2008年03月13日

3月13日



今日の見所。


日記:終わりです。ですがそれは永遠ではないと思います。何時か私は帰って来る、そしてまたこのブログを更新する。そう、当然のように。

私は暫く休んで旅をするだけです。永遠の旅になると思いますが多分また何時か帰って来るでしょう。

小説:できました。最後ですが普通です。

ブログの名前を変えました。名前は私が思ったことを書きました。

一言:小説の内容は時事ネタです。

暫く休み旅をする。世界の果てまで旅をする。

私が演じることはもうない。私はこれから客になる。そして世界で踊る生命体を面白そうに観る。時には笑いながら時には暇そうに。助言をするかもしれないけれど。










日記を更新。

「逝って来ます」

日記への移動はこちら






小説を更新。



「卯酉の世界にとって受験とは・・・」




小説への移動はこちら




Web拍手の返事 







書いて欲しくない言葉は"から"で。拍手しちゃう?
相互リンク様を募集中です。してくださる方はWeb拍手かメールでお願いします。




何か面白くなってきました。

当然不合格でした。ここで合格だったらすごいですから。それ程不合格に自信があったのです。

「死のうかな〜」と思っていましたが面白くなるということを感じました。

二次募集だぜ!

どこにしようかな〜と思っています。

二次募集には面接が必ずあるらしいですから面接好きのうp主はそれを知って「やったぜ!」と思いました。面接で相手高校の教師たちについてを知るのです。

二次に落ちてもまだあるらしいです。実はその高校はうp主が一番初めに行きたいと思っていた高校なのです。名前は出しませんがうp主は中学二年生の終わりくらいから行きたいと思っていました。

まだまだ面白くなります。だから書きましょう、

「何を勘違いしている、俺のターンはまだ終わっていないぜ」

最終手段がなくなったら逝きますよ。それか合格した高校の生徒たちの希望がなさすぎたり人類の希望が見えなくなったりしたら逝きますよ。

私は人生で成功をするためにここにいるのではありません。人類が再度復活をしてあの時のように面白くなるようにと願っているから、そして毎日に刺激があり毎日が激しくて楽しい生活を求めているからなのです。




そうそう、一応書きます。私は殺すのも殺されるのも容易いのです。そこ辺りにいるぐろ画像好きの人間たちと一緒にしないでください。一時期は私もぐろいことが好きでしたが今はどうでもいいです。それくらいに覚悟ができているのです。戦の経験はありませんが多分目の前で人が死ぬ姿を見ても何も思わないでしょう。一秒でたくさんの人が死ぬ、だから私がみたものはその一つにしかすぎないと。殺す時はその一人にならないように目の前にいる敵を倒して生きる、殺される時は諦めた時。希望がなくなり己が壊れそうだった時己に止めを。そういう人生を送っているので。死ぬか生きるかの人生を昔から。だから死のうと思えば容易いのですよ。死ななかったのは面白くなってきたからという理由だけです。決してどこかの人たちのように死ぬのが怖かったからという理由ではありません。

血も涙もないと親から言われるのはそういう人生を当然の如く送っているからかなと。

この世の中、何時死んでもおかしくないのですよ。だから私はその死ぬ確立を少しでも低くするために毎日鍛えているのです。人前では見せませんが実は運動能力はいいんですよ。ただやる気がなくてだるいだけで。過信ではなくて本当にそうだったりします。どちらかというといいです。




明日は高校探しですよ。もうあれしちゃいますか、寮に行っちゃいますか。でもそうしたらブログの更新が無理。けれどあの電車には乗らなくていいから。いじめが必ず起きるという噂の時間帯。先輩は拝まれ後輩は拝む車内。

うp主は下克上が好きだぜ。




とにかく、

「まだ死なないよ」

ということです。

月姫とメルブラとギルティとアルカナとジョジョがかなり気になりますうp主です。よくわかりませんが面白そうですから。ジョジョはアニメは観たけど映画や漫画はまだですから。

でもやっぱり東方が一番です。




自己紹介を変えないといけないから明日変えます多分。

卯酉の事件は何時起こそうかなと思っています。今月中だったらあれだからしません。うp主は四月の第一土曜日か第一日曜日からにしようと思っています。時事ネタを入れることができますから。だから今月は外伝で。フラグはもう立てません。多分。また時事ネタになるのかなと思っています。

komurake at 08:42│Comments(0)TrackBack(0)clip!更新 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔