2008年06月12日

ヴィニャオ・マリンバ協奏曲録音

昨日、アレハンドロ・ヴィニャオ作曲「マリンバ協奏曲」のレコーディングをしました。素晴らしい演奏をして下さったアンサンブル・シュテルンの方々と指揮の石川星太郎さん、大感謝です。

数日前の1回のリハーサルだけで、あの曲をあそこまで仕上げるのは正に驚異的。

僕自身もサイフ忘れて自宅にUターンして遅れるのに始まって、数々のハプニングが連鎖的に起こり、"welcome to my world" でしたが、いざ演奏が始まると高い集中力で、完全にカバーされていました。

本当は全員で打ち上げたかったくらいでしたが、僕はカデンツアを2バージョン録音する事になっていたので、アンサンブルが終わってメンバーの方々とは惜しくもお別れ。指揮の石川氏に細かい2つのカデンツアスコアを手渡してプロデューサー役になってもらい、黙々と録音を続けました。そして最後は、手伝ってくださった若手パーカッショニストも一緒に、お約束のキューバン・カフェで夕食と共にテンションの解毒。キューバン・カフェはこれで3回目。今回胃袋はキューバ漬けのセッションになりました。みなさん、また行きましょう。



ちょっとピンボケですが、集合写真を。 肌がピチピチな、スーパーハイスペック・エリートチーム、アンサンブル・シュテルンです。
vinaorecording_6

Posted by komori_marimba at 12:35│clip!letters