2008年03月23日

旅に出ます

旅に出ます。

急なことですがそうなりました。

四月まで更新はないと思ってください。

小説はありますがそれ以外はありません。

旅に出る理由はぶっちゃけなんとなく。

二次の結果は知りません。明日の午後にわかります。

ですが旅に出るということは変わりません。

旅に出て何をするのか。

「剣の道を究める」

です。

私の剣は芸のためではありません。

私の剣は私の命です。

私と剣は一心同体です。

だから芸のために使いたくはありません。

強くなる、その一心です。

私の剣は二つあり一つは遺品です。本物の刀ではありません。祖父が使っていたものです。

そしてもう一つは木の棒です。長くて細い棒です。

本物の刀ではありませんが極めれば本物以上になります。

空手をしていたのですが私の道は剣だとわかりました。

剣道部というのがあるのですが私の術は全て実戦用。剣道は三年間していましたが握り方と心以外は違います。

やはり我流です。

私はなぜ剣の道を究めるのか。

「何か大切なものが見つかったときに己に恥じないため」

です。まだ大切なものは見つかっていませんが必ず見つかる筈。そしてそれを守らなければならないときに己の無力さに恥じない。実は何度か己の無力さに恥じたときがあります。勉強、部活、無能。

本当は守りたかった。けれど守れなかった。だから守れるようにする。

修行は家でします。

私は攻めるのは嫌いです。守って相手を分析して倒す人ですから。卓球でもそうでした。

木の棒は弱点を見抜いたとき用、刀は全てに。二刀流かもしれません。

最後に書きます。

私の道は私がつくります。だから剣の道も私がつくります。




時々家族と稽古をしようかなと思っています。父の化けの皮を剥がすためにも。剣が教えてくれます。祖父の心も入っていますから。

祖父には会えませんでした。私が産まれる約五ヶ月前に逝きました。だから私のおじさん臭を知っている人は私のことを祖父の生まれ変わりとよくいいます。

今日の昼食なんておじさん臭なんだぜ。

今日の昼食は、

・白ご飯

・きゃらぶき

・もも

・こぶ巻き

でした。こぶ巻き(みたいな名前のもの)は小さい頃から苦手です。だから一つ目でダウンでした。他のものは美味しく頂きました。きゃらぶき、ふきのとうは好物なんだぜ。ももは普通に食べました。あれを食べたくなるのだから当然食べれますよ。ももを食べたから夜の衝動はなくなりました。多分。でも前よりかはよくなりました。飲み物もそれに似たものを飲んでいるからいいです。本物は避けたいですから。

komurake at 22:30│Comments(1)TrackBack(0)clip!更新 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 氏ムシメ   2014年01月04日 13:51
街の灯り見てると切ない

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔