先日の動作不良(記事)を受けて約1週間。様々なサイトや友人の助言、そしてAppleサポートの力を借りて、僕のMacbookが大復活を遂げました。このMacの増設解説の記事少ないんですよねー、だから。今回は増設のポイントと注意点を。

結果的に、データはすべて抜き取って512GBのSSDに移行完了。メモリも8GB追加で9GBに。(これにはいろいろあります)動作は全くもって不満なし。待機中のくるくるが出なくなりましたし、SSDにしてデータの書き込み・読み込みが圧倒的スピードになり、写真や動画の再生がものすごく早くなりました。


こちらにサポートページがあります。
メモリ購入時や、やり方についてはこれが分かりやすいです。





前回までのMacBook

前回の状態はこれ。
image
電源ボタンを押すとジャーンと起動音後、ここまでプロセスが終わって止まる。以上。様々な立ち上げ方法を試しても全く効果ありませんでした。唯一リカバリーモードでは立ち上がったので、そこからなんとかデータ救出へ。

外付けHDDにOS Xをインストールし、外付けHDD経由で起動。本体HDDからデータを移行し、本体HDDをSDDに換装。その後外付けHDDから同様にして本体SSDに移行完了というわけです。



実は10月の終わりに、OS Xをアップデート(記事)。ちょっと動作が重いなぁと思ってメモリ増設とHDDをSSDに換装しよっかなーって思っていたところでした。



主な仕様


image

これがMacbook (13-inch, mid 2010)です。主な仕様はこちら
白ポリカーボネート樹脂でのユニボディ仕様です。この型を最後に製造が終わってしまったので、貴重なものになっています。買い替えも魅力的だけど、メモリとSSD入れ替えでまだまだ使えそうなので出来る限り長持ちさせたいなーって思っていました。実際金額も安上がりですし。

公式HPによると、メモリの規格は
- DDR SO-DIMM (Double Data Rate Small Outline Dual Inline Memory Module) 方式 
- 1 GB または 2 GB
- 204 ピン
- PC3-8500 DDR3 1066 MHz タイプの RAM




では、早速。




購入パーツ類


今回購入したのはこちらです。
image







Transcend ノートPC用メモリ Mac対応 PC3L-12800 DDR3L 1600 8GB×2 1.35V(低電圧) - 1.5V 両対応 204pin SO-DIMM kit (無期限保証) TS1600KWSH-16GK
トランセンド・ジャパン
2015-06-05

■先に言っておくと、このメモリメーカー動作保証されていません。間違えて購入しました。
1066MHzである必要があるのに、1600MHzです。泣


なので結果、1枚と元のメモリ1枚で動いたので9GBになっています。ですので、動作保証されている商品を購入するのをお薦めします。(最大 一枚あたり4GBまでしかダメみたいです。)
 

こちら3点を購入。価格は全部で32,000円で済みました。

→ 続編で、買い直して、4GB×2枚 の 8GB メモリに変えています。



おまちかねの 換装作業


では装着していきます。
BlogPaint

 パネルを外すとこんな感じ。ネジを外して、引っ張ったら外れます。ツメが両脇についていますが引っ張ったら取れます。(ホコリいっぱい溜まってますね笑)


image

 まずはHDDから。ネジを外して裏返すとこんな感じ。右の黒いところがコネクタです。


image 
SSDに交換します。コネクタを差し替えるだけのカンタン作業〜☆
 
image
 そして、4本のストッパーネジを元のHDDから外して付け替えます。これがないと中でゴソゴソ動いてしまいます。

image
 装着完了。

メモリは、今真ん中に写っている所ですが、 両脇のツメをヨコに開くと外れて上に浮き上がります。(浮き上がっている状態)そしてメモリの両脇を引っ張って外し、新しいのを挿します。ファミコンのカセットみたいに。

結構奥までしっかりと差す必要があります。ただし力の入れ過ぎは注意です。



起動して、確認

BlogPaint
 
このように、見事に移行・起動し、メモリは9GBに。起動ディスクもSSDです。
(元のメモリ1GBと購入した8GBのメモリで動いています)









まとめ

とにかく、Macの起動・終了が早いですし、 データのやり取りも以前とは比べ物にならないくらい早くなっています。この型のMacbookを長く使いたい人は多いと思いますので、是非買い換える前にお試しを!

メモリの規格だけ気をつけて!!
そして、容量の違うメモリを同居させるとあまり良くないとのことなので、うーん。買い直したほうがいいかも!真似しないようにお願いします。でもこれでやり方はあっていると思いますので参考までに!
規格が合ったメモリを使用するのが良いと思います。ホント。16GBにしようと欲張ったから。笑

↓↓ 続編 click ↓↓

MacBook 2010 mid メモリ換装(続編)



参考

MacBook (13-inch Mid 2010) メモリー交換。 

この記事で、4GB×2枚のメモリ8GB化をしているので(さっき見つけた笑)
こちらも参考にされると良いかと思いますー☆