼できるショップで常時整備可能なら、間違いない一台。
お値段も間違いないですけど……。


お目当てのバイクはとりあえず乗れたので、
会場内をフラフラし始めます。
次に目に入ったのがBLUEのロードバイク。
現在は国内取扱いディーラーがないのであまり見かけず、
海外通販サイトでちらほら見かけるメーカーです。
待ちナシで乗れそうだったのでエアロなタイプを試乗してみました。
DSC02227
DSC02228
DSC02229
DSC02230
DSC02231
DSC02232
DSC02233

【BLUE AC1EX 感想】
乗った感想は癖もなく至って普通。
完成車として販売されているモデルのようで、
アルテグラをベースにしたセットで、
カーボン、エアロで30万切りはお値段はかなりがんばっていると思います。
ただ、このイベントに合わせてさくっと組み上げたのか、
サドルが前上がりになりまくりでかなり乗りづらかったのがもったいない。
試乗だとそういった部分が感想にもつながるので、
そのあたりもう少し意識したほうがよいのでは……。


お次はピットゾーンで試乗ブースがあったAnchorに。
今回はロード試乗はRL9とRL6のコンフォートモデルのみのようです。
DSC02237
DSC02238
DSC02239
DSC02240
DSC02241
【ANCHOR RL9 感想】
RS9で導入されたプロフォーマットを導入したラグジュアリーモデル。
RL8のときに試乗してサスペンションでも入っているのでは?
と思うマイルドな乗り心地はきっちりありつつ、
がっつり踏んだ時にダイレクトにガツンと脚に返すのではなく、
推進力としてクッと前に出る感覚があるのが不思議な感じでした。
コンポがアルテグラで、レーシング3を履いているので
最上級モデルではないのでしょうけど乗りやすさは抜群でした。
ロング乗るなら間違いがない一台だと思います。


DSC02242
DSC02243
DSC02244
DSC02245
【ANCHOR RL6 感想】
せっかくなのでアルミのRL6にも試乗。
私がロードに乗り始めた最初の一台がRFA5だったので同系統のモデルとなります。
シルエットはRL9と似ていますが、
細部はアルミでの乗り心地の良さを実現するために変わっています。
RFA5もアルミにしては相当乗り心地がよいほうで、
カーボンと乗り比べるとやはりアルミの固さはあるな、という印象でしたが、
RL6はカーボンだと言われて乗ったら信じてしまうレベルの乗り心地の良さ。
技術の進歩すごい……。
もしロード乗り始め一台目がRL6だった場合、二台目は相当ハードルがあがると思います。


ピットでの貸し出しで比較的早く乗れそうだった
KOGAにも乗ってみます。
せっかくなのでハイエンドのKIMERA ROAD PROをチョイス。
DSC02246
DSC02247
DSC02248
DSC02249
DSC02250
【KOGA KIMERA ROAD PRO 感想】
KOGAはいままでノーチェックだったので事前知識ナシだったのですが、
乗ってすぐ感じたのは固いということと、軽さと反応の良さ。
剛性はかなり高めでどれだけ固いか試そうと思ってダンシングしてみても、
まったくよれているいる感じがない。
ハイエンドモデルなのにクセがないというか、ハイエンドだからこそのバランスの良さなのか。
ヒルクライムもクリテリウムもどちらもこなせるフレームだと思います。


とりあえずここまで前半戦で、後半戦と記事分けます。

<次記事>
埼玉サイクルエキスポ2017で試乗し倒してきた その2

↓↓↓ブログランキング参加中↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

TANTOにロードバイク2台積みはできるのか?



こんにちは、こもごもです。

晴天なのにグラウンドが水たまりだらけで草野球の予定が流れてしまったので、
前々から確認したかった軽自動車にロード2台積みはできるのか、
を試してみました。

対象車:TANTO(年代忘れ)
使用アイテム:MINOURA VARGO EXCEL

まずはTANTOの後部のサイズですが、
入口付近の天地は104cm、左右は後輪があるため95cmです。
jpg


ここから後部座席をフラットに格納してやると、
左右は116cm、天地は110cm、奥行きは143cmの
カーゴスペースが確保できます。
jpg


ロードの全高、全長は一般的なフレームサイズであれば、
ホイールを前後装着した場合ですと、
全高約100cm、全長約180cm程度になります。
つまり全高はそのままでも問題ないですが、
全長は収まっていない状態です。

となると、ホイールを外してサイズの圧縮をかけるわけですが、
せっかくのトランポなのに、
いちいち輪行袋に入れるのは面倒なことと、
運転中に車体が暴れないように固定できる方法がほしくなってきます。

そこで登場するのが、
前輪固定式の車内用マウント MINOURA VARGO EXCEL になります。
アルミバーにフロントを固定できるクイックリリースがついているマウントで、
2台までロードを設置することができます。
VergoExcel_blank

現行ではさらに新型の MINOURA VERGO TF-2 というモデルがあるのですが、
アルミバーのサイズが97cmから99cmに伸びたため、
微妙に横幅が心配だったりします。
たぶんTF-2でも乗るとは思うのですが。

本来であれば下の写真のように
クイックがハッチ側になるように設置したほうが、
出し入れが楽でタイヤをシートに押し付けて固定できると思われるのですが、
TANTOはカーゴスペースに後輪をせり出してスペースを確保している都合で、
ハッチ側は95cmしか幅がないためマウントを設置できません。
(VERGOはアルミバーなので、金ノコで切って短くするという手はありやも……)
VergoExcel_Car

なので、前部座席側にマウントを置くことになります。
IMG_2302

サドルと天井はかなり余裕がありますが、
前部座席のシートとハンドルの隙間は、
かなりきっちきちです。
IMG_2303
IMG_2304

ですが、ちゃんとハッチを閉じることができました。

クイック部分は斜めにすることもできるので、
写真のように角度を調節してやれば、
もうちょっとスペースを確保できるのかもしれません。
51KKBQo6OWL

とりあえず今度、少し遠出の際に使ってみて、
改良点があれば調整していければと思います。

↓↓↓ブログランキング参加中↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Twitter

記事検索
  • ライブドアブログ